<SWEET LOVE SHOWER 2019>、サカナ
クション、アレキ、セカオワら競演に
8万人が熱狂

Photo by 関口佳代

スペースシャワーネットワークが主催する野外ライブフェスティバル<SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019>が8月30日(金)、31日(土)、9月1日(日)の3日間、山梨・山中湖交流プラザ きららで開催された。
1996年に日比谷野外大音楽堂でスタートし、通算24回目を迎える<SWEET LOVE SHOWER>。2019年はサカナクション[ALEXANDROS]SEKAI NO OWARIの3組がトリを務め、「LAKESIDE」「Mt.FUJI」「FOREST」「WATERFRONT」、そして新たに登場した「GOOD VIBES」の5つのエリアで繰り広げられる熱いステージにのべ80,000人のオーディエンスが熱狂した。以下、3日間のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

■1日目

1日目の「LAKESIDE」では、ヤバイTシャツ屋さん04 Limited Sazabysらが怒濤のキラーチューンで観客のボルテージを上げていく。そんな中、「やっぱこのフェス、ホームやな」と語ったのは、7年連続の出演となったTHE ORAL CIGARETTESのボーカルである山中。「狂乱Hey Kids!!」「カンタンナコト」などをプレイし、クラウド全体を大きくジャンプさせ大きなグルーヴ感を作り出した。
Photo by AZUSA TAKADA

キュウソネコカミSUPER BEAVERらが登場したのは湖畔のステージ「Mt.FUJI」。そのラストを飾ったSHISHAMOは、10月にリリースするシングルのカップリング「君の大事にしてるもの」を披露。さらに、ドライヴ感溢れる「明日も」「OH!」でチアな高揚感を演出した。

新たに登場したエリア「GOOD VIBES」では、SIRUPやiriといった若手シンガーソングライターらがアクト。あっこゴリラは、オーディエンス一人ひとりを激励するようなアクティブなステージを披露した。
Photo by 渡邉一生

そして、「LAKESIDE」でトリを飾ったのはサカナクション。6月にリリースされたアルバム『834.194』から「忘れられないの」など数曲を続けてプレイし、今のサカナクションを改めて体感できる流れを表現。アンコールでは「新宝島」を披露し、圧倒的なステージで初日のアクトを締めくくった。

■2日目

8月の最終日にふさわしい、残暑の陽気につつまれた2日目。新旧織り交ぜたセトリでオーディエンスを沸かせたNICO Touches the Wallsに続いて「LAKESIDE」に登場したのは、あいみょん。「今年も夏の曲を作ったので聴いてください」と紹介された新曲「真夏の夜の匂いがする」もお披露目しつつ、「マリーゴールド」をはじめとするヒットナンバーの連発で、充実したステージを見せつけた。
Photo by AZUSA TAKADA

「FOREST」では、ハートウォーミングなステージを披露した平井 大や、楽園モードの様相となったnever young beachといったオリジナルな魅力を持つ数多くのアクトが繰り広げられた。このステージでトリを務めたOKAMOTO'Sは、メンバー全員が気合い入りまくりで、最高のグルーヴを生み出していた。

夕暮れ時、「LAKESIDE」に登場したのは、4年ぶりの<ラブシャ>出演となるPerfume。「Future Pop」から「FLASH」へのバキバキのエレクトロサウンドとキレキレのダンスも然ることながら、「ありがとうございました~」と挨拶の一言でも観客を魅了した。新曲「ナナナナナイロ」や「チョコレイト・ディスコ」などでも、鍛え上げられたパフォーマンスを見せつけ、様々な客層が入り交じるフィールドを制してみせた。
Photo by 渡邉一生
Photo by 西槇太一

そして、Perfumeの後にフィナーレで現れたのは2年ぶり8度目の出演となる[ALEXANDROS]。「Run Away」でスタートすると、ほとんどシームレスに楽曲を投下し、途切れず続いていくカタルシス展開で、客席のボルテージも右肩上がりに。紛うことなきスタジアム級のバンドに成長した彼ら。「ワタリドリ」のイントロが流れた瞬間から生まれた巨大祝祭空間は、この3日間を通しても忘れられないハイライトになったはずだ。

■3日目

最終日を迎えた<ラブシャ>。「Mt. FUJI」では、Saucy DogBLUE ENCOUNTが観客を魅了するなか、次に登場したのはOfficial髭男dism。「ノーダウト」からスタートしたアクトは「Stand By You」「Pretender」などのヒットソングを次々と投下。さらに、ラストの「宿命」で最高のクライマックスを作り出し、今の勢いを見せつけた。Official髭男dismの次に登場したのは、こちらも現在ヒットチャートで大健闘しているKing Gnu。「Sorrows」「Vinyl」などで動的に滑り出すと、中盤では「Prayer X」「白日」と少しずつ圧を抜いた端正な美観を極めていく。リリースされたばかりの「飛行艇」では、分厚いアンセミックなサウンドが場を制圧し、彼らのライブに新しい一面を加えた。起承転結のあるパフォーマンスをするメンバーの佇まいも強く印象に残った。
Photo by 西槇太一

