【インタビュー 後編】SUGIZO & 真矢
[LUNA SEA]、刺激的な未体験サウン
ドを語る「未だ音楽に恋焦がれている
小僧ですから」

LUNA SEAが5月29日、約3年ぶりのシングル「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美」をリリースした。同作はNHK総合テレビで放送中のアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の第1弾および第2弾のオープニングテーマとして制作されたもの。サウンド、プレイ、アレンジのすべてにメンバー個々の強烈な持ち味が発揮され、5人の音が重なる瞬間に大きなうねりを上げる、まさにLUNA SEAそのものを描いたような仕上がりだ。
先ごろ開催された<LUNA SEA The 30th Anniversary SLAVE限定GIG>では、10thオリジナルアルバムが12月にリリースされること、自身初の外部プロデューサーとして世界的に著名なスティーヴ・リリーホワイトを招いて制作されることが明かされた。スティーヴ・リリーホワイトが日本アーティストの作品を手掛けるのは今回が初となる。この未体験の衝撃サウンドをアルバムより一足先に体感できる作品が、アルバムに先駆けてリリースされた「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美」だ。

インタビュー前編では“30周年”をキーワードに5人の覚悟と結束について語ってもらったが、後編のテーマはダブルAサイドシングル「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美」。『ガンダム』、楽曲制作秘話、スティーヴ・リリーホワイトとの共同作業、そして、5月31日および6月1日に日本武道館2DAYSの規模で開催される<LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days->について、じっくりと話を訊いた。

   ◆   ◆   ◆

■LUNA SEAがこの30年間で獲得した
■得意ワザを凝縮したつもり──SUGIZO

──結成30周年の記念日となる5月29日にリリースされたダブルAサイドシングル「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美」は、TVアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の主題歌であり、『ガンダム』へのロマンとLUNA SEAそのものが合体した曲になっていますよね。

真矢:『ガンダム』はSUGIZOがホント真剣に好きだったからね。

SUGIZO:子供の頃からね。

真矢:昔、LUNA SEAのリズムレコーディングのとき、INORANとSUGIZOは『ガンダム』のビデオを観てたもん。こっちは一生懸命、録ってるのにロビーで楽しんでるの(笑)。

SUGIZO:リズム録りのときって主人公は真矢とJだから、上モノ3人は仮ギターとか仮歌なんだよね。そういえば、昔はドラムとベースのレコーディングでも必ず全員スタジオに集まってたよね。

真矢:そうそう、集まってたね。

SUGIZO:だから暇な時間のほうが長いわけ。そこで『ファーストガンダム』と『Zガンダム』を全部見てた。RYUもINORANも俺も好きだったから。
──そんなに思い入れがある『ガンダム』の音楽に携わるなんて、少年SUGIZOにとって夢のような出来事じゃないですか?

SUGIZO:いや、むしろ想像もしてなかったし、夢にすら見たことなかったよ。

真矢:なるほどね。好きすぎて。

SUGIZO:たとえば、『スター・ウォーズ』の映画音楽をやりたいなんて思わないでしょ? 『スター・ウォーズ』に出演したいなんて思わないじゃない? そんな感じですよね。両方とも俺が子供の頃から好きなものの中心だから、仕事で携わるなんて思ったこともなかったよね。

真矢:そういうことだよな。だから、SUGIZOが音楽プロデューサー(『機動戦士ガンダム40周年プロジェクト』の総合音楽プロデューサー)になって、「オープニングテーマをLUNA SEAでやりたい」って言ってくれたときは、すごく嬉しかったよね。SUGIZOは故郷(=LUNA SEA)を本当に大事にしてくれてるんだな、賭けてるんだなと思った。

SUGIZO:今回、オファーがあったときに“男性ヴォーカルだったらRYUICHIでやりたい”と思ったんだよね。だったらLUNA SEAで出来たらいいなって。でも、“もしかしたら反対するメンバーもいるかも”と思ったので、まずメンバーに相談してOKをもらって、その後、制作会社『サンライズ』さんに提案したら、ありがたいことに「プロデューサーなんですから自由にやってください」って快諾していただけたんです。なので、「エンディングテーマは全て女性アーティストで、男性ヴォーカルは全てLUNA SEAでやりたい」っていう話をさせてもらって。

──そういう流れで決まっていったんですね。『機動戦士ガンダム40周年プロジェクト』のテーマ曲の依頼が、SUGIZOくんにきたことが全ての始まり?

