【対談】Psycho le Cému × メトロ
ノーム、「音楽性は違えども、エンタ
ーテインメント感が近い」

結成20周年を迎えたPsycho le Cémuが『20th ANNIVERSARY PROJECT「TWENTY STORY」』と題した“全20章”におよぶアニバーサリー企画を展開中だ。音源リリースやライブなど、スケジュールはあまりにも過密で精力的。20周年への感謝と賭ける意気込みが伝わってくるようでもある。<Live Battle「ライバルズ」>と題した対バン企画は、そのうちの第6章〜第8章を成すものであり、8月から11月に掛けて全7公演の規模で行われる。
主催ツーマンの開催は自身初。これまでコンセプチュアルなワンマンを主戦場としていたPsycho le Cémuだが、同シリーズでは絆や因縁の深いアーティストとバトルを繰り広げる。先ごろ公開したLM.Cとの第一弾対談では20年来のつながりや秘話が赤裸々に語られ、対バンシリーズ中で最も世代の若いアルルカンとの第二弾対談ではそれぞれの悩みを暴露。第三弾となったメリーは同世代ならではの赤裸々なトークを展開、第四弾のcali≠gariでは爆笑必至の毒舌トークが繰り広げられた。

そして第五弾に迎える対バン相手がメトロノームだ。結成時期はどちらも1990年代後半、ヴィジュアルシーンの中では異端的な存在であり、活動休止から2010年代中盤に活動を再開した境遇も同じ。対談はメトロノーム全員と付き合いが深いというLidaとYURAサマの計5名で行われたが、「“この人達、感じが悪いな”と思った」と初対面を振り返ったシャラクの先制パンチをはじめ、両バンドのイビツで親密な人間関係性が浮き彫りとなった。9月14日(土)にTSUTAYA O-EASTで開催される<Live Battle「ライバルズ」>はseekの誕生日当日ということもあって、スペシャルな予感が漂っている。

   ◆   ◆   ◆

■リウさんとフクスケさんからの扱いはヒドい
■何を言ってもいいと思ってる節がある(笑)

──初めてお互いの存在を知ったのはいつ頃でしたか?

Lida:たぶん1990年代の最後あたりだと思うので、結成間もない頃から知ってました。

YURAサマ:以前、シャラクさんは「最初、“この人達、感じが悪いな”と思った」と言ってましたよね。

シャラク:初めて仙台で対バンしたときですね。15年以上前のことですけど、僕はいまだに根に持ってる(全員笑)。
▲Psycho le Cému

リウ:それって、僕がまだメトロノームに入る前(2001年加入)だね。

YURAサマ:そのときにリウさんがいたらヤバかったですね。どつかれてましたよ、僕ら。

リウ:人のことを悪く言わないでくれる(笑)?

シャラク:当時僕らは、雑誌の広告とかで一方的にPsycho le Cémuの存在は知っていたんですよ。だから、“対バンだ、ヤッター!”と思って仙台に行ったら、Psycho le Cémuが楽屋を占領してて。“コワイわ~”って思ったという(笑)。

YURAサマ:それ、事情があるんですよ、絶対に。単純に僕らは衣装が多いので、それを置くスペースをたくさん取っちゃったんだと思います。

Lida:1人ひとつプラケースを持ち歩いてたから。

YURAサマ:でも、よく言われますね、「昔は感じが悪かった」って。僕ら、全然そんなつもりはないんですけど。

──印象が悪かったのは、楽屋を占領していたという理由だけ?

シャラク:いや。ヴィジュアル系の人たちって特にそうなんですけど、めちゃめちゃ「おはようございます」とか「お疲れさまです」とか、しっかり挨拶をするんですよ。その時も、「おはようございます」って楽屋に入ったら、誰ひとり返事を返してくれなかった……(笑)。

Lida:それは絶対ウソ!

YURAサマ:そうそう、挨拶くらいはしますよ、そこまでトガってない。シャラクさん、よっぽど小さい声で「おはようございます」って言ったんじゃないですか?

