SOLIDEMO『Forever young』MVのお気に入りシーンを大発表!

SOLIDEMO『Forever young』MVのお気に入りシーンを大発表!

SOLIDEMO『Forever young』MVのお気
に入りシーンを大発表!

左から佐脇、シュネル、向山、山口、中山、手島、木全、佐々木
作曲はジャニーズや三代目JSBの作曲も担当する製作陣!
──今作は『Forever young』"一生青春"というタイトルが付いていますけど、SOLIDEMOさんにピッタリなテーマですね!
全員:ありがとうございます!

──作詞作曲陣がSOLIDEMOさんの楽曲では初めましての方で、三代目J soul brothersさんや東方神起さん、Hey!Say!JUMPさんなどを担当されている方々ですよね!曲を受け取った時の印象はいかがでしたか?

シュネル:最初『Forever young』を聴いた時は、SOLIDEMOの中でまた新しい感じだなって思いましたし、8人の仲の良さが出るんじゃないかなってイメージが湧きましたね!
手島章斗:Dメロの展開がやっぱり印象的で面白いので、みんなで歌いたいねってことで意見が一致しました。

──新しい雰囲気の曲でしたが、Dメロでコーラスも入ってくるので、ここでSOLIDEMOさんらしさが出た感じがありますよね!
シュネル:そうですね!

──ミュージックビデオのDメロの部分、シュネルさんと中山さんが映っていましたが雰囲気めちゃめちゃ似合ってました(笑)。
シュネル:洋風な顔でよかったなって思いました(笑)。
全員:(笑)
佐脇慧一:あの流し目がな!
手島章斗:あそこ俺だったらカメラ目線しちゃうもん!
木全寛幸:でも流すっていう!あれがかっこいい!

──結構細かくお互いのシーン観ていらっしゃるんですね(笑)!

MVメンバー厳選シーン紹介!
▲SOLIDEMO / Forever young(MUSIC VIDEO)
──皆さんが『Forever young』のミュージックビデオの中で気に入っているシーンを伺っていってもいいですか?もちろん自分以外のシーンでも構いません。
シュネル:タケ(向山毅)が歌ってて慧一(佐脇)がビリヤードを打つシーンがあるんですけど、打つ瞬間に章斗(手島)が邪魔するんですよ(笑)。
あれ普通に打つ予定だったんですけど、ちょっとイタズラしようってなって。
いい感じになってるんだけど実は玉打ててないっていう細かいところまで観て欲しいです!
手島章斗:慧一が打つタイミングで俺が横からボールにボールを当ててスカるっていう(笑)!

──その邪魔が入らなければ打ててました(笑)?
佐脇慧一:打ててますね〜!リハでは何回もミスりましたけど(笑)!

向山毅:僕は1番の和也(佐々木)が運転するシーンが好きです(笑)。
あれ、クールバージョンとふざけるバージョンの2パターン撮って、それがミュージックビデオでは折り混ざった感じになっているんですけど、その両方のバージョンを楽しんでもらいたいです!
撮影もめっちゃ楽しかったです!僕は木全の横でピザ食べてます。
木全寛幸:くれないんですよ!!ピザ!!(怒)

──しょーもな(笑)
シュネル:しょーもないって言われてる!ハハハハハハハ(爆笑)!!!!
手島章斗:朝から毒がすごい(笑)!
向山毅:楽しかったんです(笑)、章斗はジャケット振り回したり

──確かにミュージックビデオ、すごく楽しそうで素な感じでしたね!

木全寛幸:めっちゃ楽しかったですね!
向山毅:みんな違うことしてるからね!章斗は後部座席でジャケット振り回して後ろの木にバッサバサ当ててたし(笑)。
手島章斗:後で衣装さんに「すいません…」って。

──8人それぞれ何していたか、最低でも8回はミュージックビデオ見なきゃわからないですね(笑)
全員:そうですね!
山口智也:僕が好きなシーンはやっぱり印象的な初めの木全くんの登場シーンですね!
手島章斗:一緒!僕らはあそこから生まれたんだもん(笑)!あのシーンがこの曲のすべて!
木全寛幸:"レッツゴー木全"です!
手島章斗:アナザーバージョンで変顔で登場するのとかも欲しかったな(笑)!
佐脇慧一:メイキングのオープニングがそれで始まるとかよかったね(笑)。
木全寛幸:もう遅いわ(笑)!

