Dのボーカル・ASAGIが社長を務めるレーベル事務所、GOD CHILD RECORDSがヨーロッパの古城や薔薇園をイメージした撮影スタジオ「Studio Rosarium」をオープンした。
Dといえば数あるヴィジュアル系バンドの中でも特に“世界観”にこだわったバンドだ。楽曲ごとにヴァンパイアの物語、アリスの物語、最新作の「道化師のカタルシス」ではサーカスや童話の世界など、さまざまなイメージを打ち出して活動している。そんなDの中心人物、ASAGI自らがこだわり抜いて作ったのが、この「Studio Rosarium」。今回BARKSではASAGIから招待を受け、オープンしたばかりの「Studio Rosarium」へお邪魔してきた。

  ◆  ◆  ◆

「Studio Rosarium」は3階建のビルの2階、3階にある。2階への階段を登りスタジオへのドアを開けると……ASAGI、そして狼がエントランスホールで出迎えてくれた。このエントランス、壁は古城を思わせる石造りのイメージで、天井を見上げれば星空にブラッドムーン(月食によって赤銅色になる月)が浮かんでいる。
──受付ホールの時点で、既に重厚な雰囲気ですね。

ASAGI:ようこそおいで下さいました。受付ホールから続く2階は、「シュヴァルツヴァルトの獣」というフロアで、エントランスは古城の外、扉を開けた先が王の間、というイメージになっています。なので今いるここは、外のイメージ。壁は古城の外壁で、上を見上げればブラッドムーンが輝く夜空が見える、というストーリーになっているんです。そして門を守る番人として、エントランスには狼のドアノッカーと甲冑を置いています。

──あぁ、なるほど。足を踏み入れた瞬間に、物語の世界に入れるような工夫がなされているんですね。

ASAGI:そうです。そして王の間へと続く扉は、ヨーロッパアンティークです。本物のアンティークは、やっぱり重厚感がありますよね。ちなみにこの狼のドアノッカーは、もともと真っ黒だったんですが自分で塗料を塗ったりヤスリをかけたりして、風合いを出しました。
──そんな細かい作業まで、ご自身で!

ASAGI:好きなんですよね。でもこういう風にひとつひとつこだわったせいで、オープンが二か月押しちゃいました(笑)。
──では早速「シュヴァルツヴァルトの獣」フロアへ。まず入ってすぐに素敵なキャビネットとソファー、カーテンが目を引きます。

ASAGI:この一角はヴァンパイアの世界観です。キャビネットは1890年代のイギリスのアンティーク家具で、ゴシック調の細かな装飾がとても気に入っています。そして反対側にはウィリアム・モリスのカーテン。僕、詩人でありデザイナーであるウィリアム・モリスがすごく好きで。キャビネットの鏡にこのリンクしたイギリスの同じ時代が映し出される様子が素敵でしょう? そしてカーテンボックスはヴァンパイアの世界観を演出するために、コウモリの形のオリジナルカットになっています。
──こちらの円卓は?

ASAGI:ヨーロッパでは騎士たちが天井に一輪の薔薇を吊るし、円卓で秘密の会合を行なったというお話があって。そのイメージで円卓の上には薔薇の一灯シャンデリアを吊るしました。ここはテーマをDのオンサインサロン「Sub Rosa」(DはDMM.comにてヴィジュアル系バンド初となるオンラインサロンを発足)ともリンクさせています。スタジオの名前が「Rosarium」ということもあって、フロアの真ん中に象徴となる薔薇を置くことは決めていました。ただ、薔薇の一灯シャンデリアってなかなか無くって…………やっと辿り着いたのがこの約100年前のフランスアンティークです。ルイ16世スタイルの品ですね。凄く気に入っています。

──ひとつひとつの調度にちゃんと意味があるんですね。

ASAGI:意味のあるものを置かないと、どこかで絶対世界観が壊れてしまう。アンティーク“調”の家具っていうのは簡単に手に入るんですよ。でも「Studio Rosarium」としてはそれじゃダメなんです。場所が八王子なのでアクセスが難しい方もいると思う。だからこそ、ここまで足を運ぶ価値を作らなければ。棚に置いてある小物なんかも、僕自身がアンティークショップなどを巡ったりしてセレクトしています。
──……さすがにこちらは本物の棺桶ではないですよね?