SUGIZO:そうなんです。当時のサンライズ代表取締役社長の宮河さんは、今はバンダイナムコエンターテインメントの社長なんですけど、もともとロック好きの方なんです。子供の頃からピンク・フロイドやレッド・ツェッペリンを聴いていて、社会人になって最初に“ガンプラ (『ガンダム』シリーズのプラモデル)”の仕事に携わられて、2000年代になって『ガンダム』のアニメ制作会社であるサンライズ社長に就任したんです。LUNA SEAのことも、以前から好きでいてくれたらしいのです。
──SUGIZOくんにプロデュースを委ねた時点で、気持ちの中でLUNA SEAとしてもお願いできたらなという想いがあったのかもしれないですよね。

SUGIZO:でも、LUNA SEAより『ガンダム』のほうが圧倒的に有名ですからね。今回、嬉しかったのは社長が直々にオファーしてくれたことなんです。通常、タイアップだと間に広告代理店やメーカーが入って、様々なアーティストが候補に上がってコンペしたりするじゃないですか。そういうことが一切ないっていうのは珍しい。縛りがなく音楽とガンダム作品への情熱とピュアな想いだけで声を掛けていただいたことが、本当に光栄でした。

真矢:しがらみとか何もない状態で、本当にやってほしい人に頼んだんじゃない?

SUGIZO:そうだといいね。最初に話をいただいたのが2018年の夏前だったんだけど、LUNA SEAで主題歌というのが少しずつ具現化していく中、いろいろ考えたんですよ。俺自身が『ガンダム』の超ファンだからこそ、どんな気持ちで多くのファンの人達が聴くのかが手に取るようにわかってしまう。故にプレッシャーも超あったんだけど、俺も10歳からの40年来のファンだから「みんなより、ファン歴長いぜ」っていう自負があった(笑)。好き勝手にカッコいいと思うことをやったら、とことん自分らしいことをやったら、絶対にわかってくれるはずだと信じることにした。

──ファンだからこそ迷いがなかった。

SUGIZO:で、『ガンダム』のような強大な相手に変な小細工してもしょうがないから、最もLUNA SEAらしいと思うもの、各メンバーが得意なパターンやニュアンス、世界観を集結させようと思った。メロディも音色にしてもフレーズにしてもコード感にしても。だから特に「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」に関して、俺は新しいことをやったつもりは全くなくて。LUNA SEAがこの30年間で獲得した得意ワザを凝縮したつもりです。
■ドラムのパーツを全部バラバラに録ったり
■また新しいものが生まれている──真矢

──確かに、聴いたとき“The LUNA SEA”だと思いました。アルバム『MOTHER』時代を彷彿とさせるような。

SUGIZO:真矢のドラムもいちばん得意なタムパターンだったり、Jのベースもタイアップ曲なのにガリガリの音で。

──リズムセクションがいつも以上に前に出ていて、力強さが増している印象を受けました。

SUGIZO:そう。ギターはLUNA SEAらしく宇宙的で。
──まさに『ガンダム』に出てくる銀河のようなサウンドですよね。

SUGIZO:で、RYUICHIの歌も“これでもか!”っていうぐらいに自己主張をしている。あと重要なのは、近年のLUNA SEAが得意としているアップテンポの曲であること。「TIME IS DEAD」とか「PRECIOUS…」とかウチらの1990年代当時の速い曲のBPMは190とか200とか、それ以上だったじゃない?