──(笑)、そして手島さんもお気に入りのシーンは同じく"レッツゴー木全"ですね?

手島章斗:"レッツゴー木全"以外だったら、最後のカメラの前に集まるシーンの後、解散してワーっと走っていくところが好きですね!
最近慧一くんが俊さん(シュネル)をいじるのにはまっているんですけど、そのシーンの後に「俊さん!俊さん!」って慧一くんの声が入ってるんですよ(笑)、そこが好き(笑)!
佐脇慧一:俊さんもその後「なんだよ!○※△@¥×…」って言ってる(笑)。
シュネル:ハハハハハハハ(爆笑)!!!
佐脇慧一:僕だけじゃなくて何人かが俊さんに攻撃してる声が聞こえる(笑)。
佐々木和也:俊さん何もしてないのに「俊さん!」って指摘されるっていういじられ方してるんですよ、最近(笑)。

──曲タイトルの『Forever young』"一生青春"の代名詞ってくらい皆さんワチャワチャしてますよね(笑)、一生小学生か中学生くらいの男子(笑)。
全員:ハハハハ(爆笑)!!!!
シュネル:本当ごめんなさい(笑)。

──"一生青春"を履き違えないでくださいね(笑)!
手島章斗:シュネルがリーダーのグループなんで、そりゃこうなります!
シュネル:楽しんでます(笑)!ハッハッハッ(笑)!

──(笑)!佐々木さんのお気に入りのシーンはどうですか?

佐々木和也:俊さんがトランプタワーを作ってるシーンあるじゃないですか、あそこがいつも見てる俊さんとは違うっていうか…いつも見てる俊さんさんふざけたり、みんなにいじられたりとかしてるからカッコよく思わなくなってきてる(笑)。
でもあぁいうシーンで喋らないでいると、やっぱりこの人ってカッコイイんだなって思いますね。
全員:(笑)

──中山さんはいかがですか?
中山優貴:僕はゴーカートのシーンが好きですね!あんまり大人になってしないので。メンバー同士で乗ったりレースしたり、ザ・青春だなって!純粋な笑顔が集まったシーンです。
手島章斗:あれ難しかったですよ!僕はタケちゃんが隣に乗ってくれてて、GoProで撮ってくれてたんですけどカメラも前も見てなきゃいけなかったから!

──ちなみにリアルな車の運転免許は?
手島章斗:和くんと俊さん以外は持ってるかな?

──すごい運転してる姿が様になってました!
俊さん:YouTube見て意識してました!
全員:(爆笑)!!!

──超おもしろいじゃないですか(笑)。木全さんのお気に入りのシーンは?

木全寛幸:タケちゃんがカメラ目線で「We're Forever young」のピースからの顔を出すところがもうカワイイなって!
指がパッて開いたらカワイイタケちゃんでてきてワァ↑↑↑ってなるじゃないですか!あれはもう毅マジック。
手島章斗:あれはタケちゃんにしかできない!
向山毅:"パカ毅"っていう!
全員:……
木全寛幸:あっ、ねぇ〜
手島章斗:もうちょっとフォローしてあげて!「ねぇ」じゃないよ(笑)!
シュネル:使い棄てじゃねーか(笑)!

──"レッツゴー木全"と"パカ毅"ですね!
木全寛幸:俺らめっちゃバカじゃねーか!

向山毅:バカだ〜(笑)。
木全寛幸:でも本当に細かく見て欲しい所はたくさんあって、僕もメンバーの後ろでビリヤードの玉を設置する三角のやつをタンバリンに見立てて遊んでるんです!その発想力!!
シュネル:全く知らなかった(笑)。
木全寛幸:タンバリン木全も探してください(笑)。

──これはメンバーも知らない行動が他にもありそうですね!自分こういうことしてるぜシリーズ他にもあったりします?
佐脇慧一:(傷つく佐脇)
シュネル:あっ…
佐脇慧一:僕には好きなシーン聞かないのかなって…(シュン)

──あ!聞きますよもちろん!すみません脱線しましたね!
手島章斗:今のは広げようとしてくれただけだから!
木全寛幸:(佐脇が)すごい切ない顔してた(笑)!
全員:(爆笑)!

