Rex Orange County、レーベル移籍後
初のシングル「10/10」リリース &
MV公開

英SSW、Rex Orange Countyが新曲「10/10」を本日9月13日(金)にリリース。合わせてMVも公開された。
今年21歳になったばかりのRex Orange Countyは、Tyler, The Creatorがその才能に惚れ込み、当時17歳であった彼をLAに呼び寄せ、制作中であったアルバム『Flower Boy』の2曲に参加させるなど、国境を越えて高く評価されている早熟なアーティスト。

翌年2018年には英BBCがその年最も注目するアーティストをピックアップする『BBC Sound Of 2018』で当時18歳にして栄えある2位に選出されたほか、ここ日本でも『SUMMER SONIC 2018』に出演を果たした。

オフィシャル・シングルとしては2年ぶりの新曲となる本作は、〈Sony Music Entertainment〉へと移籍して初のリリース。また、同時に公開となったMVは、The StrokesDaft PunkThe Weeknd、THE 1975、ZEDDらのMVで知られるWarren Fuがディレクションを務めた。様々な超常現象が起こる家の中で、レックスがひたすら飄々と演奏を続けるというハロウィーン前にぴったりな、シュール且つユーモア溢れるスタイリッシュな映像作品となっている。
【リリース情報】

Rex Orange County 『10/10』

Release Date:2019.09.13 (Fri.)
Label:Rex Orange County, under exclusive license to Sony Music Entertainment
Tracklist:
1. Rex Orange County

■ Rex Orange County オフィシャル・サイト(https://www.rexorangecounty.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着