Lida:僕らよりも、フクスケ君は昔、かなりトガってたっていう噂ですけど。

フクスケ:いやいや、トガってない……けど、夜でもサングラスは外さなかったね(笑)。僕は最初にPsycho le Cémuと対バンしたときのことは覚えてなくて、Daccoとの初対バンのことは記憶にあるんです。けど、悪い印象はひとつもなく、普通にしゃべったと思います。

リウ:僕は、2人とはPsycho le Cémuと別のプロジェクト(Dacco)で対バンしたのが最初なんですけど。「あ、Psycho le Cémuの2人だ、テレビで観たことある」と思って挨拶したら、YURAサマから「Lidaさんは弁当を2つ食う」って、いきなり大食い自慢をされました(笑)。だから、“すごくよく食べる人なんだな”って印象ですね(笑)。

Lida:そんな自慢は絶対にしてない(笑)。
▲Lida [G / Psycho le Cému]

──それにしてもシャラクさんは「いまだに根に持ってる」んですよね?

フクスケ:シャラクから他のバンドの話って聞くことがないんですよ。でも、たまにYURAサマの名前は出るので、よほど気になっているんじゃないかと。

リウ:うん。

シャラク:でも、「この間、会ったよ」とかでしょ。

Lida:あ、そんなしょうもない話ですか(笑)。

シャラク:僕は芸能人だと思って接しているので。

──ともかく、両バンドの仲がいいのは間違いないと。

リウ:いや。僕とフクスケ君のYURAサマに対する扱いがヒドいという話は、人づてによく聞きます(笑)。

YURAサマ:確かに、リウさんとフクスケさんからの扱いはヒドい。僕には“何を言ってもいい”みたいに思ってる節がある(笑)。

リウ:いやいや、すごくリスペクトしてますよ。
■勝手に同じジャンルだと思ってたんですよ
■ところが曲はロックしてて“クソー!”と

──お互いのバンドに対しては、どういうイメージを持ってましたか?

Lida:ピコピコ系……すげえピコピコ系のバンドサウンドだなって(笑)。

フクスケ:“ピコピコ系”って最初に言ってみたけどパンチが弱いなと思って、“すげえ”をつけただけだろ。何でも“すげえ”ってつければいいってもんじゃねえぞ(笑)。

YURAサマ:ははは。面白いバンドだなと思ってましたし、現在までピコピコ系をブレずにやり続けてるのもすごいことだと思います。

Lida:Psycho le Cémuは何でもつまみ食いするようなところがあるんですよ。アコースティックの曲があったり、ヘヴィメタルな曲があったり。いろいろやりすぎちゃうんで、ひとつ柱があるっていうのは羨ましいですよね。

リウ:3rdシングル「浪漫飛行」(2003年発表/米米CLUBのカバー)を聴いたとき、“誰もが知ってるあの有名な曲が、こんなに似合うバンドって他にいない”って感動したのを覚えてます。当時、Psycho le Cémuのフォロワーバンドが結構出てきたじゃないですか。先駆者的な存在になってましたよね。

シャラク:僕は見た目の印象から、勝手に同じジャンル……打ち込み系のイロモノ枠だと思ってたんですよ。ところが、“曲はちゃんとロックしてるんだ。クソー!”って思ってました(笑)。
▲メトロノーム

──両バンドとも当時から異質な存在というところで共通してますね。でも対バンはほとんどしてこなかったそうで。

Lida:そうなんですよ。仙台での初対バン以降、イベントとかで個々のプロジェクトではご一緒するようになったんですけどね。お互いの活動休止を経て、復活後の2017年にメトロノームさんに誘ってもらったツーマンが初対バン以来ですから、本当に15年以上ぶりでしたね。

──今回、<Live Battle「ライバルズ」>の対バン相手のひとつにメトロノームを選ばれたのは?

YURAサマ:声をかけやすかったから。

Lida:いや、もうちょっとあるやろっ!

YURAサマ:声をかけやすくて、一緒にやったら楽しい。それが一番大事じゃないですか?

フクスケ:大事だけども、こういうときはもうちょっといいこと言うでしょ。“イロモノっぽいところがちょっと似てるから、一緒にやったら面白いかな”とか、“前に一緒にやったときの感触がよかったから”とか。

YURAサマ:人間的に合うっていうことは、ステージでも絶対に交わるんですよ。

フクスケ:人の話を聞いてるのか(笑)!?