──先に聞きます!佐脇さんのお気に入りのシーンを教えてください!

佐脇慧一:最初の「Oh Oh Oh Oh Oh Oh」のところで章斗がビリヤードを打とうとするんですけど思いっきりスカすんですよ、その後に自分で大爆笑してるシーンがあって。平和ボケしてるなって(笑)。
全員:(爆笑)!
手島章斗:どういうこと!?それ!
佐脇慧一:ほんの何秒かなんですけど、一人で平和ボケしてるの。
木全寛幸:ビリヤード台って戦場じゃないから!
手島章斗:あそこ本当に撮られてるかもわからないくらい自由にやってたところだったから本当に使われると思わなかった!
木全寛幸:どアップで映ってたよ!
佐脇慧一:どアップで平和ボケしてた!
全員:(笑)

──先ほどの質問に戻りますが、自分実はこんなことしてるってシーンは他にありますか?
手島章斗: 2サビでキマっちゃん(木全)と優貴くんと智也が前で歌ってる時に後ろで背の低い僕とタケちゃんが、全力でジャンプしてるシーンがあります!
全員:そんなことしてたんだ(笑)!

SOLIDEMOが夏休みをプランニング!
──リリース付近は夏休みの方も多いと思いますが、SOLIDEMOの皆さんに"一生青春"、『Forever young』らしい夏休みをプランニングしていただきたいんです!

佐々木和也:おーなるほど!
手島章斗:めちゃくちゃ良い!みんなでひとつ考える?
木全寛幸:やりたい事持ち寄っていこう!
手島章斗:じゃあまずカブトムシ採りに行こう!!?
全員:いやいやいや(笑)
手島章斗:"一生青春"だよ!?
木全寛幸:カブトムシって事はその時点で山確定じゃん!
全員:(爆笑)!
手島章斗:朝5時半くらいに起きて行くの!
全員:早っ!
佐々木和也:最初の章斗の発言で全員がまとまらない事はわかった!
手島章斗:いろいろ詰め込もうよ!何日かあるから!
木全寛幸:だったら初日は木に蜜塗ったり餌撒きから始めない!?
佐々木和也:それは休みのカウントに入れない前日の夜にやりたいな!カブトムシ採りに行った後は川に行きたい!川に行ってBBQして、そのままテント張りたい!

──テント張るときに率先して動くのはどなた?
佐々木和也:俊さん?俺もテント張ったりするの好きだからやる!
シュネル:和也がテント張りしてくれたら俺食事の準備行っちゃうかも!

──いい!!!手島さんは平和ボケしてるからきっと準備も手伝わないんだろうな…
全員:(笑)!
シュネル:ちょうちょ追いかけてる(笑)。
手島章斗:多分川で怪我してる(笑)。
木全寛幸:休みを棒にふるぞ!
佐々木和也:章斗は絶対俊さんが飯作ってるの邪魔する!
全員:あ〜(笑)。
シュネル:すぐおなかすいたとか言われるんだろうな(笑)。
佐々木和也:タケちゃんは水鉄砲シューっってやってそう。
全員:あ〜(笑)。
向山毅:最強の水鉄砲持っていく!

なかなかまとまらないSOLIDEMO…(笑)
──山口さん中山さん、全然喋らないですけどキャンプ嫌いですか(笑)?
山口智也:僕は虫が出なければ大丈夫です!でもカブトムシは大丈夫。
木全寛幸:優貴くんは1日目不参加(笑)。

中山優貴:朝からカブトムシだったら行ってらっしゃい。ご飯から合流する(笑)。
みんなが採ってきたカブトムシ見て「(半笑いで)あ〜すごいね〜」「じゃ、ご飯食べよっか!」って(笑)。
木全寛幸:一応労ってはくれるんだ(笑)。
手島章斗:てか花火もしたくない!?
佐々木和也:その流れ鉄板だね!
シュネル:最終日は温泉入って帰りたい!
佐々木和也:その地域の美味しいもの食べに行ったり!
木全寛幸:そうだね〜、疲れたって感じて休み終わりたくない。
手島章斗:俺、遊びきって終わりたい!

