9月11日(水)@伊勢丹新宿店本館6 階 催物場

9月11日(水)@伊勢丹新宿店本館6 階 催物場

androp、『ISETAN 靴博 2019』にて
アコースティックライブを開催

andropが9月11日(水)、公式アンバサダーを務めている伊勢丹新宿店本館6 階 催物場にて開催中の『ISETAN 靴博 2019』にメンバーの内澤崇仁(Vocal & Guitar)と前田恭介(Bass)が登場し、スペシャルアコースティックライブを行なった。

トークでは内澤が「楽器は木なので、膨張したり冬は乾燥して縮んだりすることもあり、メンテナンスをしています。革の靴は呼吸していると言うので、そこは靴とも似てるなと思います」と音楽を通して靴への想いを話し、『ISETAN 靴博 2019』にも参加するシューシャインをプライベートでも利用する前田は「靴磨きの道具も売っているんですけど、(シューシャイナーの方の)やってきた経験で"これが最高だ"というものを揃えているので、それが手に入るのは贅沢なことですね。ぜひチェックしていただけたら」などと靴への想いを語った。

また、トークの後に行なった『靴博』限定のスペシャルアコースティックライブで、テーマソングである「Kitakaze san」、ヒット曲「Hikari」「Koi」を披露し、その場に集まった靴好きな人々を楽しませた。

現在会場ではandropの楽曲の数々がBGMとして会場を盛り上げると同時に、伊勢丹新宿店本館限定の館内ナレーションも実施中。そして、9月13日(金)17時からはandropメンバー4人が登場してイベントの魅力や靴についてを話すスペシャルトークイベントの開催も決定! この機会にぜひ足を運んで、靴の数々に触れてほしい。

なお、テーマソング「Kitakaze san」は会期中、特別にYouTubeでフル音源を公開している。

■テーマソング「Kitakaze san」試聴リンク
https://zen.lnk.to/nudcc
※アルバム『cocoon』(2018 年3 月7 日発売)収録

「Kitakaze san」
※『ISETAN 靴博 2019』テーマソング

会期:9 月11 日(水)~16 日(月・祝) 最終日は18 時まで
場所:伊勢丹新宿店本館6 階=催物場
公式Instagram:https://www.instagram.com/isetanmens_shoes/

『ISETAN 靴博 2019』

【ライブ情報】

『ne-man live tour 2019 "angstrom 1.0 pm"』
9月07日(土) 東京・LIQUIDROOM
9月09日(月) 神奈川・横浜BAYSIS
9月14日(土) 岡崎・CAM HALL
9月16日(月・祝) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO
9月22日(日) 京都・磔磔
9月23日(月・祝) 大阪・BIGCAT
<チケット>
スタンディング¥4,500(税込)、別途ドリンク代必要
※6歳以下の入場不可
※詳細はオフィシャルサイト(http://www.androp.jp/)をご覧ください。


『androp -10th. Anniversary live-』
【2020】
1月11日(土) 東京・人見記念講堂
1月12日(日) 東京・人見記念講堂
<チケット>
指定席 ¥6,000(税込)
※6歳以下の入場不可
※詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

9月11日(水)@伊勢丹新宿店本館6 階 催物場
9月11日(水)@伊勢丹新宿店本館6 階 催物場
9月11日(水)@伊勢丹新宿店本館6 階 催物場
『ISETAN 靴博 2019』ロゴ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着