【インタビュー】秋元康プロデュース
のザ・コインロッカーズ、遂にデビュ
ーSG発売「こんなスタイルのグループ
は世界に一つ」

秋元康が総合プロデューサーとして新たに立ち上げた総勢39人のガールズバンドプロジェクト、ザ・コインロッカーズが日本テレビ系土曜ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の主題歌であるデビューシングル「憂鬱な空が好きなんだ」を6月19日にリリースする。ザ・コインロッカーズは楽曲ごとの世界観に合わせ、歌唱・演奏メンバーを選抜していくという異例のスタイル。固定のメンバーによるバンドとは一線を画す、プロジェクト方式で活動を行っていく。現在、彼女たちはZepp Tokyoでの選抜メンバーお披露目(無客会見)からちょうど1年後の2019年12月23日に同会場で開催されるライブのソールドアウトを目指すべく、150本にも及ぶ全国ツアー<SHOWCASE LIVE>を各地のライブハウスで開催中だ。

今回BARKSでは、1stシングルの選抜メンバー9名の中から松本璃奈(Vo.)、絹本夏海(Gt.)、有働優菜(Key.)、森ふた葉(Dr.)の4人にインタビュー。オーディション応募の動機から、39人がファミリーのごとく結束する結果となったスパルタ(?)合宿のエピソードや弾丸で行ったロンドンでのミュージックビデオ撮影中の裏話、前代未聞のガールズバンドに賭ける想いなどをたっぷり語ってもらった。


◆松本璃奈、絹本夏海、有働優菜、森ふた葉 画像

  ◆  ◆  ◆

■ 今まで、つまらない生活を送っていた(絹本夏海)

── TVドラマ『俺のスカート、どこ行った?』の主題歌として1stシングル「憂鬱な空が好きなんだ」がオンエアされて、かなり忙しくなっていると思いますが、どんな気持ちで毎日を過ごしていますか?

松本璃奈(以下松本):選抜発表の後は練習や取材、撮影もさせていただいて忙しくなりましたが、それが楽しいですし、やりがいを感じています。

絹本夏海(以下絹本):私は今まで、つまらない生活を送っていたので……。

── というと?

絹本:一人でゲームとかしていたのがガラッと変わって、毎日バンドの活動があること自体が嬉しいです。

有働優菜(以下有働):私は小1の頃からピアノを習っていて音楽が生活の一部だったんです。今は高3なので学校との両立は大変ですけれど、大好きなことを仕事にできていることが嬉しいし、楽しいですね。

森ふた葉(以下森):私は上京(兵庫県出身)したこともあって環境がガラッと変わって、今はドラムのことしか考えられないですね。選抜メンバーに選ばれてからはザ・コインロッカーズを盛り上げていきたいという気持ちでいっぱいです。


▲Single「憂鬱な空が好きなんだ」通常盤

── ザ・コインロッカーズは楽曲ごとに世界観に合わせてメンバーを選抜していく形式の前例のない大所帯のバンドプロジェクトですよね。オーディションに応募したときの気持ちとかきっかけは?

松本:私は中学生のときからずっとアイドルが好きで、オーディションを何度も受けたんですけどダメで、高校生になってから軽音楽部に入ってバンドをやり始めたんですね。そしたら自分で歌ったり、曲をみんなで生み出すことが楽しくなって「いつかは音楽をやりたい」って。それで、大学受験が終わったときにザ・コインロッカーズのオーディションを見つけたんです。秋元康さんのプロデュースというのもアイドル好きだった自分にとってはビビッときて応募しました。

── ちなみにどんなバンドが好きなんですか?

松本:KEYTALKさんやTHE ORAL CIGARETTESさんが好きです。ガールズバンドだとSCANDALさんのコピーをしたりしてました。


▲松本璃奈

── 松本さんの中でアイドル好きとバンドをやっていたことが合致したんですね。絹本さんの場合は?

