新曲「METANOIA」は新しい水樹奈々の誕生!声優界の頂点へ

新曲「METANOIA」は新しい水樹奈々の誕生!声優界の頂点へ

新曲「METANOIA」は新しい水樹奈々の
誕生!声優界の頂点へ


水樹奈々は、愛媛県新居浜市出身の1980年1月21日(現在39歳)の声優であり、歌手、そしてナレーターとして活動をしています。「奈々さん」や「奈々様」や「ヘッド」など愛称が付けられており親しみを込めてファンから呼ばれています。
歌手になりたかった父の指導のもと、幼少期から演歌を教わり自宅のカラオケ教室で練習を重ねていました。演歌歌手の夢を託され、NHKのど自慢にも出場をしています。
1997年に声優として『NOeL 〜La neige〜』門倉千紗都役で声優デビューをしており、2000年に『想い』で歌手デビューをしました。
水樹奈々の代表作の一つであるテレビアニメ『魔法少女リリカルなのは』のフェイト・テスタロッサ役に選ばれ、「innocent starter」や「ETERNAL BLAZE」などの楽曲により、人気となっていきます。
2009年には『深愛』で紅白歌合戦に出場。2011年には、東京ドーム2days公演の成功させるなど、“声優として初めての記録“を樹立することが増えていきます。
水樹奈々が声を担当したアニメ
・ハートキャッチプリキュア!(花咲つぼみ / キュアブロッサム)
子どもたちに大人気のテレビアニメ『プリキュア』シリーズの『ハートキャッチプリキュア!』で、主役の花咲つぼみ / キュアブロッサムを演じました。
花咲つぼみは、引っ込み思案で恥ずかしがり屋な性格でしたが、プリキュアに変身をして戦うようになり率先をして敵と戦う強い女の子に成長をしていきます。
・戦姫絶唱シンフォギア/風鳴翼
テレビアニメ『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズでの主人公の1人である風鳴翼を第1期から演じています。
風鳴翼は、人々を守るための防人(さきもり)としての使命を受け止めシンフォギア奏者となります。響やクリスなどの仲間もできて奏者として成長をしていきます。
このアニメでは、歌唱シーンも多くありソロのキャラソンやデュエットキャラソンなど多数の楽曲が誕生しています。ストーリーはもちろんですが、劇中に登場する楽曲にも注目です。
水樹奈々の魅力
水樹奈々の魅力は、歌唱力の高さはもちろんですが、コンサートでファンを楽しませようとしてくれる姿です。また、仕事に対する姿勢や、自分自身が演じたキャラクターに対する愛情が深いです。

