フー・ファイターズ、英フェスティバ
ルで、グロールの娘とリック・アスト
リーがゲスト出演

フー・ファイターズは、週末(8月23、25日)英国で開催されたレディング/リーズ・フェスティバルにヘッドライナーで出演し、デイヴ・グロールの長女ヴァイオレットちゃん(13歳)およびリック・アストリーと共演した。
ヴァイオレットちゃんとの父子共演は金曜日(23日)リーズ・フェスティバルで実現。グロールは「この旅行は俺にとって特別だ。なぜなら、この旅ではバンドに新しいフー・ファイターがいるからだ。言わせてくれ、彼女は俺が知る最高に素晴らしいシンガーだ。レイディース&ジェントルメン、グロール家最高のシンガー、ミス・ヴァイオレット・グロールだ!」と、娘を紹介し、父子は「My Hero」でヴォーカルをシェアしたという。

翌々日(25日)のレディング・フェスティバルでは、リック・アストリーと数度目となる共演。アストリーのヒット曲「Never Gonna Give You Up」を一緒にパフォーマンスした。
グロールはこのレディングで、「Run」を、今年3月に亡くなったプロディジーのフロントマン、キース・フリントへ捧げている。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。