【ライブレポート】SPYAIR、5度目の
<JUST LIKE THIS>に15,000人が熱狂

SPYAIRが7月27日、富士急ハイランド・コニファーフォレストにて単独野外ライブ<JUST LIKE THIS 2019>を開催した。同会場で5年目を迎えた夏の恒例イベントは今年も大盛況のうちに終了。同公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。
ロックスター達に憧れてバンドをはじめ、ロックスター達が立ったライブフェスのステージに憧れ、そこを目指してストリートライブからスタートした彼らならではの大規模な野外ステージ。“スポーツ”がテーマとなった今年は、B.LEAGUE 2018-19 SEASONテーマソング「B-THE ONE」、日本体育大学応援ソング「PRIDE OF LIONS」を筆頭に、<JUST LIKE THIS>ならではのスペシャルセットリスト全24曲を披露、15,000人のファンを魅了した。
アンコールでは2020年にデビュー10周年を迎えることに触れて今後の活動予定も。夏に<JUST LIKE THIS 2020>開催、秋から冬にかけて全国ホールツアー、そして2021年の春にZeppツアーの開催予定がアナウンスされると場内に割れんばかりの大きな歓声が上がった。結成15周年、デビュー10周年。記念すべきスペシャルイヤーを迎える4人の動向に注目を。

撮影◎平野タカシ

■<JUST LIKE THIS 2019>7月27日(土)@富士急ハイランド・コニファーフォレスト SETLIST

01. B-THE ONE
02. 0 GAME
03. OVER
04. アイム・ア・ビリーバー
05. COME IN SUMMER
06. C!RCUS
07. THIS IS HOW WE ROCK
08. イマジネーション
09. スクランブル
10. サクラミツツキ (Acoustic ver.)
11. MOVIN’ ON (Acoustic ver.)
12. PRIDE OF LIONS
13. Just Do It
14. We’ll Never Die
15. Brand New Days
16. ROCKIN’ OUT
17. 感情ディスコード
18. Little Summer
19. JUST LIKE THIS
20. I want a place
21. サムライハート (Some Like It Hot!!)
22. Goldship
encore
en.1 現状ディストラクション
en.2 SINGING

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着