【レポート】LUNA SEA、30周年記念ラ
イヴ武道館2日目「5人がさらに上を目
指している」

360度の客席からの視界の中、LUNA SEAが5月31日および6月1日の2日間にわたって日本武道館で開催した結成30周年記念スペシャルライヴ<LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days->が幕を閉じた。WOWOWで生中継された最終日の6月1日。30周年のベストセレクション的内容ということもあって“初日とセットリストが数曲入れ替わるぐらいなのか”と勝手に想像していたら、その予想はのっけから覆された。
隅から隅まで客席が埋め尽くされ、期待で高まる会場に初日と同じくLUNA SEAのメモリアル映像が映し出され、美しく神秘的な照明が射し込み、オープニングで鳴らされたのはSUGIZOがトリプルネックギター、INORANがアコースティックギターを奏でる「LOVELESS」であった。アルバム『MOTHER』(1994年発表)の幕開けを飾るこの曲は、ツアーや初の東京ドーム(<LUNATIC TOKYO>)でも1曲目に演奏され、“「LOVELESS」始まり”を期待するSLAVEが多かったことでもおなじみの名曲だ。RYUICHIの表現力を増したヴォーカル、真矢とJの力強いビートも相まって憂いを帯びたこの曲が、今のLUNA SEAのエナジーを注入したヴァージョンとして披露された。
そしてギターを持ち替えたINORANがセンターでギターをかき鳴らす「TONIGHT」に移行すると大合唱。SUGIZOとJが左右のスロープに分かれ、INORANはバックヤードへ。デビュー当時から“5人全員がフロントマン”と形容されていたバンドだが、30年経ってもその在り方が全く変わっていないことが一発でわかる凄いアクトだ。

「武道館!会いたかったぜ! LUNA SEAは30周年を迎えました! この5人と出会って30年、共にステージに立てることがホントに奇跡だと思います。そしてみんながこうしていつも俺たちにパワーを送ってくれることに、すごく熱い想いを感じています。やっぱりLUNA SEAはライヴバンドだから、これからもみんなとキャッチボールをしていきたいと思います」──RYUICHI
音楽に対する熱量をキープしたまま、エモーショナルで色気を増したロックバンドへと進化していったバンドの“REBOOT”後のひとつの象徴ともいえるナンバー「Rouge」が赤く染まる照明の中で鳴らされ、そのダイナミックな演奏に呼応するようにヘドバンするRYUICHIのヴォーカルも迫力を増していく。「END OF SORROW」「TRUE BLUE」と1990年代の大ヒットナンバーが立て続けに披露されたのもメモリアルイヤーならではの選曲だ。

RYUICHIが、『ガンダム』の音楽監督にSUGIZOが就任したことに触れ、「『ガンダム』ってすごく狂おしい世界なんだけど、そんな狂おしさがちょっと前のLUNA SEAの影と重なる気がしてね。音楽を作っていてもすごくワクワクしました」と伝えると拍手喝采。TVアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の第一弾オープニングテーマ「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ 」が武道館を宇宙空間に変えてしまうようなスケールで鳴らされた。ミラーボールの青い光がやがてまばゆい白の光に変わる演出もため息がもれるほどの美しさ。
そして初日に続き、LUNA SEAは再び新旧SLAVEたちが息をのむようなことをやってのけた。ステージ下手、真矢のドラムの横に設置されていたセットに、なんとINORANがギターを置いて移動。力強いフォームでフロアタムやキャノンタムを叩き始め、ファイヤーボールが上がる中、披露されたのは『MOTHER』収録曲「FACE TO FACE」だった。新曲とカオスでコズミックなこの曲を繋げるのも技ありだが、まさか真矢のドラムとINORANのパーカッションのコラボというアプローチでプレイするとは。Jの荒々しくグルーヴィなベースが際立ち、SUGIZOのギターがときにトリッキーに空間を彩っていく。会場からはどよめきに近い歓声が起こった。