Lida:ははは。ほぼ同じ時代に活動してきたし、活動休止を経て復活したところも同じ。一緒の境遇を持つバンドっていうことも名前が挙がった理由のひとつです。
▲シャラク [VOICECORDER / メトロノーム]

──Psycho le Cémuから対バンの誘いを受けたときはどう感じました?

フクスケ:最初から、幾つかのツーマンを行う“対バンシリーズ”だということは聞いてたんですよ。その中に僕らを入れてもらえたのは嬉しかったですね。仲良くしておいてよかったなって(笑)。

リウ:だから、即「OKでーす」みたいな(笑)。2年前のPsycho le Cémuとのツーマンがすごくよかったし、セッションもお客さんの盛り上がりもすごかった。2バンドでの打ち上げもすげえ楽しかったしね。

シャラク:Psycho le Cémuに限らずですけど、対バンを誘ったバンドから逆に誘ってもらえることって、やってきたことがつながったような気持ちになるんですよね。だから今回も個人的には感動しました。

フクスケ:(YURAサマに小声で)……これくらいのことを言って。

YURAサマ:僕はそれ以前に、メトロノームさんから2017年に対バンの誘いを受けたとき、“やってきたことがつながったな”って思っていたんです。

フクスケ:嘘つけーっ!

YURAサマ:いやいや、本当に。お客さんもすごく盛り上がった印象があるし。

リウ:それはさっき俺が言ったやつ。オウム返しにもほどがある(笑)。

Lida:でも、本当にツーマンをやらせてもらったときの感触がすごくよかったんですよ。音楽性は違えども、エンターテインメントな感じが近しいので。だから、対バン候補としてメトロノームさんの名前は早めに挙がってましたね。

──どんなライヴにしたいですか?

リウ:ライヴ当日の9月14日はseekさんの誕生日だから、派手で楽しいライヴにしたいな。

YURAサマ:えー、ちょっと嫌じゃないですか?

──いやいや、Psycho le Cémuはメンバーの誕生日にメンバーだけでお誕生日会をするほど仲がいいっていう話を聞いてますけど(笑)?

YURAサマ:いや、僕らは全然いいんですよ。だけど、メトロノームさんに負担をかけるじゃないですか。やらなあかんことが増えるから。seekが一番気にしてたんですよ、「自分の誕生日で申し訳ない」って。

リウ:でも、逆にそういうめでたい日に一緒にライヴが出来るのはうれしいよね。気を遣ってるわけじゃなくて、“最初から盛り上げていこう”みたいな感じはあります。

フクスケ:うん、お客さんも盛り上がりやすいと思うし。
■その都度その都度、楽しくやってたら
■20年経ってたみたいな感じです

──メトロノームはPsycho le Cémuのメンバー全員と仲がいいんですか?

フクスケ:一昨年のツーマンの前に、seekさんとトークイベントをやったんですよ。それまで一度も話したことなかったんだけど。そこで連絡先を交換してから「僕とseekさんはソウルメイトだ」って言い始めてます。seekさんの誕生日にTwitterのダイレクトメールで“おめでとう”を送ったことも何回かありますし。でも、会っても特には話さないですけどね、ソウルメイトだから(笑)。

YURAサマ:リウさんも言ってましたけど、ツーマンの打ち上げで、みんなで仲良くしゃべった印象はあります。

シャラク:そこで、“Lidaさんとフクスケってこんなに仲がいいんだ?”と思ったんですよ。それまでLidaさんはクールな印象だったので、フクスケと“ボケとツッコミ”みたいな会話をしてるのを見て、びっくりしました。

リウ:シャラク君はDAISHIさんとボーカル論を話してたよね? 話してたのか、一方的に聞かされてたのか……(笑)。

シャラク:自分にはボーカル論なんて全然ないんですけど、聞くのは好き。求められても何かを答えることはできないですけど。
▲フクスケ [TALBO-1 / メトロノーム]

──リウさんはseekさんとベーシスト同士で話したりしました?

