coldrain、2年ぶりとなる待望のNEW ALBUM『THE SIDE EFFECTS』8月28日に発売決定!

coldrain、2年ぶりとなる待望のNEW ALBUM『THE SIDE EFFECTS』8月28日に発売決定!

coldrain、2年ぶりとなる待望のNEW
ALBUM『THE SIDE EFFECTS』8月28日に
発売決定!

待望のアルバム発売が決定!

世界基準のラウドロックサウンドでシーンの中核を担ってきたcoldrain
今夏の発売がアナウンスされていた、およそ2年ぶりとなる6th Full Album『THE SIDE EFFECTS』のリリースが8月28日に決定!アルバム詳細、トラックリストが公開となった。
coldrain "機動戦士ガンダム"アーケード・ゲーム使用曲『REVOLUTION』配信!
https://utaten.com/news/index/19058

ますます活躍の場を広げる彼ら
今年はEUの最大級フェスROCK AM RING/Rock Im Park(ドイツ)やPinkpop Festival(オランダ)、Download Festival(UK)にも出演し、6月にはEUヘッドライナーツアーも成功させるなど、海外のオーディエンスも熱狂させているcoldrain。
国内では9月から全国を回るワンマンツアーを控え、さらに2020年2月には、地元名古屋で自身初となる主催フェスの開催を表明。
結成12年目にして、いま最も勢いが増す中でドロップされる新作は、前作に続きプロデュースにIncubus、SLASH、STORY OF THE YEARなどを手掛けたMichael "Elvis" Basketteを起用。
彼らが貫いてきたメロディアスなラウドロックをベースにしながらも、独自の表現方法がちりばめられた静と動を併せ持つスケール感のあるサウンドで、ラウドロックシーンに括られない、ジャンルレスな作品となっている。

同アルバムから新曲『COEXIST』MV公開&先行配信スタート!
▲coldrain『COEXIST』(Official Music Video)
アルバムはアーケード・ゲーム"機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2"タイアップ曲『REVOLUTION』含む、全12トラック。生産限定となる、Tシャツ他のスペシャルグッズ同梱コンプリートBOXの販売も予定されている。

そして、本日の情報解禁に合わせ、同アルバムから“THE SIDE EFFECTS” (副作用)発症の媒介となる最新楽曲『COEXIST』のMUSIC VIDEOが公開!
各音楽配信サービスでの先行配信もスタートしているのでぜひチェックしてほしい。
▷『COEXIST』配信についてはこちら
MVのストーリーが気になる!
<UtaTen編集部からのコメント>
海外でもその圧倒的な実力を評価されている「coldrain」の皆さん。ボーカルのMasatoさんの、英語でも直接心に訴えかけてくるエモーショナルな歌声は、まさに日米両国籍を持つ多彩な彼だからこそなせる技だと思います!
今回、およそ2年ぶりとなる6th Full Album『THE SIDE EFFECTS』のリリースが決定しましたね!私もcoldrainさんが大好きなのでとても嬉しいです♪
また、そのアルバムの中から新曲『COEXIST』のMVも公開とあって、こちらも見逃せませんよ!!切なさと激しさを兼ね備えた美しくも悲しげなサウンドと、力強く伸びる歌声に引き込まれます☆
映像で写っている謎の人物、彼の最後のシーン、この後に何が!?と思わせる演出が気になって仕方がありません…!続きが欲しい!!
是非とも曲とともに、映像の中に出てくる人物のストーリーも考えてみてはいかがでしょうか♪

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着