朝花美穂、銀座の能楽堂でお披露目コ
ンサートで舞い歌う「東京だよ おば
あちゃん」

2018年5月1日に「なみだの峠」でデビューした演歌歌手の朝花美穂が、東京・GINZA SIXの観世能楽堂で、<二十歳の誓い! 東京だよ おばあちゃん 朝花美穂 お披露目コンサート>を開催した。
朝花美穂は、歌と踊りの舞台を務めていた祖母の勧めにより、3歳で初舞台を踏む。2014年に祖母が他界した後も、祖母の言葉を胸に稽古を続け、プロ歌手の道へ。デビュー曲「なみだの峠」の圧倒的な歌唱力に演歌ファンやカラオケファンの注目が集まり、3月6日に発売された2枚目のシングル「出世街道旅がらす」の売れ行きも好調だ。出身地である鳥取県米子市や島根県などでソロコンサートは行っていたが、東京では初のソロコンサートとなった。
コンサートは土生みさお(三味線)と辻本好美(尺八)の演奏で、北島三郎の名曲「風説ながれ旅」からスタート。朝花が舞台に現われると「美穂ちゃん!」「待ってました!」という声が方々からあがった。力強い見事な歌声で1曲目から観客達を魅了。「どうも皆様こんにちは! たくさんのお客様、足をお運びいただきまして、本当に嬉しいです。今日は天国のおばあちゃんもきっと見に来てくれていると思います。今日は感謝の気持ちを込めて、心を込めて最後まで一生懸命全力で歌わせていただきたいと思います」と可愛いらしい声で挨拶。その後は、6月5日に発売されたファーストアルバム『美穂の演歌名曲集』から「お初にござんす、朝花美穂」、「演歌魂」、デビュー曲「なみだの峠」に新曲の「出世街道旅がらす」などのオリジナル曲を、自己流の舞を合わせて披露。アルバム収録のカバー曲からは、「アンコ椿は恋の花」(都はるみ)、「いっぽんどっこの唄」(水前寺清子)、「つんつん津軽」(林あさ美)、「帰ってこいよ」(松村和子)、「知恵っ子よされ」(岸千恵子)など、難易度の高い曲を抜群の安定感で歌いこなした。特に自身も大好きだというセリフ入りの曲「大阪情話~うちと一緒になれへんか~」(中村美津子)や「瞼の母」(中村美津子)では情感たっぷりのセリフに高い表現力で、会場中を曲の世界へ引き込んだ。
和楽器コーナーでは、実力派の土生と辻本による、三味線と尺八のみの演奏で、童謡の「このみち」「赤とんぼ」に、マイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」という意外な選曲で会場を沸かせた。

ラストの「歌謡芝居 九段の母」(真木柚布子)は、太平洋戦争で英霊となった息子が祀られている靖国神社へ東北から訪れた老母の思いを歌った曲。20歳の朝花が杖を突いて歩く姿は本物の老女に見え、真に迫った歌唱と語りに涙する観客もおり、大喝采のエンディングとなった。お披露目コンサートの成功と、これからの期待を感じさせるステージだった。
取材・文:仲村 瞳

<二十歳の誓い! 東京だよ おばあちゃ
ん 朝花美穂 お披露目コンサート>

2019年6月8日(土) @東京・GINZA SIX 観世能楽堂
[ セットリスト ]
01. 風雪ながれ旅(北島三郎)
02. お初にござんす、朝花美穂
03. なみだの峠
04. アンコ椿は恋の花(都はるみ)
05. いっぽんどっこの唄(水前寺清子)
06. つんつん津軽(林あさ美)
07. 伯耆大山
08. がいな祭
09. 出世街道旅がらす
10. 演歌魂
11. 大阪情話~うちと一緒になれへんか~(中村美津子)
12. 瞼の母(中村美津子)
13. 帰ってこいよ(松村和子)
14. 知恵っ子よされ(岸千恵子)
15. 兄弟船(鳥羽一郎
16. 望郷じょんから(細川たかし
※和楽器コーナー(三味線、尺八) この道、赤とんぼ、Smooth Criminal
17. 歌謡芝居 九段の母(真木柚布子)

2ndシングル『出世街道旅がらす』

2019年3月6日発売
TKCA-91160 / 1,204円+税
[ 収録楽曲 ]
01. 出世街道旅がらす
 作詩:原文彦 作曲:宮下健治 編曲:伊戸のりお
02. がいな祭
 作詩:さとうしろう 作曲:宮下健治 編曲:伊戸のりお
03. 出世街道旅がらす (台詞無しVer.)
04. 出世街道旅がらす (オリジナル・カラオケ)
05. がいな祭 (オリジナル・カラオケ)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト