名古屋から全国へ!メジャーデビューまでの道のりと、Cool-Xのひたむきでアツい魅力をご紹介!

名古屋から全国へ!メジャーデビューまでの道のりと、Cool-Xのひたむきでアツい魅力をご紹介!

名古屋から全国へ!メジャーデビュー
までの道のりと、Cool-Xのひたむきで
アツい魅力をご紹介!

ボーカル担当の前田純基・萩凌介・馬場涼真、パフォーマー担当の濱中元嗣・山内大輝の5人によって構成された、2017年結成の愛知県名古屋・大須発メンズダンスボーカルユニット「Cool-X」。
結成からわずか1年4ヶ月で開催したZepp名古屋での公演では1,019人の動員を達成。
秋頃のメジャーデビューに先駆けて7月3日に前代未聞5曲同時リリースを果たし、5曲すべてがオリコンランキング30位以内にランクインするなど、勢いが止まらない大注目のグループです。
グループの誕生秘話から、楽曲やパフォーマンスについて。そしてファンへの想いなどなど彼らの魅力をお届けします。
オーディションでまさかの大失敗!?
──Cool-Xさん、インタビューという形ではUtaTen初登場ですね!宜しくお願いします!
全員:宜しくお願いします!

──歌唱力とパフォーマンス力の高い皆さんですが、元々歌やダンスの経験はあったんでしょうか?
萩:僕はダンスはもちろん、歌も未経験でした。歌は元々好きだったんですが、「歌手を目指す」というところまでは一歩勇気が出せずにいました。
そんなときに受けてみたら?と誘われたのが、X-HALL(Cool-Xが活動の拠点としているライブハウス)のオーディションで。もしも受けていなかったら今頃サラリーマンをしていたかもしれないです。

──そうなんですか!ボーカルの前田さん、馬場さんも同じオーディションから加入されたんですよね。
前田:はい!僕はボーカルのレッスンに通っていて。レッスンスクールにオーディションのフライヤーが貼ってあったので見つけた瞬間応募しました!
馬場:純基君、オーディションの最終審査で遅刻してきたんですよ!トップバッターだったのに(笑)しかも遅れて登場したと思ったら、凄い強面な人が入ってきて!。
前田:内心「ヤバイヤバイ!!」って思ってたんですけど、変に堂々としてましたね。

──その時はまさかその強面の人が仲間になるとは思わなかったですかね!(笑)パフォーマーの濱中さん、山内さんは、新メンバーとしてCool-Xに途中加入されたんですよね?
山内:僕と元嗣はダンススクールに通っていて。元嗣と共に呼ばれてパフォーマンスを披露して、Cool-Xのメンバーとしてお声を掛けていただきました。
ダンサーを探していることは聞いていたのですが、まさか自分がCool-Xのメンバーになるとは思っていなかったのでとても驚きました。
濱中:ボーカル3人が築き上げた中に上手く入り込めるかなという不安も大きかったです。
でも、メンバー、そしてファンの方々がとても温かく迎え入れてくださいました。

──タイプの違う二人だからこそ相乗効果を生み出していそうですね。先輩となるボーカル3人から見てパフォーマーのお2人はどうですか?
萩:最初新メンバーが加入するって聞いたときは正直戸惑いもありました。ただ、2人に会った瞬間「この2人なら絶対大丈夫だ」っていう根拠のない自信というか、確信みたいなものを感じました。
馬場:見た目もそうですけど、パフォーマンスのタイプや強みが違う2人が加入してくれてCool-Xの表現の幅が広がりました。
前田:ボーカル3人はCool-Xになってからダンスを始めたので、2人が後輩ではあるんですけどダンスの先生になってくれています!

1,019人の前で男泣き??!
──改めましてCooL-Xさん、メジャーデビューが決定しましたね!おめでとうございます!(メジャーデビューは秋頃を予定)
全員:ありがとうございます!!

──メジャーデビューすることは、2018年12月に開催されたZepp名古屋でのワンマンライブにて発表されました。その時の心境はいかがでしたか?

