9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL

9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL

SUPERNOVA、
日本デビュー10周年記念ツアー
&ファンミーティングを完走
“僕たちは超新星でした!”

超新星改めSUPERNOVAが、日本デビュー10周年を記念したツアー『2019 LIVE TOUR『SUPERNOVA-03』~10th~』の5公演とファンミーティング『2019 SUPERNOVA FANMEETING 『☆博10』』の2公演を無事完走。延べ15,000人のMilky(SUPERNOVAのファンの呼称)が来場し、10周年を祝福した。

2018年、超新星から改名したSUPERNOVAは、2009年9月9日にシングル「キミだけをずっと」で日本デビュー。イベント『☆博10』は、その10周年の記念日に当たる9月9日(月)、そして9月10日(火)の2日間、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催された。

10周年のデビュー記念日を迎えた9月9日(月)に“実感はあるか?”と聞かれたユナクは“10年は早いです。写真を見ると“10年間は結構長かったかもしれない”と思うんですけど”と、率直な感想をコメント。そしてお祝いの星型ケーキが登場する一幕もあり、Milkyからは“10周年おめでとう!”という温かい声援が送られる。

“これまでもらった愛に本当に感謝していますし、これからは皆さんに恩返ししたいと思います”(ジヒョク)、“今日、10周年のこんな特別な日に皆さんと一緒に時間を過ごせて楽しかったし、嬉しかったです”(ソンジェ)、“僕たちは日本に来て、こんなに愛されて10年間活動が出来て、すごく光栄だし、これからも皆さんと共にいい思い出を作っていきたいなという気持ちです”(ユナク)、“10年間、全国のMilkyの皆さんに育てていただき、本当に感謝しています。不器用な性格なんですけど、今日は心を込めて言いたいです。愛してます”(グァンス)、“いろんな歴史を残して、前向きでまた頑張ろうとしている僕たち5人をまた見守ってください”(ゴニル)などと、それぞれの気持ちを言葉にしたSUPERNOVA。

彼らには、以前よりソンジェが“君たちは!”というと、ファンが“Milky!”と応え、メンバー全員で“僕たちはSUPERNOVAでした(です)!”という、ライブやイベントの際に恒例となっている掛け合いの挨拶がある。

この挨拶は、メンバーが考え、超新星時代から行われてきたもので、昨年の改名までは“MILKY WAY(ミルキーウェイ・超新星のファンの呼称)”と“超新星”と呼び合ってきた。

この日は最後の挨拶の際に、ゴニルが昨年まで長らく使ってきた挨拶について““MILKY WAY!”と“超新星”って言いたくない? 皆さんも聞きたくないですか?”と口火を切り、“君たちは! MILKY WAY!”“僕たちは! 超新星でした!”という以前の挨拶が復活し、会場が一体に。その声を聞いたユナクは“鳥肌立ちますね!”とコメントし、ゴニルはメンバーに“泣くの!?”と突っ込まれ、客席に背を向けて感極まったような様子を見せる。その他、思わぬ“復活劇”に涙するMilkyも多く見られた。

また最終日となった9月10日(火)では、Milkyによるメンバーのイメージアンケートや、メンバーとMilkyがゲームを楽しむなど、盛りだくさんなトークと共に、終始楽しい時間が流れる。

ライブパートでは、8月28日(水)にリリースされたばかりの1st ALBUM『PAPARAZZI』から「Present」やライブなどの定番曲「WINNER」「Shining☆Star」、メンバーそれぞれのソロコーナーなどを披露し、最後は日本デビュー曲「キミだけをずっと」をMilkyと共に歌って締めくくりに。

また最後のMCでは、超新星からSUPERNOVAを経た10年間の軌跡を、貴重な過去映像を織り交ぜながら日本デビュー以降の10年を振り返った初のドキュメンタリー映画『超新星10th Anniversary Film~絆は永遠に~』のDVD、Blu-rayが12月4日(水)に発売することが発表され、会場を沸かせた。

日本デビュー10周年記念ツアーと『☆博10』を通して、日本デビューから共に10年を歩んだMilkyに繰り返し感謝の言葉を口にしていたメンバーたち。それに対してMilkyも大きな歓声などで応えるなど、メンバー全員の兵役や改名などを乗り越えて、10年間、お互いに育んできた愛情と信頼感が随所に滲み出る公演となった。
Blu-ray&DVD『超新星10th Anniversary Film~絆は永遠に~』2019年12月4日発売
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
9月9日、10日@東京・TOKYO DOME CITY HALL
SUPERNOVA

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着