5月25日@東京・渋谷マルイ屋上

5月25日@東京・渋谷マルイ屋上

メンズアイドルグループ・未来。
初ライヴイベントで真昼の太陽と
ファンの笑顔に祝福されて大成功!

メンズアイドルグループ・未来が、初のライヴイベントを5月25日(土)に東京・渋谷マルイ屋上で行なった。太陽が輝いている晴天の下、集まったたくさんのファンの拍手に出迎えられたメンバーたちの笑顔が眩しい。

第26代ジュノンボーイ、舞台やドラマで活躍中の俳優・蔵田尚樹。同じく舞台やドラマで活躍中の俳優・古川龍慶。元ジュノンボーイアナザーズの佐藤愛斗。テレビ番組『ガチだん!』に出演して注目を集めた歌手・辻 逸平。芸能活動を始めて2カ月のフレッシュな新人・橋口 巧――5人それぞれがイメージカラーの衣装に身を包み、最初に披露してくれたのは「MIRAI」。星型のタンバリンを振りながら踊る彼らを夢中になって見つめていた観客の間に、和やかな興奮が広がっていくのを感じた。そして、2曲目に届けられたのは、甘酸っぱいメロディーで魅了してくれた「恋バナ」。全員が両手でハートを作ってポーズを決めると、大きな歓声が上がった。

MCタイムで5人はまず自己紹介。初ライヴにたくさんの人が集まったことを全員が大喜びしていた。そして、全員が衣装チェンジをした後、イベントは後半に突入。3曲目に披露された「素敵な思い出はいつも」は、しっとりとしたテイストのメロディーが心地良かった。この日の東京の気温と日差しはひと足早い夏の到来を思わせるものだったが、観客もメンバーも爽やかな一体感を噛みしめたに違いない。

“タオルを使うので準備をお願いします!”と辻が元気いっぱいに呼びかけて、ラストに届けられたのは「お願い!ストロベリー」。観客がタオルを力強く回転させると、メンバーたちがアイコンタクトを交わしながら喜びを分かち合っていた。このイベントのために準備を重ねてきた日々を、ともに歌いながら思い出していたのではないだろうか。

“みなさん、どうでしたか? こんな感じでワチャワチャやってるグループなので、これからも応援をよろしくお願いします!”と古川がメンバーを代表して挨拶。8月4日に行なわれる1stワンマンライヴを含む今後の予定の告知、記念撮影で終演を迎えたと思われたのだが…観客の間から“アンコール! アンコール! アンコール!”という声が沸き起こる。それに応えてステージに戻ってきた5人は、心から嬉しそうな表情を浮かべていた。

そして、予定外のアンコールとして届けられたのは、本日2回目の披露となった「お願い!ストロベリー」。最初に歌った時よりもメンバーたちもリラックスできたのだろう。歌とダンスのキレが増しているのを感じた。パフォーマンスを終えて、“本日は、誠にありがとうございました!”と挨拶をしたメンバーたちを包んだ拍手は特大級。ステージで5人が体感した声援は、今後の彼らを支える最高のエネルギーとなったはずだ。このデビューライヴを皮切りに、無料イベントを含む多くのイベント出演も決定している。詳しくはオフィシャルHPやTwitterでチェックしてほしい。

取材:田中 大

【セットリスト】
1.MIRAI
2.恋バナ
3.素敵な思い出はいつも
4.お願い!ストロベリー
<ENCORE>
お願い!ストロベリー

【ライヴ情報】

5月31日(金) 東京・吉祥寺CLUB SEATA
6月01日(土) 東京・マルイ池袋7F ★
6月05日(水) 東京・マルイ渋谷屋上 ★
6月06日(木) 詳細未定
6月08日(土) 東京・マルイ池袋7F ★
6月12日(水) 東京・マルイ渋谷屋上 ★
6月13日(木) 詳細未定
6月14日(金) 東京・マルイ渋谷屋上 ★
6月19日(水) 詳細未定
6月26日(水) 東京・マルイ渋谷屋上 ★
6月27日(木) 詳細未定
※★印は無料イベント

5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上
5月25日@東京・渋谷マルイ屋上

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」