水樹奈々

水樹奈々

水樹奈々、ニューシングル
「METANOIA」に寄せたコメントが
到着! サブスク配信も解禁

水樹奈々が7月17日にリリースしたシングル「METANOIA」の発売を記念して、本人によるコメントを公開した。収録されている3曲それぞれの制作エピソードや聴きどころを紹介しており、YouTubeでは全曲の試聴動画も公開中! 併せてチェックしてほしい。

また、各サブスクリプションサービスでは水樹の楽曲とミュージックビデオのストリーミング配信がスタート! 配信される楽曲は、これまでリリースされたシングル、アルバム、ベストアルバム(一部対象外)に加え、配信限定曲の「BLUE ROSE」「REBELLION」、さらに水樹奈々×T.M.Revolutionの「革命デュアリズム」。

なおApple Musicでは、水樹のインスピレーションの源や作品づくりの情熱について迫るオリジナルビデオコンテンツを制作中。現在、予告ムービーが公開されているので一足先にチェックしよう。

【水樹奈々 コメント】

■M1「METANOIA」(TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』オープニングテーマ)
ついにシリーズ集大成を迎える『戦姫絶唱シンフォギアXV』主題歌! ということで、昨年からチームでディスカッションを繰り返し、複雑に絡み合うコーラスにラップも加わった、これまでの水樹曲の中でも異色なミクスチャーロックが完成しました‼ “自分の人生を生きる”ということをテーマに制作した激熱応援ソングになっていますので、ここぞの勝負の前にはぜひ聴いていただきたいです‼

■M2「Born Free」(アニメ『モンスターストライク』エンディングテーマ)
アニメ『モンスターストライク』アーサー編第2部のエンディングテーマとして制作させていただきました。“本当に自分はこのままでいいのか? 自分の存在意義とは?”と、王としての資質を模索する主人公の気持ちに寄り添いながら、現実世界においての“自分”というものと向き合うキッカケとなる曲になれたらという想いで作りました。“wow wow~♪”コーラスは、ライブでぜひ一緒に歌っていただきたいです!

■M3「SUMMER PIRATES」(なか卯 TV-CMソング)
なか卯さんの新CMソングとして制作させていただきました!
“親子丼イタリアン”という斬新で攻めたメニューから、“この夏、夢に恋に思いきって1歩踏み出したい!”という女の子の背中を押せる曲にしたいと閃きました(笑)。ブラスアレンジが効いた、思わず体が動き出す楽しい1曲に仕上がっていますので、この夏のおともにぜひ♪

シングル「METANOIA」全曲試聴動画

シングル「METANOIA」2019年7月17日発売
    • KICM-1954/¥1,111+税
    • 初回製造盤:特製カラーケース仕様予定
    •  
    • <収録曲>
    • M1:「METANOIA」
    • (作詞:水樹奈々/作曲:上松範康(Elements Garden)/編曲:藤永龍太郎(Elements Garden))
    • ※TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』オープニングテーマ
    • M2:「Born Free」
    • (作詞:ヨシダタクミ/作曲・編曲:南田健吾)
    • ※アニメ『モンスターストライク』エンディングテーマ
    • M3:「SUMMER PIRATES」
    • (作詞:水樹奈々/作曲:光増ハジメ(FirstCall)/編曲:EFFY(FirstCall))
    • ※「なか卯」TV-CMソング
水樹奈々
シングル「METANOIA」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着