SHACHI、『ラッパーに噛まれたらラッ
パーになるドラマ』主題歌MV公開

フィメールラッパー・SHACHIが、テレビ朝日スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』主題歌に起用された「One Day」のミュージックビデオを公開。あわせて、同曲を配信リリースした。
「LINEマンガ」オリジナル作品『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』が原作の同ドラマは、謎のウイルスにより人々が突如ラッパーゾンビ化してしまった世界が舞台のコメディホラー作品。

「One Day」は、9月2日に配信リリースされるEP『alone』からの先行配信楽曲で、SHACHIはミュージックビデオについて、「EPのタイトルが「alone」という事もあり、街に繰り出しても部屋の中にいても常に自分対自分、様々な感情に葛藤する姿が表現できていると思います」とコメントを寄せている。

『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』前編は本日7月12日23:15より、後編は7月13日23:15より放送。
■SHACHI コメント

楽曲制作中は早く皆様に聴いてほしいと時間が長く感じていたのですが、配信日が決まってからは時が経つのが凄く早く感じて、無事に皆様に曲を届けられて本当に良かった!と思っています。
夢のような瞬間を一歩ずつ皆様と歩めている事を今はただただ噛み締めています。
「One Day」のミュージックビデオは、EPのタイトルが「alone」という事もあり、街に繰り出しても部屋の中にいても常に自分対自分、様々な感情に葛藤する姿が表現できていると思います。
是非ミュージックビデオもご覧いただきたいです!


ドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』

前編放送:2019年7月12日(金)23:15〜
後編放送:2019年7月13日(土)23:15〜
※一部地域を除く
放送局:テレビ朝日系列
番組オフィシャルサイト:https://www.tv-asahi.co.jp/rapper-bites/#/?category=drama


Digital EP『alone』
2019年9月2日(月)配信リリース
1. Don’t wake me up -Intro-
2. Getting Lucky
3. Tokyo
4. One Day
5. Let me go with u -Interlude-
6. Falling Down
7. My Feelings

【バンドル価格¥1,000】
(iTunes)
配信EP予約期間は100円プライスダウン
配信EP購入でDigital Photo Book付き

[先行配信]
「One Day」:2019年7月12日(金)
「Tokyo」:2019年8月12日(月祝)


SHACHI プロフィール

日本のフィメールラッパー。
Eminem、50CENT、Nas、Kanye WestJAY-Z、他多くの海外アーティストに影響を受け、Sound ProducerであるSAMEとともに楽曲制作を開始。
2017年SoundCloudで「Beautiful day」を発表。
唯一無二のフローで音楽ファンを魅了する日本語ラップ界の新星。
SAMEが作り出す、最先端のビートの上で表現するSHACHIの楽曲は日本のみならず、海外でも注目を浴びる。
2018年夏に初めてのMusic Video「Turn up the music」を公開し、瞬く間に広がり数ヶ月で100万回再生突破。(※2019年6月時点で160万再生突破)
日本だけにととまらず海外からも多くの支持を獲得。
2018年冬、全編New YorkでMV撮影した「HERO」を公開し更に注目を浴びる。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」