永井裕子が20周年カウントダウンコン
サート開催、なでしこ姉妹の新曲も披

最新シングル「ねんごろ酒」が好調の永井裕子が6月12日、東京・渋谷区の渋谷区文化総合センター大和田・さくらホールで<夢道 Road to 2020>と銘打ったコンサートを開いた。

開演前、永井は「この日が来るのがあっという間でした。昨夜は、興奮してよく寝られませんでした。今日は、お客さまと楽しい時間を過ごしたいので、最後まで満足していただけるコンサートにしたい」と笑顔を見せながら気合十分。2000年6月21日に「愛のさくら記念日」でデビュー。同公演は、来年のデビュー20周年イヤーに向けてのカウントダウンとなる記念コンサートで、デビュー当時からの熱烈なファンら約700人が詰めかける中、「皆さま、ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。今日は、皆さま、それぞれの思いを込めてお越しくださったと思います。私も1曲1曲に様々な思いがあります。その思いが皆さまに届くよう精いっぱい歌わせていただきます。最後まで楽しんでください」とあいさつ。
新曲「ねんごろ酒」をはじめ、過去のシングル曲から「菜の花情歌」「松江恋しぐれ」「勝負坂」、前作シングル「海猫挽歌」、昭和の名曲カバーから「氷雨」雨の慕情」「アカシアの雨がやむとき」、アンコールでデビュー曲「愛のさくら記念日」など全22曲を熱唱。その中で、2015年発売のデビュー15周年記念シングル「雪國ひとり」のカップリング曲で、新1万円札の顔になる日本資本主義の父・渋沢栄一の自伝をモチーフにした「雨夜譚(あまよがたり)~渋沢栄一伝~」を約7分間にわたって歌唱。渋沢栄一については「最初は、正直言ってどんな人かよく知らなかったのですが、知れば知るほどすごい人でしたし、今回は新1万円札の顔になるということを聞いて、改めてすごい人だということを認識しました」と話していた。
また、同じレコード会社の井上由美子も駆けつけ、2人組ユニットでも活動中の「なでしこ姉妹」として、6月5日に発売した新曲「ハイヤが聞こえる港町」も披露。その井上は、新曲「想い出の路(みち)」も歌って、ステージに花を添えた。「なでしこ姉妹」として永井と一緒に新曲を披露した井上は「一歌手としては尊敬すべき先輩なので、裕子ちゃんとは呼べません。しこちゃん(永井裕子の呼び名)には、ありのままの彼女らしく20周年を迎えていただきたい」とエールを送っていた。

来年6月10日には、同会場で20周年コンサートが決定。20周年に向けて、「今年は、永井裕子を応援してきてよかったなと思っていただけるような1年にしたい」と意欲を燃やしていた。

(提供:サンニュース)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」