続く「ROSIER」のカップリングに収録されていた「RAIN」は原曲とはかなり異なるアプローチ。SUGIZOのヴァイオリンで始まり、“SUGIZOコール”の中、同期を用いて、INORANが座ってアコギを奏で、RYUICHIがその旋律を歌い出すまで「RAIN」だと気づかなかったほどだ。3人の編成で生まれ変わったナンバーもSLAVEたちを驚かせ、30年の時が流れても挑戦し続ける。むしろ、終幕前より柔軟に可能性を探っていくバンドの今を浮き彫りにさせたのが、2日間を通しての中盤のセクションだった。
真矢のドラムソロ、Jのベースソロが場内を釘付けにし、後半は「BLUE TRANSPARENCY」で加速、近年のLUNA SEAのライヴには欠かせない「I for You」へと。RYUICHIが自身の病気も含めて様々なことがあった月日を回想した。

「いろんなことがあった30年間。終幕もあったしね。俺もみんなに心配いっぱいかけちゃいましたけど、こうして5人でスタートを切ったんでね。めくるめく夢をみんなに届けていきたいと思います」──RYUICHI
ハンドクラップの中、最新アルバム『LUV』収録曲「BLACK AND BLUE」が光を集めるような強さと躍動感で放たれ、みんなが手を振る至福の光景が広がる「IN MY DREAM」は大合唱。RYUICHIがバックヤードを走り抜け、ギリギリのタイミングでセンターに戻って歌い出したり、まさに予定調和なしのライヴ。半端ない一体感の中、LUNA SEAの心地いい緊張感と集中力は途切れることなく、「TIME IS DEAD」でいつもなら4人が集結するおなじみの見せ場でINORANが真矢のほうに向き合ったのも印象的だった。

そして本編ラストは「ROSIER」。Jはインターでマイクスタンドを後方にぶん投げ、ダイナミックで華のあるギターで魅了したSUGIZOはフィードバック音を残してステージを去った。
LUNA SEAへのバースディソングが鳴り響いたアンコールでは新曲「悲壮美」が武道館を包み、メンバー紹介へ。初日は結成当時のドーナツ事件(?)で会場を沸かせたが、最終日はINORANは話さず、JもSUGIZOもマイクを通さず生声でシャウト。真矢はドラム台から降りて後方の席の人たちのためにメンバーの様子や発言を通訳して笑わせ、RYUICHIがメンバー分の差し入れとして持ってきたドーナツを2個食べてしまった30年前の罪をみんなのおかげで初日に告白できたこと、30年越しのお詫びでドーナツを5個買って(※1800円だったとのこと)今日メンバーに返したことと伝え、場内を爆笑させた。そして最後にSUGIZOとINORANの掛け合いで紹介されたRYUICHIは、12月にニューアルバムをリリースすること、U2やローリング・ストーンズのプロデュースを手掛けたスティーヴ・リリーホワイトとの共同プロジェクトが進行していることを改めて報告した。

アンコールのラストは金テープが放たれた「WISH」でハッピーエンディング……と思いきや、この日は新たな発表とともに特別な曲が用意されていた。
「12月21日と22日に、今年もさいたまスーパーアリーナでやります! 12月にアルバムをリリースするって言ったもんね。眠れない夜が続くかもしれませんが、みんなで頑張って作りたいと思います。紆余曲折あったけど、30年間、たくさんの想いをもらって、こうやって5人がさらに上を目指しているという価値のある想いをエンジンにして新しい世界に連れて行こうと思います」──RYUICHI

そんな言葉のあとに贈られたのはアルバム『STYLE』収録曲であり、永遠に変わらぬ想いを刻んだ10分を超える「FOREVER & EVER」だった。“REBOOT”後の東京ドームでもラストに贈られ、SLAVEたちと様々な想いを共有したこの曲が再び更新、ピラミッドを形づくる照明とともに届けられた感動の30周年。奇跡の物語がこれからも続いていくことに感謝しかない。

取材・文◎山本弘子
撮影◎田辺佳子/橋本塁
■<LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days->2019年6月01日(土)@東京・日本武道館セットリスト