──別行動ですね(笑)。
シュネル:別行動だな。
手島章斗:俺、京都行ってきます!

──京都?キャンプはどこでしていたんですかね(笑)?
手島章斗:今までは飯能です。
佐々木和也:飯能すげえいいところですよ。

木全寛幸:飯能いいよ、飯能いい。

──温泉行く人と、京都行く人と。
佐々木和也:いや、なんか普通にゲーセンとか行きたいな。
佐脇慧一:え、嫌だ嫌だ、絶対それ嫌だ。
手島章斗:俺、海行きたい。
佐脇慧一:俺も海行きたい。
中山優貴:海もいいねぇ。
佐脇慧一:俺、3日目は合宿したいっすもん。
手島章斗:筋トレ?
佐脇慧一:みんなで浜とか走りたい。
木全寛幸&佐々木和也&シュネル:絶対嫌だ!
佐脇慧一:浜とか走って、海入って。いや、僕やっぱ青春時代、走って過ごしたんで。
手島章斗:ま、そういうのあるだろうね。

──そっか、それぞれ青春のイメージが違いますもんね。
木全寛幸: 3日間オフでさ、次の日から仕事で3日目まで遊んだら、辛くない?
手島章斗:いや、1日頑張ればなんとかなるでしょ。仕事の1日目。
木全寛幸:そうか。

──若い。
木全寛幸:『Forever young』がテーマだから、まあ合ってるかもしんないな。

──そうですね。ありがとうございます。では、今年の夏休みはそうやって過ごそうかな〜と思い…
手島章斗:絶対違う(笑)。
木全寛幸:絶対やらないじゃないですか!
手島章斗:絶対クーラーの下にいる!

──はい、適当なこと言いました(笑)。
佐々木和也:カブトムシはないな。

──でも、キャンプは行こうと思ってます!
佐脇慧一:いいなぁ、キャンプ行きたい。
手島章斗:そういうことしたいよね、夏休み。
向山毅:テントサウナみたいなやつ、作るんですか?

──なにそれ?!

向山毅:キャンプにテントサウナを持って行ってサウナするのが女子の中で流行ってるって。

──全然知らないです!
向山毅:テレビでやってて。普通に岩盤浴とか行くんじゃなくて、自分たちでイチから作って、自分たちだけの空間を作るって言ってました。
佐々木和也:なにそれ。すごいな。
木全寛幸:すごくない?でも。それさ、キャンプ場でやるってこと?すごくない?
向山毅:そうそう。

手島章斗:天日干し!?

──太陽の光で蒸されるの?
手島章斗:ひらめじゃないです。
中山優貴:炊くんじゃないですかね?なんか蒸気とかを。
手島章斗:え、リアルサウナってこと?
中山優貴:たぶん、実サウナを作るんだと思う。
手島章斗:1個テントが無駄になるよ。
向山毅:専用になってると思う。
山口智也:それって服着るの?
向山毅:服を、なんか水着でもいいし、スーツサウナとかでもいいような?
木全寛幸:これは覚えておこう。
佐々木和也:なんでキャンプ場でサウナやるんだろうね。

木全寛幸:そのテントの外観覚えてさ、キャンプ場でそんなテントを見つけたらさ、中から汗だく薄着女が出てくるってことだね(笑)!?

──汗だく薄着女(笑)!それに萌えるってことですか?引いてるってことですか?
佐脇慧一:萌えてるよな。
木全寛幸:萌えてる。
手島章斗:思考回路がやべえ。

──あれ?お尻が好きなのって?
木全寛幸:僕です。
手島章斗&シュネル:お尻大好きレッツゴー木全。
手島章斗:同じこと言った(笑)!
シュネル:気持ちわりぃ。
佐々木和也:なんだよ「お尻大好きレッツゴー木全」って。取材で出てくるワードじゃねえよ(笑)!
シュネル:確かに、取材のあれじゃねえよな。
メンバーの「懐かしの Music」とは?