これまで、たくさんのキャラクターを演じてきていますが、どのキャラクターもファンから愛されています。『魔法少女リリカルなのは』シリーズのフェイトや『NARUTO-ナルト-』シリーズのヒナタは、今でも演じているキャラクターです。
水樹奈々の“人間性“に魅力を感じる人がたくさんいます。新しいことに挑戦をしてくれることで、ファンの皆さんは、自然と笑顔になり、勇気づけられ新しい第一歩を水樹奈々と共に歩みたいと感じている人も多いのではないでしょうか?
声優・歌手として長く活動をし続けていますが、ブレることなく一貫性を貫いている努力家でもあることから、たくさんのファンが長く応援し続けています。彼女の不動の人気は、努力家であり、ファンのことを大切にしているからと言えます。
新曲「METANOIA」は戦姫絶唱シンフォギアXVのOP主題歌
・METANOIA(39thシングル)
METANOIA 歌詞 「水樹奈々」
https://utaten.com/lyric/qk19070026
『METANOIA』は、水樹奈々の39thのシングルであり、大人気TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』のオープニング主題歌になっています。作詞は、水樹奈々、作曲は上松範康氏が手掛けています。
『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズは、水樹奈々の代表作の一つでもあり2012年から放送している大人気アニメで、2019年7月期放送の第5期で完結を迎えます。同シリーズオープニング主題歌を毎回、水樹奈々が担当しており、毎回かっこいい曲が誕生しています。
今回の『METANOIA』は、これまで以上にロックであり、テンポも早いです。曲の始まりの重低音のギターの音やドラムの音に注目をして聴いてみてください。アップテンポのロックサウンドと、アニメのストーリーにハマる熱い歌詞にもポイントです。
「誰がために響かせる」や「己が道を貫け」、「無二の旋律を放て」がアニメとリンクしている歌詞と推測できます。“誰のために歌い、自分自身の道を貫き通せ!“という熱い想いと「無二の旋律=翼の歌」と考えられます。
▲『METANOIA』MUSIC VIDEO
・Born Free
Born Free 歌詞 「水樹奈々」
https://utaten.com/lyric/qk19070027
『METANOIA』の2曲目に収録されている『Born Free』は、テレビアニメ『モンスターストライク』のエンディングテーマになっています。作詞は、ヨシダタクミ、作曲は南田健吾氏が手掛けています。
タイトルの『Born Free』は、「自由に自分の人生を生きる」をテーマに描かれている歌詞に注目です。冒頭の「本当の自分」という歌詞から心に刺さるものがあるのではないでしょうか?「自分らしさ」とは何か?この曲を通して聴いてみると、答えが見つかるかもしれません。
“他人の目を気にしてしまう自分“など、誰しも一度は経験したことがあるようなことが歌詞に現れているので、とても身近に感じられます。
・SUMMER PIRATES
SUMMER PIRATES 歌詞 「水樹奈々」
https://utaten.com/lyric/qk19070028
『METANOIA』の3曲目に収録されている『SUMMER PIRATES』は、『なか卯』のCMソングに起用されています。作詞は、水樹奈々、作曲は光増ハジメ氏が手掛けています。
『SUMMER PIRATES』は、明るく楽しい楽曲で夏らしさを感じさせてくれます。また、この楽曲は、沿岸沿いを気持ちよく走れるようなドライブにぴったりです。コンサートで盛り上がれるように、コール&レスポンスができるようになっているのも魅力的です。
作詞者は水樹奈々ということで「奈々語」と呼ばれる独特の歌詞がこの楽曲にも散りばめられています。「難関ーセキュリティー」や「customizeー改造ー」などがあります。歌詞カードを見ながら聴くのも面白いかもしれません。
▶新曲「METANOIA」を含む3曲の視聴動画う
水樹奈々の「夏」におススメ楽曲をピックアップ!
・夏恋模様(8thアルバム「IMPACT EXCITER」に収録)
夏恋模様 歌詞 「水樹奈々」
https://utaten.com/lyric/jb51010224
『夏恋模様』は、水樹奈々の8thアルバム「IMPACT EXCITER」に収録されている一曲です。ゆったりとしたバラード調のメロディーで、夏らしい爽やかな印象があります。
この楽曲は、お盆に懐かしい故郷に帰るというイメージがあります。返ってきた故郷で学生時代の思い出や、恋をしていたことを懐かしむような温かい曲になっています。夏にぴったりな楽曲ではありますが、どこか切ない気持ちになってしまう曲でもあります。
サーチライト(38thシングル「NEVER SURRENDER」に収録)
サーチライト 歌詞 「水樹奈々」
https://utaten.com/lyric/qk18106080
『サーチライト』は、水樹奈々の38枚目のシングル『NEVER SURRENDER』に収録されており、映画『ふたつの昨日と僕の未来』の主題歌です。水樹奈々の出身地でもある愛媛県新居浜市を舞台にした映画ということで主題歌を担当しています。
『サーチライト』は、いつもよりも低いメロディーが特徴的です。低いメロディーですが、明るくて軽やかな印象もあるので、「夏」にぴったりな楽曲だと感じます。「青春」のイメージも持つことができますが、未来に歩んでいく第一歩のような強い意志を感じることもできます。
タイトルと歌詞にもある「サーチライト」は、未来を示してくれている光のことでもあり、“きっと明るい未来が待っている!”というワクワク感に似た感情表現だと言えるでしょう。コンサートの終盤で、皆で楽しくコール&レスポンスをしながら歌えそうな曲です。
水樹奈々のライブの魅力
水樹奈々のLIVEは、男性・女性問わず盛り上がることができ、ファンの年齢層は、10代から60代までと幅広く、どの世代でも楽しめます。
バックバンド「cherry boys」による迫力ある生演奏と水樹奈々の力強い歌声と、さらには、ステージの端から端まで走りながらも曲を歌いきる圧巻のステージです。
中盤には、水樹奈々のバックバンド「cherry boys(チェリーボーイズ)」の紹介とバックダンサーの「TEAM YO-DA(チームヨーダ)」の紹介が定例コーナーになっています。ステージに水樹奈々が居なくても、飽きることなく最後まで楽しむことができるのがライブの魅力的な要素です。
序盤から終盤にかけ、MCを挟みながら、企画コーナーや熱い曲を中心に構成されていて3時間があっという間に過ぎていきます。また、水樹奈々の衣装や舞台セットや乗り物なども注目されています。
▶水樹奈々「UNLIMITED BEAT」(NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019 -OPUS III- in さいたまスーパーアリーナ)
激アツなコンサートツアー開催中!
▲水樹奈々『NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUS III-×ISLAND×ISLAND+』ダイジェスト映像
水樹奈々の最新情報は、こちらのオフィシャルサイトでチェックできます。随時チェックしてみてください!
また、2019年7月6日より『NANA MIZUKI LIVE EXPRESS 2019』が、兵庫県・ ワールド記念ホールを皮切りに、全国12箇所で絶賛激アツなライブツアーが公演中です。日本公演ラストは、9月15日の千葉県・ZOZOマリンスタジアムです。また、『NANA MIZUKI LIVE EXPRESS 2019+』として10月26日に香港での海外公演が決定しています。
水樹奈々のコンサートは、序盤から激しい曲かつ皆で盛り上がれる曲が、多数セットリストに散りばめられています。皆が知っている定番のアノ曲や懐かしいアノ曲、最新曲まで盛りだくさんです。
そして、2019年の夏のツアーは、水樹奈々の30代ラストの夏のツアーということで、毎年恒例のお楽しみ企画が“素晴らしい“とファンの間でも話題になっています!是非皆さんも足を運んでみてください!
こちらの記事もチェック
平成の30年間でたくさんのアニメが放送されました。2000年代以降はアニメの黄金期といってもいいでしょう。以下のリンクから、他の平成アニメ関連記事をぜひご覧ください!
新元号・令和になってもアニメ作品・声優を皆で盛り上げていきましょう!
【特集】男女の声色を使い分け!?人気声優・蒼井翔太って何者?
【特集】ロックとアニソンを融合させた新世代歌姫・LiSAの魅力を紹介!!
【歌詞コラム】名曲・水樹奈々『深愛』は大切な人への思いが込められていた!
TEXT pooh_nm77

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着