昼の「LAKE SIDE」には東京スカパラダイスオーケストラが登場。事前にアナウンスされていたOfficial髭男dismやアジカンのGotch10-FEETのTAKUMAがゲストとして楽曲を披露すると、なんとサプライズゲストとして宮本浩次がこれだけのために降臨。「明日以外すべて燃やせ」をフルパワーで歌い上げ、最高潮の盛り上がりとなった。

夕方の時間帯には、「WATERFRONT」ではカネコアヤノ、「GOOD VIBES」では中村佳穂と今まさに注目を浴びているシンガーソングライターが登場。どちらも観客の想像を越えたライブアクトを披露し、これからの彼女たちの活躍を期待せずにはいられないものとなった。

<ラブシャ>もいよいよ終盤。「Mt.FUJI」ではAimerがバラエティ豊かな楽曲でオーディエンスを自身の世界観に引き込んだ。そして、このステージのトリで登場したのはMISIAだった。オープニング・ナンバー「BELIEVE」から、その圧倒的歌唱力を遺憾なく披露。MCでは、30周年を迎えるスペシャに「HAPPY BIRTHDAY」の歌をアカペラでプレゼント。「これを一つのアイノカタチにして」とクライマックス「アイノカタチ」をしなやかに歌い上げ、完全無欠のショーを完遂した。
Photo by AZUSA TAKADA
Photo by 古溪一道

そして、2019年の<ラブシャ>、そのファイナルアクトを務めたのはSEKAI NO OWARI。「炎と森のカーニバル」で盛大に幕を開けると、「YOKOHAMA blues」「スターゲイザー」などの楽曲では、光の神秘的な演出も合わさって、彼らの作り出す空間をまざまざと観客に見せつけた。ラスト2曲には「RPG」「Dragon Night」を披露し、SEKAI NO OWARIは観客と共に魅惑的な世界をフィナーレとして作り出し、2019年の<ラブシャ>を締めくくった。

スペースシャワーTVでは、10月5日(土)、10月12日(土)、10月19日(土)に3週連続でこの模様を3時間ずつオンエア。会場に行けた人も行けなかった人も、80,000人が集まった当日の熱気を体験できること間違いなし、合計9時間の特別番組をお見逃しなく。

Text by Billboard JAPAN

   ◆   ◆   ◆

<SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019>

2019年8月30日(金)、8月31日(土)、9月1日(日)山梨・山中湖交流プラザ きらら
▼出演アーティスト:
8月30日(金)
THE ORAL CIGARETTES / きゃりーぱみゅぱみゅ / キュウソネコカミ / Creepy Nuts / go!go!vanillas / サカナクション / the chef cooks me / SHISHAMO / SUPER BEAVER / Dizzy Sunfist / teto / TRIPLE AXE / NAMBA69 / ハルカミライ / 04 Limited Sazabys / マキシマム ザ ホルモン / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY / あっこゴリラ / iri / SIRUP / 〈OPENING ACT〉FOMARE / 〈MORNING ACOUSTIC〉mol-74 / 〈CLOSING DJ〉DJ石毛&ノブ(the telephones

8月31日(土)
あいみょん / アルカラ / [ALEXANDROS] / OKAMOTO'S / KANA-BOON / クリープハイプ / KREVA / sumika / the telephones / Nulbarich / NICO Touches the Walls / never young beach / Perfume / Hump Back / 平井 大 / フレデリック / THE BAWDIES / 松本 大(LAMP IN TERREN) / D.A.N. / ReN / ROTH BART BARON / 〈OPENING ACT〉ズーカラデル / 〈MORNING ACOUSTIC〉藤井 風 / 〈CLOSING DJ〉オカモトレイジ(OKAMOTO'S)

9月1日(日)
ASIAN KUNG-FU GENERATION / Age Factory / HY / Aimer / Official髭男dism / カネコアヤノ / King Gnu / Saucy Dog / ストレイテナー / SEKAI NO OWARI / 高橋 優 / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / TOTALFAT / 藤原さくら / BLUE ENCOUNT / ポルカドットスティングレイ / MISIA / TENDRE / Tempalay / 中村佳穂 / 〈OPENING ACT〉マカロニえんぴつ / 〈MORNING ACOUSTIC〉 Little Black Dress / 〈CLOSING DJ〉 TENDRE


スペースシャワーTV『SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019』

放送予定日:
DAY1: 2019年10月5日(土) 21:00~24:00 ほか
DAY2: 2019年10月12日(土) 21:00~24:00 ほか
DAY3: 2019年10月19日(土) 21:00~24:00 ほか

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着