リウ:僕、seekさんのベースを弾いてるときの佇まいが好きで。雰囲気がカッコいいなと思ってたので、確かその話をしましたね。

Lida:こっちはメンバー5人だから、そういうときはだいたいAYA君が1人でお茶飲んでるんですよ(笑)。“アカ~ン、AYA君が1人ぼっちになってる~!”ってすぐに輪に参加させるという(笑)。

──ところで、Psycho le Cémuは今年20周年、メトロノームは21周年を迎えられましたけど、途中でそれぞれ活動休止期間がありつつも、20年以上バンドを続けてこられた秘訣ってありますか?

YURAサマ:「ずっと一緒にやっていこうよ」って話なんてしたことないと思うんですよ。その都度その都度、楽しくやってたら20年経ってたみたいな感じですかね。

Lida:Psycho le Cémuの場合、年上組と年下組で考え方も微妙に違うんですよね。それがいいのかもしれないし。僕とYURAサマはバンド内でも“楽しい”っていう部分を重視してる2人で。バンドの方向性をしっかりと考えるのはまた別のメンバーなんです。復活してから特に5人の役割がはっきりと見えてきて、メンバーそれぞれの個性とか得意分野を活かしてきた結果、長く続いたのかなって。

──メトロノームはどうですか?

フクスケ:活動休止中、個々に活動をしていたんですけど、そのときはあんまり会わなかったんですよね。ところが、何かのきっかけで久しぶりに会ってからは、いつの間にか飲み友達みたいになってて。復活してからも、そのまま関係が継続されてるんです。そういう関係性だと、“これどうなのかな?”っていう意見の食い違いがあったとしても、気持ちがトガらずにいられるし。お互いに任せるところは任せるようになった。いい意味で肩の力を抜いて活動できてるのがいいのかなって思いますね。
▲リウ [TALBO-2 / メトロノーム]

──メトロノームの場合、ライヴの打ち上げで3人が集まっても、音楽の話はほとんどしないですよね?

フクスケ:飲んでるときは全然しないですね。お酒が入る前にリウから「スケジュール確認したいんだけど」って言われたら、みんなが「はい!」ってスマフォを持ちながら、スケジュールをメモる程度のことはするけど。

リウ:飲む前にやっておかないと記憶がなくなっちゃうからっていうだけで(笑)。

フクスケ:“このマジメな時間、早く終わんねえかな!”って思いながらですけどね。

Lida:Psycho le Cémuは5人が集まるとバンドの話ばっかりしてますね。だから誕生日会のときとかは最初に、「音楽の話はやめよう。バンドの話したらビンタな!」ってあらかじめ決めておくんです。そうしないと、いつの間にかバンドの話になっちゃうから。

リウ:メンバーの誕生日会って、プレゼントを渡したりするんですか?

Lida:僕はわりと。それにフクスケ君と会うたびにプレゼントを渡してたこともあります。

フクスケ:1年に何回もプレゼントをくれるんですよ、「♪ハッピーバースデー」って歌いながら。誕生日当日かどうかは関係なく、“生まれてくれてありがとう”っていうことを伝えてくれてるんでしょうね(笑)。

YURAサマ:Lidaは「フクスケ君に何あげたら喜ぶかな?」って相談してくるんですよ(笑)。だいたいツアーで車移動中のサービスエリアとかでプレゼントを探してるんですけど。

Lida:なにかあげたくなっちゃうんですよね。

フクスケ:お返しは一切したことないですけどね。一方通行の愛が生まれてるみたいです。

Lida:そう。関係性が複雑なんです(笑)。

──ギタリスト同士は相当仲がいいようですが、ギターの話もするんですか? Lidaさんはパンテラのダイムバック・ダレルモデル、フクスケさんはTOKAIのタルボ、それぞれ音楽的背景が透けて見えるようなギターを使われているわけですし。

フクスケ:一切しません(笑)。
■この対談から始まる楽しい1日に
■なるんじゃないかな

──ははは。最後に、<Live Battle「ライバルズ」>へ向けてメッセージをお願いします。

Lida:メトロノーム流の楽しみ方とPsycho le Cému流の楽しみ方とがあると思うんですけど、お互いのファン同士が、それぞれいい楽しみ方をしてくれると思うんです。メトロノームは曲者揃いなので、僕も負けないようにアピールしていきたいですね。

YURAサマ:メトロノームは当日、どうやってお祝いしてくれんのかな?って。きっと普通じゃないと思うんで。
▲YURAサマ [Dr / Psycho le Cému]

──ハードルを上げましたね(笑)?