絹本:私も松本と同じようにアイドルが好きでオーディションを何度か受けたんですけど、落ちてばかりであきらめていたんです。ザ・コインロッカーズのオーディションを受けたのは大学1年の時なんですけど、学生生活を振り返ったら部活もやってなかったし「これといって頑張ってきたことないな」って思ったんですよ。19才になっていたので秋元さんプロデュースのオーディションを見つけたときは最後のチャンスだと思って。

── バンドスタイルであることはどう思っていたんですか?

絹本:バンドについてはあまり知識がなかったんですけど、だからこそ自分を変えられるんじゃないかなって。それで思い切って挑戦しました。


▲絹本夏海

── クラシックピアノを習っていた有働さんの場合は?

有働:私は高校生になってから軽音楽部に入ったんです。バンドではコピーばかりしてたんですけど、何人かで1つの曲を演奏する楽しさを知ったときにオーディションのことを友達のお母さんから教えてもらったんです。プロになりたいと思っていたのでキッカケになればと応募しました。

── 上京した森さんはどうでしょう?

森:私は子供の頃から和太鼓をやっていて、リズムを刻むこと自体が好きだったんです。中学では吹奏楽部に入ってパーカッションを担当して、(ドラムもやっていて)その頃から音楽に関係する仕事をしたいと思っていたんですけど、オーディションに落ちて、しばらくはドラムから遠のいた生活を送っていたんですね。今回は両親が以前から私がドラムを叩いているのを応援してくれていたこともあり、オーディションも見つけてくれたので応募しました。

── ブランクはあったものの打楽器一筋だったんですね。

森:そうですね。そこまで自信はなかったんですけど、楽器初心者でもOKだったということもあって応募してみたんです。

◆インタビュー(2)へ
■ 39人ホントに仲いいんです(森ふた葉)

── 約1万人の中から選ばれたわけですけど、受かったときはみんな、どんなテンションだったんですか?

松本:アイドルのオーディションはその場で“何番”って発表されることが多いんですけど、合否が郵送されてくるんですよ。各自の担当楽器が家に送られてくるのが合格通知だったので「よっしゃあ!」みたいな感じで素直に喜びました。

有働:オーディションの経過をSHOWROOMというアプリで配信していたので、その時も配信しながら結果を待っていたんですが、ファンの方が喜んでくれるのも感じられるから嬉しかったですね。


▲有働優菜

絹本:私は、“ピンポーン”って鳴って宅急便の人が荷物を持っていた時点で「え? もしかして合格なのかな?」って。驚いたし、嬉しかったです。人生賭けていたのでドキドキしたし、ハラハラして待っていたので。

森:私は宅急便の人が来たものの荷物が見えなかったので「落ちた!」って思ったんですけど、紙袋にドラムスティックが入っていたんです。ただ、実感がなかったというか、合格したら家族や友達と離れ離れになってしまうっていう気持ちもあって…。

── 嬉しい反面、複雑ですよね。

森:複雑でした。受かった瞬間は両親にも泣かれましたし。だんだんと喜びがわきあがってきた感じでした。

── しかも、みなさんは1stシングルの選抜メンバーですものね。一緒に過ごす時間が増えたと思いますが、それぞれの性格は?

森:松本は頼れます。

絹本&有働:しっかりしてます。

森:しっかりし過ぎてるぐらい。その反面、おっちょこちょいですね。ちょっと天然なところもありつつ。

絹本:リハーサルのMCでよく噛んでます(笑)。

森:意外と緊張しぃやし。

絹本:明るく振舞っているんですけど、実はちょっとネガティブなところもあって表には出さないで一人で抱えこんでしまう。そこもいいところかな。

松本:絹本は、ザ・不思議ちゃんっていう感じ。

森:去年のZepp Tokyoでのお披露目では「この人、怖いな」って(笑)。

絹本:みんなそう言うんですよ。ファンの方からも「怖すぎ」、「あれはダメ」みたいに言われて(笑)。

── ははは。そんなに?