01. LOVELESS
02. TONIGHT
03. Rouge
04. END OF SORROW
05. TRUE BLUE
06. 宇宙の詩 ~Higher and Higher~
07. FACE TO FACE
08. RAIN
〜Drum Solo (乱序) & Bass Solo〜
09. BLUE TRANSPARENCY
10. I for You
11. BLACK AND BLUE
12. IN MY DREAM
13. TIME IS DEAD
14. ROSIER
encore
en1. 悲壮美
en2. Dejavu
en3. WISH
en4. FOREVER & EVER


■<LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days->2019年5月31日(金)@東京・日本武道館セットリスト

01. Dejavu
02. PRECIOUS…
03. JESUS
04. DESIRE
05. SHINE
06. 宇宙の詩 ~Higher and Higher~
07. gravity
08. Providence (Acoustic Ver.)
09. GENESIS OF MIND ~夢の彼方へ~
〜Drum Solo & Bass Solo〜
10. FATE
11. I for You
12. IN SILENCE
13. STORM
14. ROSIER
15. BELIEVE
encore
en1. 悲壮美
en2. Hold You Down
en3. TONIGHT
en4. WISH


■<LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019>

12月21日(土) さいたまスーパーアリーナ
open15:30 / start17:00
12月22日(日) さいたまスーパーアリーナ
open14:30 / start16:00
▼チケット
一般発売:9月28日(土)~
【オフィシャルファンクラブ先行受付】
受付開始:6月3日(月)~
https://www.lunasea.jp/
■ダブルAサイドシングル「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美」

2019年5月29日(水)発売

▲初回限定盤A


【初回限定盤A (CD)】UPCH-7493 ¥1,389+税
※安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN”イラストジャケット仕様

▲初回限定盤B


【初回限定盤B (CD)】UPCH-7494 ¥1,389+税
※安彦良和“LUNA SEA”イラストジャケット仕様

▲通常盤


【通常盤 (CD)】UPCH-5961 ¥1,389+税

【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤A】D2CJ-6282 ¥7,000+税
CD:安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN”イラストジャケットLPサイズ仕様
DVD:「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」Music Video”機動戦士ガンダム THE ORIGIN“Ver.
Tシャツ:安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN”イラスト絵柄 ※フリーサイズ
https://store.universal-music.co.jp/product/d2cj6282/
【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤B】D2CJ-6283 ¥6,000+税
CD:安彦良和“LUNA SEA”イラストジャケットLPサイズ仕様
Tシャツ:安彦良和“LUNA SEA”イラスト絵柄 ※フリーサイズ
https://store.universal-music.co.jp/product/d2cj6283/

▲UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤A 付属Tシャツ


▲UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤B 付属Tシャツ


※Tシャツサイズ:着丈 72cm / 身幅 52cm / 肩幅 45cm / 袖丈 20cm
※予約期間:4月15日(月)18:00~ ※予定数に達し次第終了

▼CD収録曲 ※全形態共通
1. 宇宙の詩 ~Higher and Higher~ (そらのうた)
2. 悲壮美 (ひそうび)

▼配信情報
LUNA SEA「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」ダウンロード&サブスクリプション配信中
https://umj.lnk.to/S92QZ


■デビュー以降のオリジナルアルバム全8作品をアナログレコード化

2019年5月29日(水)全作品同時リリース
『IMAGE』
UPJH-9064/5 ¥4,630+税
※1992年作品 / 45回転 / 2枚組
『EDEN』
UPJH-9066/7 ¥4,630+税
※1993年作品 / 45回転 / 2枚組
『MOTHER』
UPJH-9068/9 ¥4,630+税
※1994年作品 / 45回転 / 2枚組
『STYLE』
UPJH-9070/1 ¥4,630+税
※1996年作品 / 33回転 / 2枚組
『SHINE』
UPJH-9072/3 ¥4,630+税
※1998年作品 / 33回転 / 2枚組
LUNACY
UPJH-9074/5 ¥4,630+税
※2000年作品 / 33回転 / 2枚組
『A WILL』
UPJH-9076/7 ¥4,630+税
※2013年作品 / 45回転 / 2枚組
『LUV』
UPJH-9078/9 ¥4,630+税
※2017年作品 / 33回転 / 2枚組

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」