YURAサマ:それを受けてseekがどんなリアクションをするのかなと。そこも楽しみです。

リウ:前回のツーマンのときは、僕らのライヴ中にYURAサマとAYA君がステージに出てきてくれたり、最後にセッションがあったり、楽しいことがいっぱいあったんですよ。今回もこの対談から始まる楽しい1日になるんじゃないかなと思ってます。

フクスケ:音楽性は違えども近いものがある2バンドなので、お客さん全員に楽しんでもらえるんじゃないかなって。そして、できればPsycho le Cémuよりもメトロノームを印象付けて帰ることができれば。……今、バチバチ感を演出してみました(笑)。

シャラク:僕は好戦的な人間なので、対バンって闘いなんですよ。“対バン相手のお客さんを全部取ってやる”みたいな。でも、Psycho le Cémuとのツーマンは肩の力が抜けまくってて、今のところ気合い入ってないです(笑)。なぜかと言えば、DaccoのLidaさんとYURAサマに会ったとき、“雑な人たちだな”と思ったんですよね。マジメな人だと思ってたAYAさんとseekさんとも別現場で一緒になったとき、“こっちも雑なんだ”って感じたことがあって(笑)。つまり、Psycho le Cémuは全員が“雑”だから、全然意気込むことなく、ただただ楽しそうだなって気持ちで当日を迎えることができるんです。

取材・文◎牧野りえ
■Psycho le Cému主催2MANイベント<Live Battle ライバルズ>

▼vs LM.C
2019年8月9日(金) TSUTAYA O-WEST
open18:00 / start18:30

▼vs アルルカン
2019年8月10日(土) TSUTAYA O-WEST
open17:00 / start17:30

▼vs メリー
2019年8月11日(日) TSUTAYA O-WEST
open17:00 / start17:30

▼vs cali≠gari
2019年9月13日(金) TSUTAYA O-EAST
open17:00 / start18:00

▼vs メトロノーム
2019年9月14日(土) TSUTAYA O-EAST
open16:00 / start17:00

▼vs MUCC
2019年11月27日(水) EX THEATER ROPPONGI
open17:30 / start18:30

▼vs 氣志團
2019年11月28日(木) EX THEATER ROPPONGI
open17:30 / start18:30

▼チケット
前売り¥5,000(税込) / 当日¥6,000(税込)
※オールスタンディング
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888


■メトロノーム ライヴ情報

<メトロノーム21th ANNIVERSARY LIVE「ニイチ点時空論-解放-」>
09月29日(日) 品川インターシティホール
open17:15 / start18:00

<メトロノーム FEST.2019 黒の日-ウィスヌ->
11月02日(土) 新宿BLAZE
open16:45 / start17:30
<メトロノーム FEST.2019 白の日-イスワラ->
11月03日(日) 新宿BLAZE
open16:45 / start17:30

<冬季巡礼「醍醐味カルチベート」>
11月23日(土) 新宿BLAZE
open17:00 / start17:45
11月30日(土) 仙台darwin
open17:00 / start17:30
12月07日(土) umeda TRAD
open17:00 / start17:30
<冬季巡礼「醍醐味カルチベート」-フクスケの日->
12月08日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
open17:00 / start17:30
<冬季巡礼「醍醐味カルチベート」>
12月14日(土) 福岡DRUM Be-1
open17:00 / start17:30
12月15日(日) 広島SECOND CRUTCH
open17:00 / start17:30
<冬季巡礼ファイナル「醍醐味カルチベート」メーDAY X'mas>
12月22日(日) 川崎CLUB CITTA'
open17:00 / start17:45

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着