エルトン・ジョンの半生描く『ロケッ
トマン』、日本版本予告&ポスター解

エルトン・ジョンのバイオグラフィ映画『ロケットマン』(8月23日公開)の日本オリジナル本予告映像および本ポスタービジュアルが解禁された。
『ロケットマン』は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督も務めたデクスター・フレッチャーがメガホンをとり、エルトンの名曲に乗せてその半生を描いたミュージカル作品。『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが主演を務め、エルトンの長年のコラボレーター、バーニー・トーピン役をジェイミー・ベル、母シーラ役をブライス・ダラス・ハワード、エルトンのマネージャーで後にクイーンを見出したことでも知られる音楽プロデューサー、ジョン・リード役をリチャード・マッデンが演じている。劇中に登場するエルトンの楽曲を吹き替えなしで歌いきったというエガートンの歌声も聴きどころだ。
今回解禁された本予告編は「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」や「ロケット・マン」「土曜の夜は僕の生きがい」「クロコダイル・ロック」などの楽曲に彩られた約90秒の映像で、豪華キャスト陣が演じるドラマパートと華やかなミュージカルシーンをいち早く楽しむことができる。また、あわせて解禁されたポスタービジュアルは、ドジャー・スタジアムのライブステージで打ち上げ花火を背景に熱唱するエルトンの姿に“そのメロディは、世界中を魔法にかける”のコピーが添えられたデザインとなっている。

映画『ロケットマン』

2019年8月23日(金)全国ロードショー
監督:デクスター・フレッチャー『ボヘミアン・ラプソディ』 製作総指揮、監督(ノン・クレジット)
脚本:リー・ホール『リトル・ダンサー』
製作:マシュー・ヴォーン『キングスマン』シリーズ、エルトン・ジョン
キャスト:タロン・エガートン『キングスマン』シリーズ、ジェイミー・ベル『リトル・ダンサー』、ブライス・ダラス・ハワード『ジュラシック・ワールド』、リチャード・マッデン『シンデレラ』『ゲーム・オブ・スローンズ』
全米公開:2019年5月31日 原題:ROCKETMAN PG12
配給:東和ピクチャーズ
(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
公式サイト:https://rocketman.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/Rocketman_JP
公式Facebook:https://www.facebook.com/RocketmanMovie.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/rocketmanmovie_jp/

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着