オジー・オズボーン、転倒したとき「
ちゃんと歩けるのか、またパフォーマ
ンスできるのか心配だった」

今年春、自宅で転倒し、年内予定していたツアーの全日程を来年に延期したオジー・オズボーンが、当時の心境について語った。首の骨を折ったのではないかと考え、身体が不自由になるかもしれないと恐れたという。
彼は『Rolling Stone』誌のインタビューでこう話した。「あのときの無力感は言葉にできないよ。トイレ行くのに歩行器が必要だった。朝も夜も看護士が付いてた。病院にいるってだけで、気が変になりそうだ。麻痺せずにすみ、神に感謝した。そんなことになってたら、俺は今ここにいない」「 “またちゃんと歩けるようになるのだろうか? またパフォーマンスできるのだろうか?”って最悪なこと考えてた」

オジーは夜間、トイレに行き、息子ジャックによると靴につまずき転倒。妻シャロンは、「彼、数年前に車の事故起こして、何日か昏睡状態にあったでしょ。そのとき怪我した背中と首、肩をまた痛めたの。彼の身体に入れていた金属が外れた」と話していた。

オジーは自宅で転倒する前、肺炎を引き起こすほどの気管支炎を患い、1月終わりから予定していたヨーロッパ・ツアーを1年後に延期していた。

現在、まだリハビリ中で、「回復の進行はすごく遅い。少なくても1年かかると言われている。1月までには良くなり、ツアーの準備ができてることを願ってる」と話した。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着