DI:GA ONLINE連載企画『the pillowsの “ライブは願望だ、意味じゃない!”』

DI:GA ONLINE連載企画『the pillowsの “ライブは願望だ、意味じゃない!”』

the pillows、
ライブの軌跡を辿る連載企画を
DI:GA ONLINEで公開中!

the pillowsが結成30周年のアニバーサリーとして、10月17日(木)横浜アリーナで記念公演『the pillows 30th Anniversary Thank you, my highlight vol.05 "LOSTMAN GO TO YOKOHAMA ARENA"』を開催する。

本公演に向け、DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』では、連載企画『the pillowsの “ライブは願望だ、意味じゃない!”』を公開中! the pillowsが長きに渡って活動の軸に置いてきた“ライブ”について、フロントマンの山中さわお(Vo&Gu)に年代順に振り返ってもらい、全5回に渡ってライブの軌跡を辿っていく。

第1回で語られているのは、1989年に結成して初めて行なったライブツアーと、1991年のメジャーデビュー後に行なったツアーについて。バンド結成の経緯や、CDをリリースする前に敢行した全国ツアーでの“希望と絶望”が明らかになっている。

第2回では、1993年以降の“the pillows第二期”、1996年以降の“第三期”について振り返る。ようやくthe pillowsとしてバンドが軌道に乗りはじめ、順調にファンも増えてきた中での上田ケンジ(Ba)の脱退。バンドを存続するかどうかの葛藤もあったという当時について話している。

そして今回公開された第3回では、山中が自主レーベル“DELICIOUS LABEL”を主宰し、イベント『DELICIOUS BUMP SHOW!!』を開催し始めた1999年の話からスタート。15周年となる2004年にはトリビュートアルバム『シンクロナイズド・ロッカーズ』を発表し、Mr.Children、ELLEGARDEN、ストレイテナー、BUMP OF CHICKEN、JIRO(GLAY、アーティスト名義はYUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO’S SESSION)など超豪華なアーティストが参加した。日本のロックシーンにおけるthe pillowsへのリスペクトの想いがかたちとなった同作や、2006年に開催した『Mr.Children & the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~』についても語っている。

なお、第4回は9月中旬の公開を予定。バンドの節目となる横浜アリーナ公演に向けて、今一度彼らの歴史に触れてみてはいかがだろうか。

SNSではハッシュタグ“#ピロウズとバスターズ”を付けてのコメントも募集中! the pillowsとの出会い、何かのきっかけになった曲、忘れられないこと、ベストライブなど、the pillowsにまつわるエピソードを投稿しよう。

『the pillows 30th Anniversary Thank you, my highlight vol.05 "LOSTMAN GO TO YOKOHAMA ARENA"』

10月17日(木) 神奈川・横浜アリーナ
◎チケット詳細ページ
http://bit.ly/2UgPndT

DVD & Blu-ray『LIFE IS ONLY ONCE 2019.3.17 at Zepp Tokyo“REBROADCAST TOUR”』2019年9月4日(水)発売
    • 【Blu-ray】
    • QEXD-10004(BUMP-086)/¥5,900+税
    • 【DVD】
    • QEBD-10004(BUMP-085)/¥5,900+税
CD『「王様になれ」オリジナルサウンドトラック』2019年9月4日(水)発売
    • KICS-3841/¥3,000+税
    • ※全曲21曲入り
    • <アーティスト>
    • the pillows
    • 山中さわお(the pillows)
    • TERU・JIRO(GLAY)
    • ホリエアツシ(ストレイテナー)
シングル「Happy Go Ducky!」2019年10月9日発売
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • KICM-91982/¥2,300+税
    •  
    • 【通常盤】(CD)
    • KICM-1983/¥1,300+税
DI:GA ONLINE連載企画『the pillowsの “ライブは願望だ、意味じゃない!”』

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着