真矢:うん、そうだね。

SUGIZO:「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」はBPM135ぐらいなのね。最新アルバム『LUV』でいうとリード曲の「Hold You Down」ぐらいのテンポ。今の我々はそのぐらいのBPMで十分アップテンポなことができる、ということを象徴する楽曲になったかなと思います。アッパーに聴こえるでしょ?

──はい、BPMを聞いて驚きです。疾走感があるし、もっと速い曲なのかと思ってましたから。

真矢:1990年代のLUNA SEAならスローテンポに入るぐらいのBPMだよね。

──ということは、『MOTHER』時代ではないですね。

SUGIZO:やっぱり今のLUNA SEAなんですよ。そういう意味で言うと、楽曲のフォーマット自体は新しく、その中であえて最も自分達らしい持ち味を出している。新しい感覚とLUNA SEAがずっとやってきたメロディ感、コード感、フレーズ感を融合させた曲だから、新しいようで懐かしいし、懐かしいようで新しい。上モノは宇宙的で、リズム隊は広大な大地を表現している。

──まさにそう感じました。今みたいな会話ってメンバー同士でするんですか?

真矢:話さないですね。

SUGIZO:俺は真矢に「デモを基調にいちばん気持ちいいことをやって」って。INORANやJに対しては、俺は響きから曲を作るから「コード感、ヴォイシング感は壊してほしくないけど、ベーシックな響きを踏襲してくれれば何やってもいい」って。近年は歌のメロディもしっかり作っていくんだけど、RYUには「メロディはどんどん好きに崩してくれ」って伝えてますね。でも、RYUはそう言っても、あえてデモのメロディに言葉をピッタリとハメてくるの。「もっと好きにやれば?」って言っても「いや、この曲は俺が書かないタイプのメロディだから」って言うんだよね。

真矢:その気持ち、すっごくわかる!

SUGIZO:RYU曰く「そのほうが俺も成長するし、バンドとしても新鮮だし。自分でカスタマイズすると自分が作った曲と同じようになってしまうから」って。確かに俺もそうで、例えばJの曲は俺が普段ほとんど使わないパワーコードオンリーだったりするときもあって、自分がしないアレンジだからこそ、マスターしたいと思う。

真矢:自分が好きな雰囲気って決まっちゃってるから、人のエッセンスを入れないといろんな表情が出てこないんだよね。

SUGIZO:それがバンドマジックになるからね。

──お互いに影響しあって、吸収してソロでは成し得ないものが生まれてくるっていうことですよね。
SUGIZO:それと、実はLUNA SEAは今回、30年目にして初めて外部プロデューサーと一緒に仕事をしたんです。そのプロデューサーとはスティーヴ・リリーホワイト(英国の著名プロデューサー/グラミー賞を通算5回受賞)。なので、ミックスに関しては彼の意見が非常に大きい。バンドとしては初めてまな板の鯉になった感覚があった。

真矢:そうそう。スティーヴの意見も大きかったね。今後リリースされるアルバムもスティーヴと一緒に作っていて、曲によってだけど、ドラムのパーツを全部バラバラに録ったりとかね。いろんなことを試せるから、また新しいものが生まれている。

SUGIZO:スティーヴが、U2やピーター・ガブリエルの作品でよくやっていた手法なんだって。「クラッシュ(シンバル)を分けて録りたい。それによりドラムサウンドがよりクリアになって、前に出るんだ」と言っている。

真矢:「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」に関しては、けっこうバラバラで録ったよね。キックとスネアだけとか。

SUGIZO:実験したね。

真矢:ドラムをパーツ毎バラバラにレコーディングして、それを重ねることでドラムセットになるようなアプローチ。音の粒立ちみたいなところと関係してるのかもしれないね。

SUGIZO:それでいて細かい注文をしないところがすごいよね。リズムと歌に魔法をかけてくる。完成したとき、「なんでこんな音になるの!?」って。全部の音が聴こえて粒が立ってて、それでいてカタマリになっている。それは特に「悲壮美」で感じたな。

──ストリングスとバンドサウンドの兼ね合いも含めて?