絹本:たくさん考え事をしていると顔が無表情になってしまうみたいです。

松本:芯がしっかりしてて我が道を行く人ですね。

森:それでいてまわりを見ていてパッと気が遣える人。

有働:年上ですけど、距離感を作らずに接してくれて一緒にお買い物してくれたり、接しやすいですね。

森:あとメンバーのお尻を触るのが好きですね(笑)。

── 見た目は怖いけどお茶目な面もあるギャップが魅力ですね(笑)。森さんは?

3人:ムードメーカー!

松本:39人中のムードメーカーですよ。


▲森ふた葉

── (!)それ、すごいことですよ。

松本:みんなが疲れてグターッてなっているときも(手を叩きながら)“よし! 頑張ろう!”って盛り上げて、場を和ませてくれるんですよ。

絹本:全体を見てメンバーに寄り添いに行く感じですね。

有働:私が一人でボーッとしているときも「有働!、元気か?」って来てくれるんです。すごく優しいですね。

松本:合宿中、落ち込んでいたこともあったんですが、人にはその顔を見せないで泣いてたくせに“よっしゃあ、行くぞ!”って。

── ザ・コインロッカーズをひっぱれるリーダー気質ですね。有働さんは?

森:実力があるのにさらに高みを目指して練習している努力家ですね。

絹本:<ガールズアワード>(<Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER>5月18日@幕張メッセ)が終わったあとも家で練習していました。

森:ただでさえ巧いのに、さらに上を目指していて尊敬します。

松本:かわいいしね。

絹本:甘えん坊なところもあります。

── 話を聞いていると、選抜メンバー、すでに結束していますね。

松本:ファミリー感がすごいんですよ。

絹本:一緒にいない時間のほうが少ないんですよ。合宿もしたし、MV撮影にも行ったし。

── 合宿というのは第1次選抜メンバーの9人で?

森:39人全員です。チームに分かれて朝から晩までずーっと。

松本:休憩時間はゴハンのときだけですね。

── スパルタ合宿じゃないですか(笑)。

松本:朝ゴハン食べて9時から練習して。

有働:夜の10時ぐらいまで。手首とか痛くなって。

森:湿布貼りまくりですよ(笑)。でも、合宿はホンマにみんなが大きな家族みたいな関係になって、演奏も一体感が出てきたんですよ。

絹本:今までバラバラに弾いていたので、スタッフさんとかから「バンドじゃない」って言われていたんです。

松本:個々のパートでいっぱいいっぱいだったのが合宿を通じて意識が変わりましたね。5バンドに分かれてスタジオで練習したんですが、一緒に過ごす時間が長ければ長いほどバンドって結束力が強まるんだと感じました。

── それにしても女子が39人もいたら、めっちゃ賑やかなのでは?

有働:確かに。ワイワイしてて。

森:39人ホントに仲いいんですよ。

── 楽器初心者の人もいればバンド経験者もいて、国籍が違う人もいるわけでしょ? バンド塾みたいな。

松本:学校だとひとクラス分って感じですよね。

有働:女のコだけだから最初はギスギスするのかな?って思ってたんですけど、全然そんなことなくて。

森:最初は不安だったけど、すぐに仲良くなって。

松本:優しいし、個性豊かで面白いメンバーが集まってるんです。

── ちなみに秋元康さんからアドバイスされたことはありましたか?

有働:私が覚えているのは「無理して合わない靴をはいて走っても大変だけだけど、合う靴を探して走ると一瞬だよ」って。そうアドバイスしていただいたのはすごく印象に残っています。

◆インタビュー(3)へ
■ ちょっとネガティブなのがいまどきっぽい(松本璃奈)

── なるほど。デビューシングル「憂鬱な空が好きなんだ」は、疾走感のあるバンドサウンドと、青空ではなく雲のあるどんよりした空のほうが自分の気持ちにピッタリ重なるという内容の歌詞が印象的ですが、まず曲を聴いたときはどんなふうに感じました?

