“ニンジャ寿司職人”登場シーンにき
ゃりーぱみゅぱみゅ楽曲を起用 キア
ヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック
:パラベラム』本編を一部解禁

10月4日(金)公開の映画『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中できゃりーぱみゅぱみゅが歌う「にんじゃりばんばん」が使用されていることがわかった。あわせて、該当シーンが公開されている。
『ジョン・ウィック』は、キアヌ・リーブス演じる殺し屋ジョン・ウィックの死闘を描くアクション映画シリーズ。銃による射撃と近接格闘術をミックスしたアクション“ガン・フー”や、個性豊かな殺し屋たちが登場する独特の世界観で人気となり、2015年の『ジョン・ウィック』はスマッシュヒット。2017年の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』は、トータル興収約4.6千万ドル(46億円)のヒットを記録した。3作目となる『ジョン・ウィック:パラベラム』では、ジョン・ウィックが殺し屋たちが集う“コンチネンタル・ホテル”の掟を破り、殺し屋ギルドに命を狙われる姿が描かれる。
1作目、2作目に引き続きメガホンをとったのは、『マトリックス』などに参加し、スタントチーム・87Elevenを率いるチャド・スタエルスキ監督。キャストでは、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンらが前作から出演することに加え、新たに、ジョン・ウィックとの過去の因縁を持つ謎の女・ソフィア役でハル・ベリーが参加。暗殺者・ゼロ役で『クライング フリーマン』『ブラック・ダイヤモンド』や海外ドラマ『Hawaii Five-0』『エージェント・オブ・シールド』で知られるマーク・ダカスコスがキャスティングされている。
きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」が劇中曲として使用されているのは、マーク・ダカスコス演じる殺し屋・ゼロと、その弟子の登場シーン。“ニンジャ軍団”を率いるゼロは凄腕の殺し屋でありながら、寿司職人の顔も併せ持つ個性豊かな人物だ。解禁された映像は、「にんじゃりばんばん」が流れる中、世界各国のコンチネンタル・ホテルを支配下に置く“主席連合”の裁定人(エイジア・ケイト・ディロン)が、ゼロの寿司店“平家”を訪れるシーンからスタート。NYの片隅に佇み、ネオンサインを掲げるビジュアルが印象的な映像だ。

「零」と刺繍された和服に身を包んだゼロは、裁定人を確認すると、「How can I help you?」と日本語なまりで挨拶。しかし、裁定人が主席連合の証であるコインを差し出すと、シリアスな表情で「こんなに早く来るとは」と何かを察したようす。ジョン・ウィックとその関係者を始末するよう依頼されると、もくもくとフグをさばくのだった。ゼロの言われるままフグを口に運ぶ裁定人。そのフグは安全なのか?
また、ゼロの背後には彼の弟子の姿も確認できる。『ザ・レイド』のマッドドッグ役で知られるヤヤン・ルヒアンと、『ザ・レイド GOKUDO』のキラーマスター役で知られるチェチェップ・アリフ・ラフマンが演じるこのふたりは、ともにインドネシアの格闘技・シラットの達人。ジョン・ウィックとどう絡むのかにも注目だ。
なお、本作での楽曲起用について、きゃりーぱみゅぱみゅは「『にんじゃりばんばん』が、有名なハリウッド映画で流れていると知って本当にびっくりしました!私の中でも代表曲のひとつなので、素直にすごく嬉しかったです」とコメントを寄せている。
『ジョン・ウィック:パラベラム』は10月4日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着