──次の『The Good Life』も華やかだけど、軽めなライトな感じで夏らしいですよね。この曲、「広がる Blue sky 流れてる 懐かしの Music」という歌詞から始まるじゃないですか。みなさんの中で"夏と言えば!"というような懐かしのMusicってなんですか?
The Good Life 歌詞 「SOLIDEMO」
https://utaten.com/lyric/qk19080080
手島章斗:俺やっぱ『睡蓮花』かな。
中山優貴:世代的にはそうかも。
手島章斗:ケツメイシとか。
向山毅:『夏の思い出』とかね。
木全寛幸:俺、ORANGE RANGEかな。
山口智也:俺も、ORANGE RANGEだな。
手島章斗:ああ!でも、ORANGE RANGEは夏というより、小学校のイメージ!俺は。
佐々木和也:俺、サザンの『真夏の果実』なんだよね。
木全寛幸:夏っぽい曲っていっぱいあるよね。

──この曲たちが、数年後にそうなってるといいですね。
木全寛幸:いいですね。
シュネル:いや、そうですね。
佐脇慧一:そうなったら最高ですよ。

──どっちもそういう曲になれる曲ですよね。『Forever young』『The Good Life』のレコーディングとかで、印象に残ってるエピソードとかってあります?

佐々木和也:あります、あります!『The Good Life』なんですけど、なんか僕らの曲、ファルセット(裏声)が入ったりとかするのが珍しいんですよね。Bメロとかサビも、ところどころファルセットになったり。
そこで、この曲のライトな感じっていうか、ちょっと鼻歌で歌ってる感じっていうか。優しい感じっていうか、大人の余裕みたいなのが出てるのかなって思いますね。
それにやっぱり章斗の「広がる Blue sky 流れてる 懐かしの Music」っていうフレーズの声色の軽さっていうか、それがこの曲全体のイメージを作ってるなって思ってて。
僕の中でイメージしていたあのフレーズと章斗が歌った声が一致したなって思った部分です。
手島章斗:ちょっと大人の余裕。
佐々木和也:そう、大人の余裕。
で、「全ては思うよりも悪くはないさ」って、なんか「思うよりいい」って言うより大人の余裕がある部分だと思うし、「ヴィンテージシャツ」とか「ルーズスタイル」とか、ちょっと大人っぽいワードチョイスっていうのも、この曲の世界観に合ってるのかなって、すごい思いますね。

──一生青春って曲と、ちょっと大人っぽい曲が一緒になってるのがおもしろいですね。今後この2曲を引っ提げて、ライブやフェスに回られる感じですかね。

手島章斗:そうですね、夏はイベントにたくさん出させていただきますし、まあリリースに向けて、今いろいろキャンペーンで全国回らさせてもらってます。
──リリース日以降はなんか、ピックアップしたいイベントあります?イベントとか。
手島章斗:リリース日以降は特に今のところ、いろいろイベントはあるんですけど。8月31日がファンキー加藤さんのフェスに出させていただきます。
佐々木和也:新木場 STUDIO COAST。
シュネル:他にもいっぱいイベントはあるんで、詳しくはホームページで。
手島章斗:それと来年ツアーがあります。
佐々木和也:5周年イヤーのツアーを。

──楽しみですね。それまでにもう1作出たりするのかな?という期待も持ちつつ。
手島章斗:出ます!
シュネル:またそのときはお願いします。

──最後に一言、今作がディーモさんにとって、どんな1枚になったかっていうところを聞かせてください。
シュネル:手島さん、お願いします。
手島章斗:『Forever young』は先ほども言わせてもらいましたけど、やっぱり8人の良さが出てて、仲のいい、僕らにしかできない楽曲だと思いますし、僕の中では、この1曲でドライブだったり海でも聴けるっていう、夏のセットができたシングルなんじゃないかなと思います。
道中『Forever young』を聴いていただいて、海でちょっと遊び疲れて、夕日が出てきた頃にお酒飲みながら『The Good Life』聴いていただいて、っていう感じの、最高の夏のパッケージができたと思うので、そういう感じで楽しんでいただければな、と思います。
佐々木和也:最後に1つだけ。男性読者の方に、『The Good Life』歌えると、めっちゃモテると思うよ!って言いたいです。
手島章斗:確かに。
中山優貴:おしゃんだし。

──ありがとうございました!インタビューは以上になります。
全員:ありがとうございます!
Text 愛香
Photo 大西基
プレゼント応募について
Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
9/8 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着