松本:今の自分たちぐらいの年代が共感できる歌詞なんじゃないかなと思いました。ちょっとネガティブなのがいまどきっぽいというか。私自身も悩みがちで優柔不断なところがあるので出だしの“YESかNOなのか問いかけられても ちょっと待って そんな簡単に答えを出せないよ”っていうところから、「わかる」って思ったし、“どこまでも雲がないなんて嘘っぽい”っていうのも、「人生、楽しいことばかりじゃないよね」って思いました。

森:みんな、悩みを抱えてるよね。明るく“頑張っていこう!”っていう歌詞ではなく、かといって慰めるわけでもなく、気持ちをわかった上で背中を押されるというか。いい歌詞だなと思いました。

有働:私も個人的に晴れが好きじゃないんですよ(笑)。“憂鬱なことあるだろう”っていう歌詞が寄り添ってくれるようで、私たち39人にピッタリなんじゃないかなって。

絹本:ネットでの反応も「共感できる」っていう声が多くて嬉しいなと思いました。初めて聴いたときはイントロのギターの“ジャーン”から「これがザ・コインロッカーズの1枚目だ!”って思えましたし。メロディに中毒性があってすごくポップではあるんですけど、ギターソロはロックなテイストで、そのバランスがこのバンドならではだなって思いました。


▲Single「憂鬱な空が好きなんだ」初回限定盤A

── レコーディングで思い出に残っていることはあります?

松本:私はキーが少し低めなんですが、自分に当てはまる歌詞で好きな曲調だったので入り込みやすくて気持ちよく歌えました。あとはレコーディング中、少し口角を上げて歌うと声のトーンが変わるってアドバイスされました。「そういうふうにしてもうちょっと明るく歌ってみようか」って言われて調整しながら歌うのが難しかったですね。

絹本:私はエレキギターを始めて4ヶ月で、「レコーディング、しっかりやるぞ」ってかなり練習して挑んだんですけど、鳴らさなくていい弦が鳴ってしまったり、すごく苦労しました。でも、その体験があったからこそ「もっと頑張ろう!」っていう気持ちが芽生えましたね。

有働:最初はすんなりいったんですが、途中で「違う音を足してみようか?」って言われてブルースっぽい感じのフレーズを足したので、そこで苦戦もしました。キーボードがけっこう前に出ている曲なので。

── 確かに鍵盤もポイントですものね。森さんは?

森:私はずっと、ヘッドホンをつけてレコーディングするのが夢というか憧れだったので、ドラム叩きながら「カッコいいことさせてもらってるな」って(笑)。自分たちの演奏がCDになることもまだ全然信じられないんですけど、「これからも頑張っていこう」と思わせてくれた体験でした。


▲Single「憂鬱な空が好きなんだ」初回限定盤B

── あと、さっきMVの話が出ましたが、海外で撮影したとか?

4人:ロンドンに行きました!

絹本:初MVがロンドンって(笑)。しかも、その話を聞いたのが出発の3〜4日前だったんです。

── えーっ? かなり弾丸の旅だったんじゃないですか?

森:相当、弾丸でした。合宿に行って帰ってきて、荷物をまた同じキャリーに詰めてロンドンに行くっていう。

絹本:普通、大荷物になるじゃないですか? でも、弾丸だからキャリーも合宿と同じサイズなんですよ(笑)。

── ははは。どんな映像になっているんですか?

松本:着ぐるみを……。

── 着ぐるみ!?

森:頭だけですけど。

絹本:頭にハメて。ちょっとシュールな映像になっています。

森:(松本に)なに、かぶったんでしたっけ?

