ニール・ヤング、50年以上の友人、マ
ネージャーの死を追悼

ニール・ヤングの長年のマネージャー、エリオット・ロバーツ氏が6月21日、76歳で亡くなり、ヤングが追悼の言葉をオフィシャル・サイト(Neilyoungarchives.com)に掲載した。
「50年以上に渡る僕の友人、エリオット・ロバーツが亡くなった。僕らはみんな、悲しみに打ちひしがれている。でも、エリオットがどれほど素晴らしい人間だったか伝えたい。自分のことは考えず、他人を優先する。50年以上の友情、笑い、僕の人生のマネージメント、僕らのアートを守る上で、彼がしたのはそれだった」「世界のどこであろうが、ほかの業務があろうが、彼はできる限り、常にステージの横にいてくれた。エリオットは並外れた機知に富みこの世で一番面白く、愛で溢れていた。彼が何を言い出すかわからなかったが、ほとんど常に笑いが訪れた」

「エリオットは長い間、この世界で僕のベスト・フレンドだった」「僕らは毎日話してた。日に何度も電話することもあった。口論、検討、計画、共有。彼は僕のためにそこにおり、僕の音楽を守ってくれていた」「僕にとってこの世界は永遠に変わってしまった」「エリオット・ロバーツは史上最も偉大なマネージャーだった。エリオット、ギグで会おう」

ロバーツ氏は、ジョニ・ミッチェル、ボブ・ディラン、クロスビー、スティルス&ナッシュ、トム・ペティ、イーグルスらをマネージメントしていたこともあり、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、アメリカ、シェリル・クロウらからも追悼の言葉が上がっている。
この投稿をInstagramで見る

RIP #ElliotRoberts You will be missed old friend.

Slashさん(@slash)がシェアした投稿 -

パール・ジャムのマネージャー、ケリー・カーティス氏は、「多くのマネージャーが僕からパール・ジャムを取り上げようとする中、エリオットは僕に素晴らしい忠告をくれた…自分のバンドのことで謝罪するなと…。あるとき誰かが彼に、なぜ僕にそんなにナイスなんだって訊いた。すごくエリオットらしく、彼はこう答えてた。“冗談だろ? 彼は明日、バスに轢かれるかもしれない。そうしたら、僕がパール・ジャムを手に入れることができるじゃないか”って。僕が隣にいたんだけどね…。笑っちゃったよ」と綴った。
Ako Suzuki
この投稿をInstagramで見る

RIP #ElliotRoberts You will be missed old friend.

Slashさん(@slash)がシェアした投稿 -

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」