違う世界、違う東京の、七人の警官(
はぐれもの)を描くTVアニメ『警視庁
特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -
トクナナ-』情報を一挙解禁

警察のはぐれものが集められた「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課――通称トクナナ」のメンバーたちと、現在の世界を壊そうと凶悪犯罪を起こす組織「ナイン」との戦いを描いたオリジナルTVアニメーション『警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」が2019年10月月6日(日)よりAT-X、TOKYO MX1、サンテレビほかにて放送開始になることが発表された。
また、キービジュアルも発表された。
総監督はTVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』で監督を務めた栗山貴行、キャラクター原案は今作が初となる『PEACE MAKER 鐵』の原作者である黒乃奈々絵。さらに七月清司を下野紘、一ノ瀬栞を津田健次郎、二条クジャクを鈴木達央が演じる。
さらにオープニング主題歌であるOLDCODEX「Take On Fever」に決定、その曲聞くことが出来るキャラクターのセリフ入り本PVも解禁となった。

OLDCODEXとのQAコメントも到着
◆まず率直に、TVアニメ「トクナナ」につきましてどのような印象をおもちになりましたか。
とても意欲的な作品だと最初に感じました。
いただいた資料の中で、キャラクター同士の掛け合いがとても軽妙で、昨今のアニメにはない独特の雰囲気を感じたのが大きかったですね。 (Ta_2)
夜、ライトが消えた無機質なビル群が意志を持って熱を帯びて行く、みたいな。そんなイメージが似合う作品だと思いました。 (YORKE.)
◆本作のOP「Take On Fever」のご紹介(どんな曲、どんなことを思って歌ったかなど)
自分たちなりの、「アニメのOPの90秒」に対する王道を感じられるような楽曲にしたいと思い制作に入りました。その上で裏切りと驚きを追加できたらと思いながら、ひたすらに力強さと爽快感は意識しましたね。 (Ta_2)
夜の首都高を走りながら、デモ音源を流して歌詞を考えました。
そして作品の持つテーマや世界観にOLDCODEXの熱をプラスして強い歌詞、楽曲にしたいなと思いました。 (YORKE.)
◆主題歌を担当されるにあたって、ファンのみなさまへ一言メッセージをお願いいたします。
OPを、何度見ても、毎週見ても、テンションが上がるような楽曲に仕上げました。作品と合わせて見聞きしていただきつつ、気に入ったらフルサイズも聞いていただけたら最高です。シングルリリースしますんで、是非お手に取っていただけたら。 (Ta_2)
握り締めた拳の中に熱い物を感じていくような物語を僕自身も楽しみにしています。
ファンのみんなにとって、トクナナ✕OLDCODEXが楽しみのひとつになりますように! (YORKE.)

なお、公式TwitterではOLDCODEXのサイン色紙が抽選で3人当たるキャンペーンが開催中だ。作品公式アカウントをフォロー&対象ツイートをRTで応募完了なので、ふるって応募してみよう。
追加キャラクター及びキャストが公開!平田広明松岡禎丞、島﨑信長が出演
合わせて追加キャラクターとキャストも情報解禁されている。
〇ウォーロック (CV.平田広明)
(c)特殊凶悪犯対策室 第七課
凶悪犯罪組織ナインの首謀者。あらゆる事件の裏側で、暗躍している男。事件の中にはトクナナが担当しているものもある。目的のためなら敵味方の犠牲も問わない冷酷さを持ち、自身の部下でさえ駒としか考えていない。
【平田広明コメント】
お話を頂いた際にはラスボス的なキャラクターと伺いましたが、意外に出てくるのが早かったです。ラスボスは最後の1話、2話くらいで出てくるものじゃないの?と思っていましたから。勿論、早くから出して頂けるのはありがたいですが!ウォーロックの役どころはとてもミステリアスなので楽しみにお待ちください。
〇謎の男 (CV.松岡禎丞)
(c)特殊凶悪犯対策室 第七課
ウォーロックの右腕。常に冷然に仕事をこなす優秀な男であるが、ウォーロック以外はその正体を誰も知らない。
【松岡禎丞コメント】
今回トクナナに出演させていただきます。自分の役はちょっと複雑な位置になりますので、皆さんに楽しんで頂く為にも丁寧に演技をしたいと思います!内容も見ごたえのある作品になっていますのでどうぞお楽しみに!
〇黒真珠 (CV.島﨑信長)
(c)特殊凶悪犯対策室 第七課
情報屋。有能ではあるが、いくら金をつまれても気に入らない相手には情報を渡さない。二条クジャクに情報を与え、その動向を観察している。普段は女性の姿だが、ストリートギャングや老人の恰好をしているときもあり、本当の姿・性別は誰も知らない。
【島﨑信長コメント】
黒真珠、如何でしょうか皆さま。驚いていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。僕も大変ワクワクしております。素敵な役を演じる機会をいただけて感謝しかないです。一体どうなるのか、オンエアをお楽しみに!
このほかにも制作スタッフやグッズ販売情報も公開されている。詳しくは公式サイトで確認してほしい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着