「S2O JAPAN 2019」海外アーティスト
の最新&ヒット曲を総まとめ!

今年で2回目となる「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」が、2019年7月13日(土)、14日(日)、15日(月・祝)の3日間、千葉の幕張海浜公園「S2O JAPAN特設会場」で開催されます。
2018年は初上陸ながら、2日間でなんと2万人を動員! 終始会場は大熱狂でしたが、今年は会場が幕張へと移り、より広くなって舞台はビーチに。
さらに、ラインナップはより豪華になっているだけに、昨年以上の盛り上がりは確実です。
大量の水を浴びながら踊る、その爽快感&非日常感が味わえるのは「S2O JAPAN」だけ!
“世界一ズブ濡れになるフェス”をより楽しむべく、今回は出演者たちがプレイするであろう楽曲をまとめて紹介します!
Yellow Claw & Nonsens – Give It To Me
台湾で開催された「S2O Songkran Music Festival, Taiwan」にも出演していたイエロー・クロウ。
そこではこの春リリースしたEP「Danger Days」に収録の “Give It To Me”や“Kaolo Pt. 4”をプレイしていました。
そして、つい先日にはギャランティスとのコラボ曲“We Can Get High”をリリース。この曲もきっとプレイされると思うのでぜひチェックを!
Knife Party & Tom Morello – Battle Sirens
ペンデュラムのロブ・スワイヤーとギャレス・マクグリレンによる、超アグレッシヴなサウンドがウリのナイフ・パーティ。
彼らもまた台湾での「S2O」に出演し、そこでは自身の楽曲を続々と投下。ラストにプレイしていたのがこの“Battle Sirens”でした。
なお、19日には最新EP「Lost Souls」をリリースするそうなので、「S2O JAPAN」では新曲もたっぷり披露してくれることでしょう!
あとは、スウェディッシュ・ハウス・マフィアとの名曲“Antidote”も聴きたい!
R3HAB & VINAI – How We Party
イタリアのマッチョな兄弟デュオ、ヴィナイも台湾の「S2O」でプレイ。
カーネイジとの“Time For The Techno”やハードウェルとのコラボ曲“Out Of This Town”も盛り上がりましたが、やっぱり彼ら最大のアンセム“How We Party”の破壊力は抜群。
今回も大量の水が降りしきるなか、この曲で大熱狂間違いなし!
TJR & VINAI – Bounce Generation
またまた台湾の「S2O」に出演していたTJR。
TJRといえば、これまで日本のフェスにも多数出演し、毎回会場を盛り上げてきたまさに必殺仕事人。
そんな彼の必殺アンセムは、今回同じステージに立つヴィナイとコラボした爆裂アンセム“Bounce Generation”。まさかのサプライズも期待しちゃいますね。
Martin Garrix & Julian Jordan – Glitch
マーティン・ギャリックスと同郷、同じ音楽学校に通っていた大の仲良しジュリアン・ジョーダン。
彼もまた将来を有望視されている次世代スター候補のひとりですね。
そんな2人はこれまで度々コラボし、“BFAM”や“Welcome”といった楽曲を発表。そして、昨年末には最新コラボ曲“Glitch”をリリース。
このほか今年に入ってもマーティンのレーベルSTMPD RCRDSから続々新曲をドロップしているので、そちらもチェックしておくとより楽しめますよ。
Avicii vs Nicky Romero – I Could Be The One
一大アンセム“Toulouse”を筆頭に数多くのアンセムを持つニッキー・ロメロ。
つい先日にはスタディアムエックスとコラボし、サム・マーティンをフィーチャーした“Love You Forever”をリリースし現在ヘビープレイ中ですが、みんなが大熱狂したいのは……と考えたら、やっぱりアヴィーチーとの“I Could Be The One”。
ちなみに、最近ではザ・チェインスモーカーズとティエストの“Split (Only U)”をマッシュアップしたりもしてました!
Showtek ft. We Are Loud & Sonny Wilson – Booyah
14日(日)にニッキー・ロメロとともにヘッドライナーとして登場するショウテック。
6月末にはスティーヴ・アオキとマックジェイとコラボした“Rave”をリリース。これも熱狂必至の1 曲ではあるんですが……やっぱりショウテックと言えば“Booyah”ですね。
大量の水を浴びながら“Booyah”なんて、楽しいに決まってる!
Cash Cash – How To Love ft Sofia Reyes
キャッシュ・キャッシュはみんなで歌えるアンセムがたくさんあって、なおかつ様々なヒット曲が続々と繰り出されるセットはとにかくハッピー!
「S2O JAPAN」でも水を浴びながらみんなの大合唱がこだましそうですが、その筆頭がこの“How To Love”。
あとは、“Take Me Home”もぜひチェックを。
Bassjackers & MAKJ – DERP
今年、本家タイの「S2O」でも大活躍! 数多くのビッグフェスでプレイし、DJ MAGのランキングも常連のまさに実力派ベースジャッカーズ。
ここ最近も激アッパーな“Flip The Beat”やサイケな“Memento”といった新曲をリリースしていましたが、やっぱりマックジェイとの“DERP”は鉄板。
プレイともども「S2O JAPAN」を盛大に盛り上げてくれるはず。
Jay Hardway – Lost
13日(土)に出演するジュリアン・ジョーダンと同じく、マーティン・ギャリックスとたびたびコラボ。
その他にも、ダブスやベースジャッカーズ、そしてメスト、モティなど様々なアーティストとコラボしてきたジェイ・ハーダウェイ。
今年に入っては“Exhale”、“Lost”がスマッシュヒット。ひさびさの来日、楽しみです!
S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019
2019年7月13日(土)、14日(日)
幕張海浜公園 S2O JAPAN特設会場(千葉)
1日券(各日)15,000円/VIP1日券(各日)30,000円
Knife Party, Yellow Claw, Nicky Romero, Showtek, Bassjakers, Cash Cash, Jay Hardway, Juicy M, Julian Jordan, Ksuke、Throttle、TJO、TJR、Vinai
https://www.s2ojapan.com
Text by EDM MAXX編集部

EDM MAXX

EDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」。音楽、ファッション、カルチャー、ライフスタイルとして、“EDM”を誰でも分かりやすく、おもしろく情報発信します。 #edmmaxx

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」