映画『リトル・マーメイド』の実写版でエリック王子の候補に挙がっていたハリー・スタイルズだが、出演を辞退したそうだ。ひと月ほど前、交渉中だと伝えられ、本人からは何のコメントもなかったものの、適役だと考えられており、残念がられている。
さらに、大手映画館チェーンがエリック役はハリーに決定したと明かしファンを歓喜させた直後に、辞退したとのニュースが流れ、彼女たちをより失望させることになった。

AMC TheatresとRegal Cinemasは火曜日(8月13日)、ハリーがエリック王子を演じることが決まったとの内容をツイート。しかし、これはすぐに削除され、『The Warp』は、関係者の話として、ハリーは同プロジェクトのファンだが辞退したと報じた。理由は明かされていない。

『リトル・マーメイド』の実写版リメイクは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011年)、『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018年)を手掛けたロブ・マーシャルが監督し、同じく『メリー・ポピンズ リターンズ』のデヴィッド・マギーが脚本を執筆。アリエル役には、R&B姉妹デュオChloe x Halleのメンバー、ハリー・ベイリーが抜擢された。2020年初めに制作を開始すると言われている。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着