ASAGI:あ、そうですね。こちらはD結成の頃に作ったものなので14〜15年物かな(笑)。Dのミュージックビデオにも登場しているものです。ちなみにこちらの空間は“ヴァンパイアが眠る棺桶の間”。カーテンもヴァンパイアのマントをイメージしています。そしてこちらの間にはファンの方から頂いたアンティークの薔薇の絵を飾ってあります。Dが16周年ということで、16本の薔薇が描かれた年代物の絵画で。こういう気持ちが、嬉しいですよね。
──そして一際目を引く、玉座が。

ASAGI:玉座のあるスタジオってあまりないので。この玉座は、Dのライブでも使用しています。会社の倉庫にはまだまだ可愛いものが残っているので、今度少しずつ持ってこようかなとも考えています。

──進化していくんですね。そしてここもカーテンがすごく綺麗。

ASAGI:ドレープも全部、さる高貴な方や有名なテーマパークなども手がけている日本一のカーテン屋さんにお願いして作ってもらいました。これ、その辺のカーテン屋さんではなかなか表現できないんです。

──そうですよね……!

ASAGI:スタジオを作る際に、“どこから見てもバランスが良くなるように”ということをすごく考えたんです。「この一角だけこの世界観」「別の一角はまた違う世界観」というパターンはよくあるんですが、「Studio Rosarium」はそうではなくて、このワンフロアがどこから見ても美しいという感じにしたくて。最初はここもただのコンクリート打ちっ放しの空間だったんですが、シャンデリアの位置や天井、緻密に計算して全てを作り込みました。結果、撮影だけではなくて優雅で特別なお時間を過ごす為のフリースペースとしてもお使いいただけると思います。

──そもそもここまでこだわってスタジオを作ろうと思った理由は?

ASAGI:撮影でいろんなスタジオに行っているうちに、「ああしたいな」「こうだったらいいのに」というのが出てきたので、いつかやりたいなとはぼんやり考えていたんです。でもやる前提ではなかったので具体的動いていたわけではないんですが。そんな中で、メンバーとファンでイベントができる場所が欲しいなと思うようになって。そこでスタジオ……ではなくて、最初、森を探していたんですよ。

──森!?

ASAGI:はい(笑)。Dはよく森で撮影もしますし、撮影の他にもキャンプとかアコースティックライブができたらいいなと。バーベキューもしてみたかったですし。

──Dにバーベキューのイメージがありませんでした。

ASAGI:Dには火を囲んで歌っているイメージの「夜の眼と吟遊詩人」という曲があるので。山や森を買おうと探していたんですが、やっぱり管理が大変で、天候に左右されるというのも気になったので、スタジオを作ろうというところに落ち着いたんです。

──スケールが壮大です。続きのお話は、三階を案内してもらいつつ伺いたいと思います。
ちなみに洗面所にはニューシングル「道化師のカタルシス」のミュージックビデオでも使用された仮面が飾られている。
──こちらの階段も、雰囲気がありますね。

ASAGI:僕の描く世界にはたくさん獣人が出てくるんですけど、その世界観を表現したいなと思って。個人的にすごく気に入って集めていたプレートを飾りました。一番お気に入り? 手前のウサギが特に好きかな。でもみんな可愛いから決められない……。
──そして階段をのぼった先に、このカルーセル(回転木馬)が。

ASAGI:これも超お気に入りです。「ヴァイスヴァルトの花嫁」フロアの中にはニューシングル収録曲「オーガを喰らった牝猫の奇術師」のインスピレーションにもなったミニチュアのカルーセルもあるので、あわせてチェックしてください。

──こういった“可愛い”の感性って、どこから出てくるのでしょうか。

ASAGI:培ってきたもの、としか言えないですね。僕にとってスタジオを作ることと、曲の世界観を作ることはすごく似ているもので。曲や歌詞を作る時と同じく、頭の中で思い浮かぶ世界をリアルで具現化しているだけなんです。それが、ここに来て“オトメン”の感性が爆発しちゃった(笑)。
──つまり「Studio Rosarium」を訪れるということは、ASAGIさんの思考に触れること、とも言えそうですね。