前田:結成当時は路上ライブでお客さんも数人というところからのスタートでした。なので、1,019人もの方が僕らのために集まってくれたんだということの嬉しさと感謝で泣いちゃいましたね…
萩:目、真っ赤にして泣いてたよね。
山内:来てくださった方への感謝はもちろんですが、活動する中でたくさん迷惑もかけたにも関わらず支えてくれた家族にZeppに立つ姿が見せられたことが嬉しかったです。これからもパフォーマンスで感謝を返していこう。と決意した瞬間でした。
濱中:実は僕と大輝の加入が決まったときには既にZepp公演が決まっていたんです。
Zepp公演ができるグループに加入するということへのプレッシャーも大きかったですし、加入からライブまでの時間が短く大変だったこともあり、当日は嬉しさと安心感で泣きそうになりました。僕は堪えたんですけどね!(笑)
   
名曲は意外な場所で生まれていた!
──7月3日には、初の全国流通シングルを5枚、アルバム1枚を同時にリリースされましたが、手元にCDが届いたときどうでしたか?
馬場:ボーカル3人は作詞を担当した曲もあるんですが、歌詞カードに自分の名前が載っているのを見た時に「いやぁ~いいなぁ~」って感動しましたね…

──それは嬉しい!共同で作詞をされるときはどのように分担されているんですか?
萩:自分が歌うパートの歌詞をそれぞれが書き、それを持ち寄って3人ですり合わせています。
馬場:初めて作詞に挑戦したのが5枚のシングル曲の中の1曲でもある「Lost Love」だったのですが、テーマが"報われない恋"という難しいもので苦戦しました…。
前田:作り出したら止まらなくて、気づいたら朝になってました。楽屋で仮眠をとったり、夜の公園を散歩したり…、試行錯誤しながら歌詞が完成した曲です。

──そんな苦労あっての曲だったんですね。ここに注目してほしい!という歌詞があれば教えてください。
馬場:「Lost Love」のサビの部分です。実は1番と2番で視点を変えて描いているんですが、それぞれの視点に合わせて歌い方の表現も変えています。
前田:一番好きな曲である「Take Over」の『何度だって立ち上がれるさ』という歌詞です。諦めずに歌手を目指し続けてきて良かったなと感じますし、ライブでも感情が入ってしまいますね。

ライブを見に名古屋へ来てください!
──Cool-Xの皆さんは名古屋の大須にあるライブハウス「X-Hall」から誕生したグループですが、ライブハウスの魅力を教えてください。
濱中:何と行っても設備と環境の良さだと思います。証明の派手さ、音響の良さ。そこから生まれる一体感が魅力ですね。
萩:毎月X-Hallでライブをさせていただいているのですが、このような良い環境下でライブをさせてもらえるグループはなかなかいないと思いますし、メンバー全員本当にありがたい環境だなと感謝しながら活動しています。

──皆さんは愛知県・大須発のグループですが、大須の魅力ってどういう所でしょう?
萩:美味しいご飯屋さんが多いところですね。メンバー5人でもよく練習やライブ後に食べに行っています!
山内:食べ歩きできるタピオカ屋さんや唐揚げ屋さんなんかもおすすめですね。
馬場:タピオカのようなインスタ映えする新しいものから、昔ながらの定食屋さんや古着屋さんといった歴史も感じられる素敵な場所なので、幅広い年代の方が楽しめると思います。
僕たちのライブを見に来て、そして大須という街も楽しんでいただきたいです!

ファンの方と一つになれる曲。振り付けも覚えてください!
──ライブでの活動も大事にされていらっしゃる皆さんですが、特にライブで盛り上がる曲を教えてください!
萩:特に「Baby Baby」はファンの方へのメッセージを込めて5人で作った曲で、歌詞はボーカル3人が。振り付けはパフォーマーの2人が考えてくれました。
ファンの皆さんを元気づけると共に、これからも僕たちと一緒に走っていきましょう!という気持ちが込めれらています。なので、ファンの皆さんを想いながら歌っています。
濱中:誰もが真似しやすいような振り付けを考えました。ライブの時には、一緒に踊ってくださるのでとても嬉しいです。ファンの皆さんと僕たちが一体となれる大事な曲です。

──では最後に今後の目標と全国の皆さんへのメッセージをお願いします!
前田:名古屋から全国へ、もっともっと多くの方々に僕たちのパフォーマンスを見せられるように頑張っていきます。大きなステージに連れていきますので、応援宜しくお願いします!
TEXT mitsui

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着