7月6日 at 豊洲PIT

7月6日 at 豊洲PIT

【PRIZMAX ライヴレポート】
『PRIZMAX Live Level 8
~CIRCUS~』
2019年7月6日 at 豊洲PIT

7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
7月6日 at 豊洲PIT
 ダンス&ヴォーカルユニットPRIZMAXが7月6日、豊洲PITにてワンマンライヴ『PRIZMAX Live Level 8 ~CIRCUS~』を開催した。本公演は今年3月に新メンバーのケビン、森 英寿、小川史記が加入し7人組となった新生PRIZMAXのお披露目となる重要なライヴ。ヴォーカルの森崎ウィン、ケビン、森 英寿、パフォーマーの清水大樹、福本有希、島田 翼、小川史記の7人は、大勢のホリック(ファンの呼称)とともに熱気みなぎるステージを繰り広げた。

 ダンスビートと森崎ウィンの絶唱が響き渡る「Light The Night」からライヴはスタート。気合いたっぷりで一体となった7人のパフォーマンスに歓声をあげて応戦するホリック(ファンの呼称)に、新生PRIZMAXは今までと違う魅力を次々と発揮していく。ワイルドさ、やんちゃ感、大人な妖艶さがプラスされたステージングは新鮮で、ヴォーカル組の森崎、ケビン、森 英寿の美しいハーモニーもプリズの新たな強力な武器となっていた。ソロをフィーチャーしたコーナーではケビンがピアノ演奏を聴かせたり、新メンバーだけのブロックがあったりと、メンバーそれぞれの個性をしっかりと提示。演出面でも趣向が凝らされ、「カフェオレ」は会場にコーヒーの香りが漂ったり、「Pleasure」で島田 翼がDJプレイしたりと場面に合ったスタイルで楽しませる。

 ライヴのラストスパートはパワフルなダンスチューン「DANCE」でホリックとゾンビダンスを踊って一体感を作り上げ、切なく明るいメロディーの「Sweet Goodbye」では客席がスマートフォンのライトを掲げ、美しい輝きで会場がひとつになって終了。アンコールに突入すると、フロアーはますますヒートアップ! 森崎が“これからもみなさんとひとつの空間、ひとつの時間をもっともっと共有していきたいです”と語り、最後の曲「if you」が披露される。前向きな想いをさわやかなメロディーで届け、会場全体がいいヴァイブスに包まれてライヴを締め括った。

 まさに大変身を遂げたPRIZMAX。躍動感と楽しさとカッコ良さみなぎるライヴは、グループのこれからの可能性をたっぷりと感じさせた。

撮影:笹森健一/取材:土屋恵介


セットリスト

  1. 1.Light The Night
  2. 2.DADADADADADA
  3. 3.Mysterious Eyes
  4. 4.Candy
  5. 5.夢唄
  6. 6.South Cross
  7. 7.rewind
  8. 8.WHO
  9. 9.I hate you
  10. 10.yours
  11. 11.春空
  12. 12.Orange Moon
  13. 13.Someday
  14. 14. Never
  15. 15.カフェオレ
  16. 16.Truth
  17. 17.BAD LOVE
  18. 18.Ignight
  19. 19.Pleasure
  20. 20.Sing it!
  21. 21.Just Revolution
  22. 22.Woh!
  23. 23.my girl
  24. 24.Three Things
  25. 25.Memory
  26. 26.DANCE
  27. 27.Sweet Goodbye
  28. <ENCORE>
  29. 1.HUG & KISS
  30. 2.Ready
  31. 3.UP<UPBEAT
  32. 4.If you
PRIZMAX プロフィール

プリズマックス:2002年結成。10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加。13年3月に結成10周年を迎え、ダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。R&B、ヒップホップ、ファンクなどの要素を取り入れた音楽性から、国内外問わず多数のフェスから声が掛かるなど、活動の幅を広げている。19年、新メンバーを迎えて7人体制になったと同時に、グループ名を全て大文字表記の“PRIZMAX”に改名。新体制初の作品となるアルバム『FRNKSTN』を同年4月にリリース。PRIZMAX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着