Night Tempo

Night Tempo

Night Tempo、
オフィシャル・リエデ ィット企画
第二弾は杏里

韓国のプロデューサー/DJ、Night Tempo。今年 4 月にリリースしたアイドル・デュオ最高峰、Wink の 往年の名曲の公式リエディットに続く第二弾に選んだのは、昨今の所謂「シティー・ポップ」シ ーンでは女神として崇めたてられている、70 年代後半から活動を続けるポップ・アーティストの 代名詞=杏里

『杏里 - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』と銘打った第二弾作品には、シティー・ポッ プ・シーンで人気の「Remember Summer Days」を始めとする以下 4 曲が、Night Tempo の手に よりフューチャー・ファンクにアップデートされ収録されている。

1. Remember Summer Days
当時のアルバムには未収録ながらも、大ヒット・シングル「悲しみがとまらない」の B 面にのみ 収録されファンには知られた 1 曲。リスペクトする角松敏生氏による洗練されたサウンドが特徴 のミディアム・ファンク。

2. Lady Sunshine
83 年発表のアルバム『Bi・Ki・Ni』収録曲。オリジナルはグルーヴィなベース・ラインと派手な ブラス・セクションに表れるような、角松敏生氏の御家芸であるディスコ・ファンク・サウンド が前面に出たサマー・チューン。

3. Love Is A Two Way Street
オリジナルは当時一世を風靡したニュー・ジャック・スイング/ブラック・コンテンポラリーの サウンドを取り入れたダンサブルなトラックが印象的な、93 年発売の「1/2&1/2」収録曲で、作曲 は杏里本人によるもの。

4. Groove A Go Go
ロサンゼルスでのレコーディングを敢行し、TOTO のジェフ・ポーカロや E,W&F のフィリップ・ ベイリーなど豪華ミュージシャンが参加した 89 年発表作品「CIRCUIT of RAINBOW」収録曲。ド ラマ「ハートに火をつけて!」の主題歌に起用された R&B ナンバー。

ジャケット・アートワークは前作に続き、Night Tempo とタッグを組んで活動している韓国のレ トロ・ペインティング・アーティスト: tree 13によるもの。新宿「ビームスジャパン」で 6 月に開催されている「2050 年のファンシーショップ」をコンセプト にしたポップアップイベント『menmeiz.com』でキュレーターの一人に抜擢されるなど、ファッ ション・シーンからも熱い注目を集める新鋭イラストレーターだ。

【Night Tempo コメント】

City Pop, Future Funk 世界の重要人物=「杏里」さんの素敵な夏のアンセムでオフィシャル・昭和 グルーヴを作ることができて、感激しました。 僕の神=「角松敏生」さんがプロデュースした「Remember Summer Days」「Lady Sunshine」 と、隠れた名曲「Groove A Go Go」「Love Is A Two Way Street」まで! 
最高な夏です。
配信楽曲「杏里 - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」2019年7月24日(水)配信
    • <収録曲>
    • 1. Remember Summer Days (Night Tempo Showa Groove Mix)
    • 2. Lady Sunshine (Night Tempo Showa Groove Mix)
    • 3. LOVE IS A TWO WAY STREET -近未来の感動- (Night Tempo Showa Groove Mix) 4. Groove A・Go・Go (Night Tempo Showa Groove Mix)

【イベント出演情報】

『フジロックフェスティバル'19』
7月28日(日) RED MARQUEE “SUNDAY SESSION" 及び GANBAN SQUARE

Night Tempo
配信楽曲「杏里 - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着