松本:私、パンダ。

絹本:私はクマです。

森:私は象をかぶりました(笑)。

有働:私はトナカイ(笑)。キーボード弾いてるから頭が下がってきちゃうんですよ。ちょっとしょげてるトナカイ(笑)。

森:象も叩きづらかったですよ。鼻がめっちゃスネアに当たるんです(笑)。

── ロンドンの曇り空の下で、それはシュールそう。

絹本:ロンドンは気候が変わりやすく、雲ひとつない真っ青な空は滅多になかったんです。ほぼ曇り空だったので良いのが撮れたんじゃないかなと思います。

松本:ロンドンならではストリート感だったり、空気感も入っていると思います。

── では、12月23日のZepp Tokyoソールドアウトを目指して150公演にも及ぶ全国ツアー<ザ・コインロッカーズ-SHOWCASE LIVE->への意気込みをお願いします。

松本:いきなり150本という大きなツアーをやらせていただくんですが、Zepp Tokyoソールドアウトに向けて成長できる期間でもあると思うので、しっかり学んで実力をつけていきたいと思っています。

有働:<ガールズアワード>のステージでライブを初披露したものの、ファッションイベントのオープニングアクトとして出演したので、ファンのみなさんを目の前に演奏するのは今回のツアーが初めてです。緊張しつつ楽しみでもあり、いろいろな感情が混ざってるんですが、Zepp Tokyoに立ったときに「すごい成長したね」って褒めていただけるように頑張ります。

森:嬉しいことに日によってはソールドアウトしている会場もあるので、これから観に行こうかなと思っている方もふくめ、ファンのみなさんと一緒に成長できたらなと思います。

絹本:ライブで演奏することで経験値をどんどん上げていきたいですね。辛かったことも楽しかったことも全部踏まえて、Zepp Tokyoに向かっていきたいと思います。

森:で、そのあとは?

絹本:私たち、海外でも知られる日本のガールズバンドプロジェクトになりたいという大きな目標をみんなで掲げているんです。こんなスタイルのグループは世界に一つしかないと思うので、ザ・コインロッカーズの魅力を世界に広めていきたいですね。

取材・文◎山本弘子

  ◆  ◆  ◆

■1st Single「憂鬱な空が好きなんだ」

2019年06月19日発売
ワーナーミュージック・ジャパン

通常盤:CD \1,111(本体)+税 WPCL-13042
01. 憂鬱な空が好きなんだ
02. 歌いたくて歌いたくて
03. 最後の蝉
04. 憂鬱な空が好きなんだ Drum Less トラック
05. 憂鬱な空が好きなんだ Acoustic Guitar Less トラック
06. 憂鬱な空が好きなんだ アカペラ トラック
07. 憂鬱な空が好きなんだ Electric Guitarソロ Less トラック

初回限定盤A:CD+DVD \1,667(本体)+税 WPZL-31605/6
<CD>
01. 憂鬱な空が好きなんだ
02. 歌いたくて歌いたくて
03. 月はどこに行った?
04. 憂鬱な空が好きなんだ Vocal Less トラック
05. 憂鬱な空が好きなんだ Electric Guitar(1) Less トラック
06. 憂鬱な空が好きなんだ Keyboard(1) Less トラック
<DVD>
01. 憂鬱な空が好きなんだ Music Video
02. 月はどこに行った? Music Video
03. Making-of 「憂鬱な空が好きなんだ」 Music Video
04. Making-of 「月はどこに行った?」 Music Video

初回限定盤B:CD+DVD \1,667(本体)+税  WPZL-31607/8
<CD>
01. 憂鬱な空が好きなんだ
02. 歌いたくて歌いたくて
03. 桜なんか嫌いだ
04. 憂鬱な空が好きなんだ Bass Less トラック
05. 憂鬱な空が好きなんだ Electric Guitar(2) Less トラック
06. 憂鬱な空が好きなんだ Keyboard(2) Less トラック
<DVD>
01. 憂鬱な空が好きなんだ Music Video
02. 桜なんか嫌いだ Music Video
03. Making-of 「憂鬱な空が好きなんだ」 Music Video
04. Making-of 「桜なんか嫌いだ」 Music Video

■<ザ・コインロッカーズ SHOWCASE LIVE>

【SHOWCASE LIVE参加方法】
「チケットは無料!!」
ザ・コインロッカーズ1stシングル「憂鬱な空が好きなんだ」通常盤(価格:1,111円+税/品番:WPCL-13042)をforTUNE musicにて予約購入いただいた方に、SHOWCASE LIVEの「LIVE&ハイタッチ参加権」を発行します。
下記対象公演のLIVE&ハイタッチ参加権付1stシングル「憂鬱な空が好きなんだ」通常盤(価格:1,111円+税/品番:WPCL-13042)のご予約は、2019年4月30日(火)12:00からforTUNE musicにて開始致します。
ご予約方法、注意事項をご確認の上お申し込み下さい。

