大橋ちっぽけ

大橋ちっぽけ

大橋ちっぽけ、
YouTubeドラマの主題歌となった
新曲「主人公」を配信リリース

YouTube連続ドラマ『主人公』の主題歌となった大橋ちっぽけの新曲「主人公」が8月28日より主要サイトにて配信スタートした。

ドラマ『主人公』は映像制作団体INDIEZが制作。ドラマ『恋のツキ』『3年A組-今から皆さんは、人質です-』などの話題のドラマに次々と出演し人気急上昇中の神尾楓珠が主演をつとめる。共演には小野寺晃良、紺野彩夏、青木柚、上原実矩、小越勇樹などの若手実力派人気俳優が名を連ねており、ストーリーは“エンパス”という共感力が人一倍高い大学生の主人公と、様々な悩みを抱える友人たちとの儚くも眩しいひと夏を繊細に描写した青春群像劇だ。

新曲「主人公」は、ドラマの制作サイドから熱烈に主題歌制作を依頼され、大橋ちっぽけが快諾。キーワードとなる“主人公”という言葉とストーリーに沿った楽曲が、現役大学生でもある大橋ちっぽけと制作サイドとのやり取りを経て完成した。また、「主人公」と並行して制作していた「****A**」(読み:エー)が劇中挿入歌として使用されることも決定したので、ご覧の際にはぜひ楽曲にも注目してほしい。

【コメント】

■神尾楓珠
「ちっぽけさんの曲は気が付いたらすーっと自分の中に入ってくるような感覚になります。
今回のドラマは青春ではありながら、なかなか重めのストーリーなのですが、
毎話ラストにちっぽけさんの「主人公」という曲が入ることでより青春を感じますし、観終わった後、聴き終わった後に気分が爽やかになるような曲だと思います。
ドラマを鮮やかに彩っていただきありがとうございます。
皆様にもぜひ聴いていただきたいです」

■ドラマ『主人公』監督・プロデューサー 木村真人
「今回、僕たちINDIEZからの熱烈なオファーを受けていただき、ドラマ主題歌を書き下ろしていただくことが実現いたしました。
大橋ちっぽけさんの素敵な歌声は、聞いた瞬間に心をぐっと掴んできます。
主題歌「主人公」も冒頭から心を鷲掴みにされました。
ドラマ本編でも、各キャラクターにシンクロしてとても素敵な空気を作ってくれています。
僕たちが心から惚れ込んだ、人の心に寄り添って励ましてくれる歌詞と、すっと染み込んでくるようなメロディーが、少しでも多くの方々に届けば嬉しいです。
是非お聴きください。一緒にまどろみましょう!」
配信シングル「主人公」2019年8月28日配信リリース

【YouTube連続ドラマ『主人公』】

主演:神尾楓珠
出演:小野寺晃良 長谷川慎 紺野彩夏 上原実矩 大河原恵 青木柚 若林薫 小越勇輝 出口夏希 小西詠斗 木戸大聖 竹財輝之助 濱津隆之、他
脚本:森永直人
監督・プロデュース:木村真人
※20分 全6話配信予定
※2019年9月2日夜6時より第1話配信予定

<ストーリー>
大人になるって、どういうことなんだろう。
大学生。大人になる一歩手前。それは人生の転換期。将来のこと、恋愛のこと、就活のこと。出会いと別れの連続で、悩みで溢れかえっている。
何をしたら大人。どうなったら大人。決まりなんてなくて、その尺度は人それぞれ。
自分なんていなくたって、自分は必要とされていない…悩んで悩んで、そう思ってしまうことだってある。でも、誰だって、自分の人生では自分が主人公。いろんな人生の主人公が集まって、世界は出来上がっている。これは “エンパス” という共感能力を抱えた大学生が、仲間たちと様々な問題や悩みを共有し、大人へと成長していく物語。

◎公式Twitter https://twitter.com/indiez_km

大橋ちっぽけ
配信シングル「主人公」
YouTube連続ドラマ『主人公』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着