THE ALFEE、
UNISON SQUARE GARDEN、
BiSHなど
6月下旬から7月上旬リリースの
6作品を紹介

フリーマガジン『music UP's』vol.176(6/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、6月下旬から7月上旬リリースの6作品を紹介!

1.『Battle Starship Alfee』/THE ALFEE
2.『ウ!!!』/ウルフルズ
3.『BEST of PIANISM』/三柴 理
4.『boys』/My Hair is Bad
5.『Bee side Sea side ~ B-side Collection Album ~』/UNISON SQUARE GARDEN
6.『CARROTS and STiCKS』/BiSH
『Battle Starship Alfee』/THE ALFEEAlbum 6/26 Release
    • Virgin Music
    • 【初回限定盤A(ライヴ音源CD付)】
    • TYCT-69143 ~ 4 ¥3,700(税抜)
    • 【初回限定盤B(ライヴ音源CD付)】
    • TYCT-69145 ~ 6 ¥3,700(税抜)
    • 【初回限定盤C(トークCD付)】
    • TYCT-69147 ~ 8 ¥3,700(税抜)
    • 【通常盤】
    • TYCT-60140 ¥3,000(税抜)
壮大でプログレッシブな大曲で幕を開けるロマンと愛に満ちた3年半振りのアルバム。“頑張らないで自分のペースで生きればいい”というメッセージにも、45年もの間、夢を紡ぎながら我が道を歩んできた彼らだけに人生の先輩の説得力が。Queenに通じる煌びやかな曲やハードロックなナンバー、アコースティックな曲、弦のアレンジが美しいバラードや、高見沢俊彦(Vo&Gu)の恋愛観を綴った曲も聴ける。
TEXT:山本弘子
『ウ!!!』/ウルフルズAlbum 6/26 Release
    • Getting Better Records
    • 【初回限定盤(Blu-ray付)】
    • VIZL-1607 ¥5,200(税抜)
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • VIZL-1608 ¥4,600(税抜)
    • 【通常盤】
    • VICL-65210 ¥2,800(税抜)
2年振り15枚目となるフルアルバム。ウルフルケイスケ(Gu)のバンド活動休止を経て、3人で作り上げた今作はテクノサウンドに乗せたジョンB(Ba)の歌声で驚かせる「センチメンタルフィーバー~あなたが好きだから~」で始まり、愛と情熱を高らかに歌うアグレッシブな10曲を収録。今だから歌える前向きな人生賛歌は聴く者に力を与え、《愛がなくちゃ》と歌うラブソングは異常な説得力を持つ。そう、愛こそが全てなのだ!
TEXT:フジジュン
『BEST of PIANISM』/三柴 理Album 6/26 Release
    • 徳間ジャパンコミュニケーションズ
    • TKCA-10190 
    • ¥2,778(税抜)
筋肉少女帯や特撮のピアニストとして知られる三柴 理の初ベストアルバム。ラウドに疾走するバンドサウンドを伴った楽曲もさることながら、荘厳さとメロディーの美しさが味わえるピアノソロ作品が素晴らしく、Queen「ボヘミアン・ラプソディ」「フラッシュ」、Emerson,Lake & Palme「r タルカス~噴火」のカバーなども表情豊かに聴かせてくれる。貴重なライヴ音源を含め、デビュー30周年の軌跡が凝縮された一枚。
TEXT:田山雄士

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着