【対象公演】
■2019年5月
5月27日(月)東京・下北沢GARAGE <SOLD OUT>
5月28日(火)東京・下北沢GARAGE <SOLD OUT>
■2019年6月
6月3日(月)東京・下北沢ReG (18:00OPEN / 19:00START予定)
6月4日(火)東京・下北沢ReG (18:00OPEN / 19:00START予定)
6月10日(月)東京・下北沢ReG (18:00OPEN / 19:00START予定)
6月11日(火)東京・下北沢ReG (18:00OPEN / 19:00START予定)
6月16日(日)大阪・心斎橋DROP (14:00OPEN / 15:00START予定)
6月16日(日)大阪・心斎橋DROP (17:30OPEN / 18:30START予定)
6月17日(月)東京・下北沢ReG (18:00OPEN / 19:00START予定)
6月18日(火)東京・下北沢ReG (18:00OPEN / 19:00START予定)
6月23日(日)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
6月23日(日)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
6月24日(月)東京・渋谷GARRET (18:00OPEN / 19:00START予定)
6月25日(火)東京・渋谷GARRET (18:00OPEN / 19:00START予定)
6月30日(日)東京・下北沢CLUB251 (14:00OPEN / 15:00START予定)
6月30日(日)東京・下北沢CLUB251 (17:30OPEN / 18:30START予定)
■2019年7月
7月2日(火)東京・下北沢GARAGE (18:00OPEN / 19:00START予定)
7月3日(水)東京・下北沢GARAGE (18:00OPEN / 19:00START予定)
7月7日(日)東京・渋谷TSUTAYA O-nest (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月7日(日)東京・渋谷TSUTAYA O-nest (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月10日(水)東京・渋谷GARRET (18:00OPEN / 19:00START予定)
7月11日(木)東京・渋谷GARRET (18:00OPEN / 19:00START予定)
7月14日(日)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月14日(日)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月15日(月・祝)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月15日(月・祝)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月15日(月・祝)北海道・札幌COLONY (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月15日(月・祝)北海道・札幌COLONY (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月16日(火)東京・下北沢GARAGE (18:00OPEN / 19:00START予定)
7月20日(土)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月20日(土)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月21日(日)東京・渋谷eggman (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月21日(日)東京・渋谷eggman (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月21日(日)大阪・中津Vi-code (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月21日(日)大阪・中津Vi-code (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月22日(月)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月22日(月)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月22日(月)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月22日(月)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月23日(火)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月23日(火)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月23日(火)愛知・名古屋ell. FITS ALL (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月23日(火)愛知・名古屋ell. FITS ALL (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月24日(水)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月24日(水)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月24日(水)愛知・名古屋ell. FITS ALL (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月24日(水)愛知・名古屋ell. FITS ALL (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月25日(木)愛知・名古屋ell. FITS ALL (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月25日(木)愛知・名古屋ell. FITS ALL (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月27日(土)東京・下北沢CLUB251 (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月27日(土)東京・下北沢CLUB251 (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月27日(土)福岡・福岡DRUM SON (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月27日(土)福岡・福岡DRUM SON (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月28日(日)東京・新宿BLAZE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月28日(日)東京・新宿BLAZE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月28日(日)東京・下北沢ReG (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月28日(日)東京・下北沢ReG (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月29日(月)東京・下北沢ReG (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月29日(月)東京・下北沢ReG (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月29日(月)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月29日(月)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月30日(火)東京・下北沢ReG (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月30日(火)東京・下北沢ReG (17:30OPEN / 18:30START予定)
7月30日(火)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
7月30日(火)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
■2019年8月