ASAGI:そうですね。全てを自分でコーディネイトしましたから。このひし形のグリーンウォールも自分でカットして、大工さんにお願いして配置したりしました。

──これだけこだわりがあると、大工さんも楽しかったのでは。

ASAGI:そうだと思います。凄く楽しいと言ってくれてプライベートでも家族で来たいと言ってくれています(笑)。最初は細かく計測しながら配置していたんですが、最終的には僕の感性で配置していましたし。僕、昔、建築現場でバイトしてたこともあるんで、意思疎通もスムーズでした。

──そもそも建築の知識もあったんですね。それにしても、ここまでご自身で作り上げているとは。

ASAGI:僕、曲のミックスバランスとかでも0.2dB単位で調整したりするんですけど、その細かさがスタジオにもまた出たなって思いました。バランスが気になって仕方ない。ここに来るたびにカーテンのドレープ直しちゃったり(と、言いながらドレープを整える)。椅子の位置がちょっとでもズレてたら気になっちゃうし。自分でもちょっと特殊かなって思うくらいです(笑)。

──でもそういう細部への几帳面さって、全体に出ますもんね。

ASAGI:そうそう。ひとつひとつは些細なことでも、全てがバシッと決まった時ってすごく気持ちいいんですよね。
──こちらの「ヴァイスヴァルトの花嫁」は、どのようなイメージで?

ASAGI:「花嫁」ということで、ガーデンウエディングやコテージガーデンをイメージしました。2階と同じく扉を開けて外と中、というロケーションにしたかったので、ホール部分は薔薇園です。フロア内には大きなテーブルとキッチンカウンターもあるので、撮影だけではなくお茶会なんかにも利用してもらえたらと思っています。
──気に入っている部分は?

ASAGI:奥に置いた2脚のアンティークの椅子です。右のほうはブリティッシュオークを使ったジャコビアン様式のもの。左は19世紀のフランスのもの。ディテールがすごく可愛くないですか? これを白のカーテンの前に置くことで、細部まではっきり見える。この配置しかないなと思って椅子を置いた瞬間に「この位置しかない!」って思いました。この椅子はドールの撮影なんかにもぴったりかと思いますね。
──なるほど。

ASAGI:そして、自然光で撮影ができるというのも大きなポイントです。このフロアではバルコニーから採光が確保できます。自然光で撮影したのが上の写真ですが、これはこれでいい光の回り方だと思います。シャビーシックな雰囲気も出ると思いますよ。
──こうしてスタジオを案内していただいて、改めてASAGIさんの作る世界はとても素敵だと思いました。今後やってみたいことはありますか?

ASAGI:ありがとうございます。そうですね、ソロの浅葱名義では和の楽曲をリリースしていることもあって、いつか和風スタジオを作ってみたいと思っています。そしていつかは森も手に入れたいですね(笑)。スタジオ以外にも様々構想はあるのですが、あくまでも常に音楽を主軸に置いて、あれもこれもとならないように、ひとつひとつ着実に行きたいですね。自信はありましたが、ひとまずスタジオの評判も上々でひと安心しています。

──色々と実現して欲しいです。

ASAGI:今はCDが売れない時代だから、ミュージシャンがクオリティの高いものを拘って作ろうと思うと凄く難しい。だからこそ音楽を続ける為にはCDを売ることはもちろん、それ以外の何かにもどんどん挑戦し続けなくてはいけない。「Studio Rosarium」も、そのひとつです。ただ、決して本業の音楽を疎かにしているわけではなく、本業の音楽を続ける為にやっていること。だから音楽の時間を削るのではなく、プライベートを削ってなるべくお仕事に当てていますね。それは僕がコンスタントにリリースをしているという事実が物語ってくれるんじゃないですかね。スタジオの打ち合わせが一番忙しい時期に組曲「狂王」を作ったので、この話を信用できない人はひとまず「狂王」を聴いてもらえればいいかと。そしてなんでもそうだと思うのですが、自分自身も好きなことでなければ長くは続かない。だから好きなことで自身もメンバーにもファンにもスタジオのお客様にも満足してもらえるものを作るために、今後もいろいろなことに挑戦して様々な面で進化し続けていきたいと思います。
最後に「Studio Rosarium」店長の井上さんと。スタジオの詳細は、公式サイト(http://www.god-child-records.com/rosarium/)からお問い合わせください。

