KANA-BOON

KANA-BOON

KANA-BOON、
新曲「FLYERS」が起用された
スマホゲーム『Kick-Flight』の
アニメPV解禁

KANA-BOONが6月12日にリリースするニューシングル「まっさら」に収録されるカップリング曲で、新作スマートフォン向けゲーム『Kick-Flight』のイメージソングに起用された「FLYERS」のアニメーションPVが公開された。

本PVは、『ユーリ!!! on ICE』『BANANA FISH』など、数々のハイクオリティ作品を世に送り出して来たMAPPAが制作を担当し、監督、コンテ、演出は『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』『ゾンビランドサガ』など多くの人気作品を手掛けてきた境宗久氏が務めた。軽快なロックビートに合わせてスピーディーに流れていく歌詞が心地良い、ハイクオリティなアニメーション作品となっている。

メジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたり、5リリース・5イベントを企画してきたKANA-BOON。その締め括りとなるシーズン5の“リリース”~その2~としてリリースされるのがニューシングル「まっさら」だ。今回のアニメーションPV公開に寄せて、谷口 鮪(Vo&Gu)のコメントも到着している。

【谷口 鮪(Vo&Gu)コメント】

「退屈だったりそれなりだったり、僕らを取り巻く現状にキックして刺激的な世界を飛び回る。
そんな願望と妄想を歌にしました。
ゲームのテーマソングとなって、また新たな出会いが生まれることも嬉しいことですが、自分らしい言葉の組み立て方や造語、これからの作詞のキーとなるものを見つけられたこともとても喜ばしいことでした。

作品のPVを観ましたが、TVアニメのOPかと思うくらいの仕上がりで興奮しました。
制作チームの熱量が映像からも伝わってきます。
ゲームをプレイするのがより楽しみになりました。
皆様も是非、ご覧ください」

Kick-Flight × KANA-BOON
「FLYERS」アニメーションPV

シングル「まっさら」2019年6月12日(水)発売
    • 【初回生産限定盤】(CD+DVD)
    • KSCL-3160~3161/¥2,300+税
    • ※どうでもいいオマケ022封入
    •  
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1. まっさら
    • 2. FLYERS
    • ■DVD収録内容
    • KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン4 ワンマンツアー
    • 『Let's go 55 ONE-MAAN!!』Yokohama Bay Hall公演
    • LIVE映像&ツアードキュメンタリー映像
    • ・2018.12.15 at Yokohama Bay Hall
    • 1. - Introduction -
    • 2. 1.2. step to you
    • 3. タイムアウト
    • 4. ディストラクションビートミュージック
    • 5. クラクション
    • 6. talking
    • 7. 結晶星
    • 8. Fighter
    • 9. 彷徨う日々とファンファーレ
    • 10. 夜の窓辺から
    • 11. ネリネ
    • ・ツアードキュメンタリー映像
    • 【通常盤】(CD)
    • KSCL-3162/¥1,000+税
    • ※どうでもいいオマケ022封入
KANA-BOON
シングル「まっさら」【初回生産限定盤】(CD+DVD)
シングル「まっさら」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」