8月3日(土)北海道・札幌COLONY (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月3日(土)北海道・札幌COLONY (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月5日(月)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月5日(月)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月5日(月)愛知・名古屋ell. SIZE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月5日(月)愛知・名古屋ell. SIZE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月6日(火)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月6日(火)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月6日(火)愛知・名古屋ell. SIZE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月6日(火)愛知・名古屋ell. SIZE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月7日(水)愛知・名古屋ell. SIZE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月7日(水)愛知・名古屋ell. SIZE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月10日(土)東京・渋谷TSUTAYA O-Nest (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月10日(土)東京・渋谷TSUTAYA O-Nest (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月11日(日)東京・渋谷TSUTAYA O-Nest (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月11日(日)東京・渋谷TSUTAYA O-Nest (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月11日(日)福岡・福岡DRUM SON (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月11日(日)福岡・福岡DRUM SON (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月12日(月祝)福岡・福岡DRUM SON (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月12日(月祝)福岡・福岡DRUM SON (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月14日(水)大阪・心斎橋OSAKA RUIDO (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月14日(水)大阪・心斎橋OSAKA RUIDO (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月15日(木)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月15日(木)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月16日(金)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月16日(金)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月17日(土)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月17日(土)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月18日(日)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月18日(日)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月19日(月)東京・下北沢GARAGE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月19日(月)東京・下北沢GARAGE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月24日(土)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月24日(土)大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月26日(月)東京・下北沢SHELTER (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月26日(月)東京・下北沢SHELTER (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月26日(月)東京・下北沢CLUB251 (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月26日(月)東京・下北沢CLUB251 (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月27日(火)愛知・名古屋ell. FITS ALL (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月27日(火)愛知・名古屋ell. FITS ALL (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月28日(水)愛知・名古屋ell. FITS ALL (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月28日(水)愛知・名古屋ell. FITS ALL (17:30OPEN / 18:30START予定)
8月29日(木)愛知・名古屋ell. FITS ALL (14:00OPEN / 15:00START予定)
8月29日(木)愛知・名古屋ell. FITS ALL (17:30OPEN / 18:30START予定)
■2019年9月
9月1日(日)北海道・札幌COLONY (14:00OPEN / 15:00START予定)
9月1日(日)北海道・札幌COLONY (17:30OPEN / 18:30START予定)
9月16日(月祝)東京・下北沢SHELTER (14:00OPEN / 15:00START予定)
9月16日(月祝)東京・下北沢SHELTER (17:30OPEN / 18:30START予定)
9月23日(月祝)東京・渋谷TSUTAYA O-Crest (14:00OPEN / 15:00START予定)
9月23日(月祝)東京・渋谷TSUTAYA O-Crest (17:30OPEN / 18:30START予定)
・・・and More

※各公演、出演メンバーはオフィシャルホームページに掲載中。
※各会場規定により、各公演別途ドリンク代が当日の入場時にかかりますので予めご了承下さい。
※第3弾スケジュールは後日発表

【対象商品】
ザ・コインロッカーズ 「憂鬱な空が好きなんだ」 通常盤 WPCL-13042 ¥1,111+税

【ご購入に関して】
「ザ・コインロッカーズ 『憂鬱な空が好きなんだ』通常盤 購入申込み専門サイト forTUNE music」にて受付致します。
購入申し込みは、下記よりお願い致します。
https://fortunemusic.jp/tcl_201906_main/

【forTUNE music に関するご質問・お問い合わせ】お問合せ先: https://main.fortunemusic.jp/inquiry/
※ご返答時間は平日の10時~12時と13時~17時まで、土・日・祝日は休業させていただいております。

【ザ・コインロッカーズ SHOWCASE LIVEに関するお問い合わせ】
(株)ワーナーミュージック・ジャパン カスタマー・サービス・センター
お問い合わせ先 https://wmg.jp/inquiry.php
(受付時間 10:00-18:00 土日祝日弊社休業日除く)
※会場へお問い合わせ頂きますとイベント中止の原因にもなりますので絶対にお止め下さい。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。