SKE48が16通りのセンターで会場を魅
了!MVPは満場一致で江籠裕奈に!

SKE48の壮絶な2018年夏に完全密着したドキュメンタリー映画『アイドル』。そのBD/DVD発売を記念した単独コンサート「ゼロポジ公演」が2019年6月10日にZepp Nagoyaで開催。

出演メンバーは江籠裕奈、古畑奈和らグループの中堅から若手に位置する16人。

“16通りのセンター”をコンセプトに、自ら選んだ“自分が一番輝ける曲”をセンターポジションでそれぞれ披露。選曲に込めた思いやセンターへの覚悟をステージ上で表現し、会場に集まった約1300人のファンを沸かせた。

牧野アンナ「どんな曲でもその色に染ま
っていた。絶対的な説得力がありました

また、この日一番輝きを放ったメンバーを決める特別企画も実施。審査は、SKE48に立ち上げから携わり、AKB48グループ楽曲の振り付けも数多く担当する牧野アンナ、ドキュメンタリー映画「アイドル」の舞台あいさつにも登壇した芸人・ユリオカ超特Q、SKE48のキャプテン・斉藤真木子の3人が担当。

その結果、「雨のピアニスト」をセンターで披露した江籠が満場一致でMVPに決定。「今日のステージは、気持ちだけは負けないようにしようとした公演でした。SKE48としての活動の中で、いったい何をしたらいいのだろうともやもやしていたのですが、このステージで1位を取れて本当にうれしいです!」と喜びを爆発させた。

審査員の牧野アンナは「どんな曲でもその色に染まっていた。絶対的な説得力がありました」と絶賛。

斉藤は「16人から一人を選ぶのは酷だった。みんなの良かったところ、10個以上言えます!」と後輩たちの頼もしさに涙を流した。

セットリスト

1「前のめり」センター:熊崎/歌唱メンバー:全員
2「恋を語る詩人になれなくて」センター:荒井/歌唱メンバー:全員
3「Escape」センター:野村/歌唱メンバー:全員
4「無意識の色」センター:井上/歌唱メンバー:全員
5「渚のCHERRY」センター:鎌田/歌唱メンバー:鎌田・北川綾・竹内・熊崎
6「雨のピアニスト」センター:江籠/歌唱メンバー:江籠・野島・野村
7「天使のしっぽ」センター:末永/歌唱メンバー:末永・佐藤・井上
8「Glory days」センター:後藤/歌唱メンバー:後藤・松本・北川愛
9「愛しきナターシャ」センター:谷/歌唱メンバー:谷・古畑・荒井
10「抱きしめられたら」センター:佐藤/歌唱メンバー:佐藤・鎌田・野島
11「私は私」センター:竹内/歌唱メンバー:竹内
12「微笑みのポジティブシンキング」センター:北川綾/歌唱メンバー:北川綾・江籠・古畑・谷・熊崎・松本・荒井・後藤・末永・井上・北川愛・野村
13「世界には愛しかない」センター:北川愛/歌唱メンバー:全員
14「ギンガムチェック」センター:松本/歌唱メンバー:全員
15「何度目の青空か?」センター:野島/歌唱メンバー:全員
16「ガラスを割れ!」センター:古畑/歌唱メンバー:全員
17「強き者よ」歌唱メンバー:全員
18「アイシテラブル!」歌唱メンバー:全員
19「SKE48」センター:江籠/歌唱メンバー:全員

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」