「aikoの詩。」最新オリコンCDアルバムランキングで1位を獲得!

「aikoの詩。」最新オリコンCDアルバムランキングで1位を獲得!

「aikoの詩。」最新オリコンCDアルバ
ムランキングで1位を獲得!

最新オリコン週間合算アルバムランキングで1位

aikoの自身初となるシングルコレクションアルバム「aikoの詩。」が6月12日(水)発表の最新オリコン週間合算アルバムランキングで1位を獲得し、CDアルバムランキングでも通算10作目の1位獲得となった。
本作は、1998年にリリースされた1stシングル『あした』から昨年リリースされた38thシングル『ストロー』までの、38枚のシングル作品の両A面シングルを含む表題曲を網羅した全42曲が3枚に収録され、シングルカップリング曲を1枚にまとめたカップリングベスト盤を含む4枚組だ。
Disc1〜3ではこれまでのシングル表題曲が時系列ではなく、aiko自身によって決められた曲順に並んでおり、Disc4にはaikoが厳選したカップリング曲が全14曲収録されている。

オフィシャルインタビュー公開
さらに、もりひでゆき氏による「aikoの詩。」オフィシャルインタビューがaiko official websiteにて公開された。
今回公開されたインタビュー内では、自身の幼少期の写真があしらわれたジャケット写真について語っているほか、「今回のアルバムができたことで、“私はここまでちゃんと息をして生きてこれたんやな”ってあらためて思えて。すごく感慨深くなりました。1曲ごとに、それを作った当時の自分のことが鮮やかに蘇ってもきますしね。そういう意味でも、まさに“人生のアルバム”やなって思います」と、これまでリリースされた全シングルと厳選されたカップリング曲を収録した4枚組となる自身初のシングルコレクションを振り返っている。
泣く泣く落選のハンコを
また、曲順について、「3枚のディスクに分けて収録したシングル(表題)曲は、3つのテーマでライブのセットリストを組むように並べていったんですよね。そこに関してはイメージしやすかったから案外、スムーズに決まりました。ただ、カップリング曲は選曲も含めてかなり大変で。収録時間の関係上、泣く泣く落選のハンコを押さなきゃいけない曲が出てくるのが本当に苦しくて仕方なかったです。ほんとはもっと入れたかった(笑)」と、時系列順でなく選定された曲順の選定理由についても明かしている。
オフィシャルインタビューではそのほかファンへのメッセージも掲載されているので、ぜひチェックしよう。
aikoは6月14日(金)にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」、6月15日(土)にはTBS系「CDTV」に出演予定なので、こちらも楽しみにしよう。
■aiko Single Collection「aikoの詩。」オフィシャルインタビュー-aiko Official Website
https://aiko.com/discography/15020.html

ジャケ写がとっても可愛い!
<UtaTen編集部からのコメント>
6/5に発売したばかりのaiko Single Collection『aikoの詩。』、ジャケ写に写っている小さな女の子は4歳ごろのaikoさんだそうです。ピアノを一生懸命弾く姿がとても可愛らしいですよね♪
そんなアルバムが最新オリコン週間合算アルバムランキングで1位を獲得しました!しかもCDアルバムで通算10作目の1位獲得なんです!今までリリースしたアルバム13枚中10枚が1位を獲得しているなんて凄いですよね♪
そして、今回公開されたオフィシャルインタビューですが、ジャケ写の話から始まり、aikoさんのアルバムへの思いや曲順へのこだわり、21年間活動してきたことへの思いなど、様々なことをaikoさんが語ってくれています。まだ読まれていない方は是非!

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」