ジミー・ペイジ、1965年のエリック・
クラプトンとの思い出を振り返る

最近、当時の写真や映像と共に「○○年のこの日」と、過去を振り返る投稿をしているジミー・ペイジが、6月18日、54年前のこの日にあったエリック・クラプトンとの思い出を綴った。
「1965年のこの日、ロンドン、パットニーにあったポンティアック・クラブにジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズを観に行った。あれは、エリック・クラプトンの素晴らしく熟達したブルース・ギターのショーケースだった。エリックはその晩、僕の家に泊まりに来て、僕は自分のSimonレコーダーから生じる録音物やギター・サウンドについて彼に語った。僕らは一緒にプレイし、それらの曲はImmediate Recordsからリリースされた『Blues Anytime』シリーズで表に出た。僕はメイオール、クラプトンと共に“I'm Your Witchdoctor”と“Telephone Blues”、それに“Sitting On Top Of The World”“Double Crossing Time”をプロデュースすることになった」
日記でもつけていたのだろうか、ペイジの記憶力は素晴らしく、「19○○年のこの日、“○○”をアコースティックでパフォーマンスした」「2003年のこの日、レッド・ツェッペリンのDVD『How The West Was Won』をプロモートするため日本へ行った」「1986年のこの日、レス・ポールの72歳の誕生日パーティーへ行った」「2010年のこの日、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンを観に行った」など、連日のように興味深い過去のエピソードが飛び出している。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。