取材・文◎服部容子(BARKS)
写真◎尾藤能暢
「Studio Rosarium」
GOD CHILD RECORDSが運営する撮影スタジオ兼レンタルスペース「Studio Rosarium」6月8日オープン。
オープン記念キャンペーン実施中・予約受付中。
ヨーロッパの古城や薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペース。
コンセプトごとに2F(シュバルツバルトの獣)、3F(ヴァイスヴァルトの花嫁)の2フロアで展開。
現実世界とは異なるもう1つの世界。ファンタジーを愛する者らが集う幻想的な空間を演出。

Studio Rosarium
〒192-0903 東京都八王子市万町117番地6 田倉ビル2F/3F
営業時間 9:00~22:00 (時間外相談可) TEL:042-686-1991 (9:00~22:00)
※ご予約に関しましては、HPの予約受付フォームからお願い致します。
※固定電話が繋がりにくい場合は携帯までよろしくお願い致します。080-9573-7874(担当:井上)

詳細はこちら
「Studio Rosarium」HP
http://www.god-child-records.com/rosarium/


「道化師のカタルシス」
2019年7月10日(水)Release

■CD+DVD(TYPE-A)※豪華ブックレット仕様
品番:YICQ-10416/B
価格:¥2,400(本体価格)+税
[Disc-1(CD)]
1. 道化師のカタルシス
2. オーガを喰らった牡猫(ねこ)の奇術師
3. アンフィテアトルムはクロワッサンの夜に(Instrumental)
[Disc-2(DVD)]
1. 道化師のカタルシス(Music Video)
2. 道化師のカタルシス(Music Video Making)

▲CD+DVD(TYPE-A)

■CD(TYPE-B)
品番:YICQ-10417
価格:¥1,500(本体価格)+税
[CD]
1. 道化師のカタルシス
2. オーガを喰らった牡猫(ねこ)の奇術師
3. ミシュマシュ
4. 道化師のカタルシス(Instrumental)

▲CD+DVD(TYPE-B)

初回特典(封入)トレーディングカード(全7種中1種ランダム封入)


「道化師のカタルシス」 発売記念インストアイベント
7月12日(金) 埼玉・HMV 大宮アルシェ
7月14日(日) 東京・SHIBUYA TSUTAYA
7月14日(日) 東京・タワーレコード池袋店
7月15日(月・祝) 東京・ littleHEARTS.新宿店
7月15日(月・祝) 東京・タワーレコード 新宿店
7月24日(水) 広島・タワーレコード 広島店
7月27日(土) 福岡・ミュージックプラザ・インドウ
7月27日(土) 福岡・HMV & BOOKS HAKATA
8月3日(土) 宮城・タワーレコード仙台パルコ店
8月3日(土) 宮城・littleHEARTS.仙台店
8月6日(火)北海道・ HMV札幌ステラプレイス
8月18日(日) 東京・HMVエソラ池袋
8月22日(木)大阪・ littleHEARTS.大阪店
8月25日(日) 愛知・タワーレコード 名古屋近鉄パッセ店
8月25日(日) 愛知・名古屋fiveStars


<D Tour 2019「道化師のカタルシス」>
7月17 日(水) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
7月19 日(金) 高崎club FLEEZ7/
7月25 日(木) 広島SECOND CRUTCH
7月26 日(金) 福岡DRUM SON
7月29 日(月) 神戸VARIT.
8月02 日(金) HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
8月04 日(日) 仙台CLUB JUNK BOX
8月07 日(水) 札幌cube garden
8月08 日(木) 札幌cube garden
8月11 日(日) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
8月12 日(月・祝) 金沢AZ
8月17 日(土) HEAVEN'S ROCK宇都宮 VJ-2
8月23 日(金) OSAKA MUSE
8月24 日(土) 名古屋ell. FITS ALL

[TOUR FINAL]
8月29 日(木) 赤羽ReNY alpha

【料金】
オールスタンディング ¥5,000 (税込¥5,400 / D別)
8/29 (木) 赤羽ReNY alphaのみ ¥5,500 (税込¥5,940 / D別)
※3歳以上チケット必要
一般発売日 : 6月15日(土)AM10:00~

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」