阿久津仁愛、金井成大、林勇輝の「運
動会」の思い出は?『MISSION IN SU
MMER 2019 C.I.A.的?夏の運動会』
座談会

芸能事務所キューブの若手俳優サポーターズクラブ「C.I.A.」(Cube Infinity Artists)がこの夏、C.I.A.presents『MISSION IN SUMMER 2019』を実施する。今回はメンバーからの希望を受け、なんと「C.I.A.的?夏の運動会」を行うというのだ。「運動会」と聴いて、様々な競技や応援合戦など、思い浮かぶ事は多々あるだろうが、果たしてC.I.A.のメンバーたちは、今何を企んでいるのだろうか。
メンバーを代表して、阿久津仁愛、金井成大、林勇輝がインタビューに答えた。
ーーさてさて、今回の「MISSION IN SUMMER」は運動会という事ですが。発起人は金井さんだそうで。
金井:今29歳なんですが、30歳になったかならないかな人たちが運動会をやろうというのは果たしていかがなものかと思うんですが(笑)、まあやってみましょうか! という事になりました(ふわっと)。
阿久津・林:(大笑)
ーーそれを聴いたお二人はどう思われたんですか?
阿久津:僕はつい最近まで学生だったから、また運動会ができるな~なんて楽しみに思っています。(ニコニコ笑顔で金井を見つめる)
阿久津仁愛
金井:あれっ? 最近なの? 僕は最後に運動会出たのはもう10年くらい前なのに! 隣から阿久津の「圧」が伝わってくるよ(笑)。
林:僕も話を聴いたとき、是非やりたい! って思いました。僕の高校は運動会という呼び名ではなく「陸上競技大会」というガチなものになっていて、トラックがある競技場を借りて本気でやっていたんです。僕は運動が好きなので成大さんのおかげでまたチャレンジできて嬉しいです!
ーー皆さん、「運動会」ではどんな競技が好きでしたか?
阿久津:「組体操」! 小柄なのでいちばん上になるのでかっこつけられますからね!
金井:ずるいわ~。こっちはいつも下ばっかりだったよ(笑)。僕の通っていた高校はちょっと変わっていて、いわゆる“バンカラ”な風潮が強く残っていたんです。だから運動会となると、いちばん危ないのが「棒倒し」。棒を倒すために『バトル・ロワイアル』か『クローズZERO』みたいな戦闘状態になるので、僕はケガしないようにずっと逃げ回っていました(笑)。
金井成大
林:僕の中学も「棒倒し」がありましたよ。僕がいた頃は後にアメフトでアメリカ留学するレベルの人がいたので、その人が“無双”するのを皆で楽しむためだけの競技になっていました(笑)。
金井:全員その人に吹っ飛ばされるんだ! すごいねえ(笑)。
林:で、僕は高校の時は走高跳をやってました。すごく目立ちたがり屋だったので、個人種目がしたくて。1位になれそうだったんですが、その年にスーパールーキーの一年生がいて、これがめちゃくちゃ跳ぶので結局2位どまりでした。それでも走高跳は好きでしたね!
ーーC.I.A.の運動会では出演メンバーをチーム分けして戦うことになるそうですが、もしこの3人が別々のチームだったと仮定して、自分のチームに入れたいと思うC.I.A.メンバーは誰を思い浮かべますか?
林:運動能力って意外と分からないですよね。でも運動が出来そうな人となると(永田)崇人さんかなあ。あと、楽しくなりそうなので(加藤)諒さんを入れたいですね。
林勇輝
金井:僕も崇人かな……。
阿久津:(井阪)郁巳くんもいいよね? 足が速そうだし。
林:郁巳さんはマラソンが得意だって。長距離走が得意でどんだけ走っても疲れないって言ってましたよ。
金井:じゃあ郁巳で(笑)。
阿久津:僕も崇人くんですね。何でもできるイメージがあるので、チームに入れたら絶対優勝できますよ!
ーーなるほど!では、競技について。まだ何をやるか決まっていないそうですが、ご自身がやってみたい競技はありますか?
金井:パン食い競争。やった事がないんで。
阿久津・林:おー! やってみたい(笑)!
金井:実際パン食い競争ってどうやるんだろう、って思うんですよ。やっている姿もきっと滑稽だと思うので、めちゃくちゃ盛り上がりそうだし。パンを食うための障害を増やしたりして特殊な内容にしたいですね。
林:室内だから、思いっきり走ったりはできないだろうけど、それでも身体を動かすものをやりたいですね。個人的には走高跳を是非。今度こそ1位になりたいです(笑)。
(左から)林勇輝、金井成大、阿久津仁愛
阿久津:「台風の目」って知ってますか? 5人くらいで横一列になって長い棒を持って一斉に走る競技なんですが、一度走って戻ってくるたびに先生をコスプレさせるための衣裳をもらえるんです。その方法で誰かをコスプレさせて完成させるってのをやりたい。
金井:へー、おもしろそう!
ーーお客さんと一緒にできる競技も考えてみませんか?
