SKE48 最新シングル「FRUSTRATION」
サプライズ初披露!

伝統の「手つなぎながら」公演

2019年7月13日、名古屋・栄のSKE48劇場では「手つなぎながら」公演を開催。この公演はSKE48初のオリジナル公演で、7月9日から再演がスタート。

7月13日には正規メンバー8名、研究生8名という顔ぶれで、研究生の初々しさを先輩メンバーが楽しくフォローしているといった終始なごやかなムードで瑞々しいパフォーマンスを披露。昼、夜2公演とも満員の会場では、笑顔の絶えない公演となった。

「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦
」発表

アンコールを終え、メンバーが退場したところで会場が暗転し「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の開催が映像で発表。AKB48グループの中でもっとも魅力的な歌い手を決める新プロジェクトの第2回大会。

参加資格があるのは日本国内の48グループに所属する全メンバー。立候補者による予選では、自ら指定した課題曲を生ピアノ伴奏で歌唱。予選を突破したメンバーは、TBS赤坂ACTシアターにて行われる決勝大会に進出。大勢の観客が見守る中、生バンド演奏をバックに歌声を披露。審査員による採点でNo.1を決定する。決勝大会は2019年10月31日(木)にTBS赤坂ACTシアターで行われる。

「FRUSTRATION」サプライズ初披露

会場がどよめく中、「FRUSTRATION」劇場盤ジャケットのパフォーマンス衣装に身を包んだ選抜メンバーがステージに続々と登場。大場美奈が進行を務め、「第1回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」優勝者である野島樺乃にマイクを向けた。

野島は「本当に一夜にしてシンデレラのようにガラリと世界が変わった感じです。ソロ公演や舞台に出演させていただいたり、今年は次々に夢がかなっていったので、下半期も頑張っていきたいと思います」とコメント。

続いて初選抜メンバーの井上は「思い出から話していいですか?」とL.A.でのMV撮影の時に惣田紗莉渚と近い位置にいることが多く、惣田を「お母紗莉さん」と呼び仲良くなったと井上らしくトボけたエピソードを披露し、会場は笑いに包まれた。

初センターの古畑奈和は「まさか金髪でカラコン(カラーコンタクト)の私がセンターに選んでいただけるなんて」としながら「今の私にしかできないセンターを皆さんの目に焼き付けてください」と、「FRUTRATION」を劇場初披露。低い位置でバウンドする動きのイントロから始まり、ヒップホップやレゲエの要素を取り入れたメロディーに乗せて、激しく踊り続けるパフォーマンスを選抜メンバー15名で披露。表現力に定評のあるセンター古畑奈和を中心に、メンバーそれぞれキレのあるクールでセクシーなダンスを繰り広げ、客席を圧倒。

大場美奈からの「発売日までまだ少し日がありますが、これからもSKE48とFRUSTRATION』をよろしくお願いします!」との挨拶に、サプライズで初披露を目にした客席からは惜しみない大歓声と拍手が送られた。

「ボルテージがマックスに上がったのを
実感しました」

初披露後にメンバーはそれぞれ以下のようにコメントを寄せている。

【古畑奈和】
「早くファンの皆様に「FRUSTRATION」を観てほしいなと思っていたので、今日披露できたことがすごく嬉しかったしホッとしています。夏はたくさんのイベントで皆様と一緒に騒げたらいいなぁ。この曲をたくさんの方に観て、聴いていただける機会があるといいなと思っています」

【大場美奈】
「これまでのレッスン場やカメラの前でと違い、初めてファンの皆様の前で披露したら、私たちのボルテージがマックスに上がったのを実感しました!1曲歌い終わったら倒れちゃうんじゃないかっていうくらいパワーがある1曲なので、夏だからこそ、熱いこの曲を一緒に踊ったり声を出したりして楽しんでいただけたらと思います」

【野島樺乃】
「初披露ということで震えてしまう位緊張してたんですが、曲が盛り上がってくるにつれて、ファンの方々が衝撃を受けてくださっている表情がステージの上から見えたので、踊っていて楽しかったです。夏にいろんなイベントやステージでたくさんこの曲を踊って、バカになりながら汗かきながら騒ぎまくりたいなと思います」

「歌唱力No.1決定戦」については、「第1回の時、歌が本当にただただ好きで、自分の歌を好きだと思ってくれる方が少しでも増えたらいいなという気持ちで出場しました。今回も初心の気持ちを忘れずに一から自分をみつめ直して、またいい歌をお届けできるように日々練習していきたいと思っています」

公演概要

タイトル : 「手をつなぎながら」公演(夜公演)
開催⽇時 : 2019年7月13日(土)17:00 開演
会場 : SKE48 劇場 <住所>愛知県名古屋市中区錦3-24-4
来場者数 : 295名
出演 : 上村亜柚香・北川愛乃・杉山愛佳・青木詩織・北野瑠華・井田玲音名・倉島杏実・福士奈央・
青海ひな乃・赤堀君江・荒野姫楓・石川花音・鈴木愛菜・田辺美月・中坂美祐・平野百菜

[新曲「FRUSTRATION」]
井上瑠夏・野島樺乃・松本慈子・荒井優希・江籠裕奈・大場美奈・惣田紗莉渚・竹内彩姫・日高優月・
古畑奈和・浅井裕華・鎌田菜月・熊崎晴香・佐藤佳穂・末永桜花

セットリスト

- overture
M. 1 僕らの風
M. 2 マンゴーNo.2
M. 3 手をつなぎながら
M. 4 チャイムはLOVE SONG
M. 5 Glory days
M. 6 この胸のバーコード
M. 7 ウィンブルドンへ連れて行って
M. 8 雨のピアニスト
M. 9 チョコの行方
M.10 Innocence
M.11 ロマンスロケット
M.12 恋の傾向と対策
M.13 大好き
EN.1 ロープの友情
EN.2 火曜日の夜、水曜日の朝
EN3遠くにいても

EX1 FRUSTRATION

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着