メリーが6月14日、東京・日本橋三井ホールにて<メリー ONE MAN TOUR 2019「for Japanese sheeple」 -FINAL->を開催した。
4月にリリースされたミニアルバム『for Japanese sheeple』に伴うこのツアーは、各地でさまざまな色彩を帯びながら展開。早い段階からソールドアウトとなった彼ら初の日本橋三井ホール公演は、ツアーファイナル特有の盛り上がりを見せていた。
ツアーファイナルのこの日は、久々のホールの舞台に立つガラ(Vo)、結生(G)、健一(G)、テツ(B)、ネロ(Dr)の姿がまぶしい。『for Japanese sheeple』の核となる「Toxicosis Island」で幕を開けると、序盤から「finale」「Carnival」といった熱狂曲で観客の心に火をつけた。
瞬発力と叙情性が交互に顔を覗かせるのがメリーの良さ。彼らにしか出せない場末感が漂った「東京テレホン」やオーディエンスとの合唱が際立ったアンコールの「群青」などは、この夜のハイライトの一つだった。と同時に、「Kamome Kamome」や「最後の晩餐」といったミニアルバムからの楽曲が、ライヴを重ねるにつれて、更なる化学反応を起こしそうな気がして、今後の楽しみとなった。予定外のダブルアンコール「ジャパニーズモダニスト」にありったけの力を込めたメリーの5人の未来を見守っていきたい。
既報の通り、メリーは7月の浅草花劇場を皮切りに<メリー東京圏沿線GIG #1 敷かれたレール ~銀座線編~>を開催することが決定している。銀座線沿線の会場で行なわれるこのシリーズは、会場によって、バンド形式かアコースティック形式のライヴを楽しめる趣向となっている。
また、この夜、<メリー18周年記念公演「ノスタルジヰ」>の開催も発表された。2001年のメリー結成から18周年を迎える11月7日の恵比寿LIQUIDROOMを皮切りに、11月23日と24日は神戸・クラブ月世界、12月28日はメリー初の地方ホール公演となる愛知・豊橋市公会堂にて開催。過去を懐かしむだけでなく、未来に向けて叫び続けるメリーの濃厚な4日間になる。
文◎志村つくね
写真◎中村 卓

<メリー東京圏沿線GIG #1 敷かれたレール ~銀座線編~>

7月27日(土)浅草花劇場(CORE限定)
7月28日(日)浅草花劇場
8月3日(土)銀座TACT ※アコースティック
8月4日(日)上野音横丁
8月14日(水)新橋BLUE MOOD ※アコースティック
8月15日(木)赤坂天竺 ※アコースティック
8月20日(火)青山RizM
8月25日(日)渋谷ストリームホール

前売り¥5,000-(税込・D別)

MERRY ONLINE先行受付
6月29日(土)12:00~7月2日(火)18:00
http://www.sp-freewillonline.com/merry/
※受付期間中にご入会(月額会員登録)いただいた方も対象になります。

一般発売
7月7日(日)

<メリー18周年記念公演「ノスタルジヰ
」>

11月7日(木)恵比寿LIQUIDROOM ※客演有
11月23日(土)神戸 クラブ月世界 ※単独公演
11月24日(日)神戸 クラブ月世界 ※単独公演
12月28日(土) 愛知 豊橋市公会堂 ※単独公演
※詳細近日発表

ライブに関するお問い合わせ
NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:00~18:00)

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」