金井:二人三脚はお客さんも喜びそうだね……僕はやらないけど。皆がやっているのを見て「おお、いいぞ! 頑張れ!」って言っているほうがいい(笑)。
林:ムカデ競争も皆で楽しめそうですね。
阿久津:借り物競争もね。一度春のC.I.A.イベントでやってしまったけど。
阿久津仁愛
金井:あ、応援合戦がやりたい!チーム独自の応援をやって戦うの。
林:成大さんがいるチーム、めっちゃ特殊な内容になりそう(笑)。
金井:だろ? もしくは真っ当に応援して喉をからすの……暑苦しいわ(笑)!
全員:(笑)
ーーそういえばこの3人で話をする機会がこれまでなかったそうですね。せっかくの機会ですし、お互いの印象を語っていただきましょう。
<阿久津について>
金井:絶対的エースですね。自分ではにぎやかしタイプだって言ってますけど、エースでアンカーを担ってほしいですね。
林:異議なし!
阿久津:こけてもいいからアンカーをやってみたいです。
<林について>
金井:彼が事務所に入りたての時のイベントで「何か話せよ!」って無茶ぶりしたら大スベリしてしまって(笑)。そうしたら「ちょっと! 成大さん!」ってこっちに振ってきたから、僕がひどい人だ、みたいなことになってしまって! 逆にちょっと恨みを抱いています(笑)。
阿久津:身体能力が高そうですよね。僕は走高跳なんてできないけどやってみたいし。彼が跳ぶ姿を見てみたいですね。
林:久しぶりに跳んだら腰をやってしまうかもしれないですけどね(笑)。
<金井について>
林:身長も高くて顔もカッコよくて。初見ではクールに見えるので「怖っ」って思っていたんですが、話してみたらすごいきさくで優しくて、それでいて個性的で発想も面白い人でした。
阿久津:僕は「伝説のキャラ」の弟子という事でこれからも付いていきます!
金井:「伝説のキャラ」でね(笑)。
ーーC.I.A.の他のメンバーについて、この運動会をきっかけに特に話をしてみたい人っていますか?
林:僕はまだ入ってまもないので、全員かな。でも『東京ワンピースタワー ライブアトラクション』でお世話になった崇人さんとは改めて話をしたいです。
金井:(菊池)銀河かなあ。銀河が10歳くらいの頃に出会ったんですが、すっかり大人になったし、どんどん背も伸びていくのが面白くって仕方がないんです。しっかりしてきてきましたよね。
金井成大
阿久津:僕は諒さんとタピオカの話をしたいです。ちょっと前から諒さんがタピオカを飲んだ報告が入るようになったんです。
金井:いらねーだろ(笑)
阿久津:「タピオカ飲んだよ! 見て!」って画像と共に。それをみて「うわー僕も飲みたいですー!」って返事してるんです。僕もタピオカが大好きなので。
林:平和な世界ですね(笑)
ーー運動会絡みで、ご自身の甘酸っぱい思い出などありますか?
金井:(林に再び無茶ぶり)何かあるだろ(笑)?
林:ちょっと、5時間もらっていいですか? ……幼稚園の年長さんの時に、運動会のお弁当のおかずを好きな子からもらった事かな。
金井:甘酸っぱいねえ(笑)。僕は酸っぱい話でもいいですか? 高校一年の時、今では考えられないくらい無口で一言もしゃべらなかったんですよ。夏くらいまでクラスの誰とも口をきいた事がなかったんです。その中で運動会で急に告白されて「ハウッ」としか返事が出来ず……。
ーーその「ハウッ」はイエスの意味なのかごめんなさいの意味なのか……。
金井:それすらも伝えられず終わりました。
林:成大さんが無口なんて想像つかない(笑)。
林勇輝
阿久津:僕はないですねえ。何かあったとしても気が付いていないのかも……不器用なんで、何か来ているかもしれないけれどキャッチできてないんですよ(笑)。
ーー今回の運動会の場でC.I.A.の新曲「ドドドどんまい!」(8月26日リリース予定)も初披露されるそうですが、新曲のイメージについてヒントをいただけますか?
阿久津:夏っぽくて、以前作った「お揃いの1日」とはまた違っていて、アップテンポで皆で揃って踊りやすいような感じになっています。
金井:お客さんも踊れるくらいシンプルな振りでね。曲のイメージは青春ドラマの1ページみたいな爽やかで明るくてちょっと切なさもある感じです。楽しみにしていてください!
ーー来場するお客さんへのメッセージをいただけますか?
阿久津:僕たちもイベントで探り探りしながらやっているんですが、そこにファンの皆さんがついてきてくれるのは本当に凄いと思います。フォトタイムやハイタッチで直接絡める機会もあるので、そういう事を通して身近に感じていただけたらいいなと思います。
林:皆と一緒に楽しい時間を共有させていただけることは何よりも嬉しい事なので、僕らが楽しませる、というより一緒に楽しみたいですね。
ーー最後に、この運動会で特にアピールしたい点を!
金井:個人的には大声で応援する! 若いメンバーは頑張る! 30歳近いメンバーはケガしない! 以上です!
全員:(笑)
(左から)林勇輝、金井成大、阿久津仁愛
取材・文=こむらさき 撮影=池上夢貢

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着