SUGIZO:そうだね。スティーヴはもともとベーシストだから、ベースがゴリゴリに出てるのも特徴で。嬉しいのは、我々、U2がすごく好きじゃない? スティーヴはU2のアルバム『ヨシュア・トゥリー』の30周年記念盤のミックスの仕事をしながらLUNA SEAも手がけてくれてたんだよね。
■未だに音楽が最も刺激的──SUGIZO
■まだまだ遊べるね──真矢

──すごい! スティーヴ・リリーホワイトはU2の『Boy』『War』のプロデュースや『ヨシュア・トゥリー』のミックス、ウルトラヴォックスのアルバムなど名盤を多く手がけた方ですが、彼に依頼したのはLUNA SEAのルーツに重なるから?

SUGIZO:いや、まさかスティーヴと一緒に仕事をするなんて俺は思っていなかった。キッカケはINORANがソロプロジェクトを通して個人的にスティーヴと知り合いになったことなんですよ。で、スティーヴのほうから「LUNA SEAのプロデュースさせてくれない?」って。

真矢:すごいよね。

SUGIZO:スティーヴが日本人アーティストをプロデュースするのは初めてのこと。彼もタイミングを探っていたのかもしれないよね。スティーヴは「バンド側が確固たるプロデュース能力やヴィジョンを持っていないとつまらない。ただ、全面的に任せられるのはイヤだ」っていう人。バンドの明確な意思があった上でより研磨する立場を欲している。

真矢:だから、すごくこちらの意見を聞いてくれる。

SUGIZO:最初は真矢ともすったもんだしてたけど、2曲目からは真矢がなにを求めているか、スティーヴははっきりわかっていたんじゃないかな。
──やっぱり、すごいプロデューサーなんですね。

SUGIZO:何回もグラミー獲ってる人だからね。人間がデカいというか、「こうじゃなきゃダメ」みたいなことは言わないよね。

真矢:言わないね。強制じゃなくて、「こういうのどう?」ってアイディアを出してくれる。それが採用されなくてもOKだし。

SUGIZO:最終的にはバンド側が気持ちいいことをやってくれっていうスタンス。自分のサジェッションによって演奏が堅くなったり、得意な部分がスポイルされることを彼は望んでいない。今回のシングルからアルバムへと彼との作業は続いていくんだけど、今のところ相性は合っているような気がする。スティーヴが手がけるとRYUの歌も10代の少年が歌っているみたいに返ってくるしね。

──なるほど。「悲壮美」もまた名バラードが生まれたと思いました。歌詞は『ガンダム』好きならいろんなシーンが思い浮かぶと思うし、「悲壮美」はシャアの生い立ちと重ねて聴くこともできるなって。

SUGIZO:今回、RYUは2曲とも『ガンダム』の世界に寄り添った歌詞を書いてくれたんですよ。俺はストーリーに触れたキーワードだけ伝えて、彼は作品をリスペクトした上で書いてくれた。結果、サンライズのスタッフさんにも宮河社長にもすごく喜んでいただけて、本当によかった…。

──最後に、間近に迫った5月31日および6月1日の日本武道館2DAYS<LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days->はどんな内容になるんでしょうか? タイトルから想像すると、30周年の歴史を統括する内容?

SUGIZO:このインタビュー時点ではリハーサルに入っていないから何とも言えないですけど、30年の“BEST OF LUNA SEA”はやるべきだとは思ってます。

──日本武道館という会場にもすごく思い入れがあるのでは? 今年9月から改修工事に入ってしまうので、今の形での最後のライヴですね。

SUGIZO:武道館は完全にウチらのホームですからね。いい方向に変わってくれたらいいよね。

真矢:どう変わっちゃうんだろうね。
──30周年は精力的に動くんですか?

SUGIZO:いや、今年はアルバム制作に集中します。

──ということはしばらくライヴは見られない?

SUGIZO:見られないと思います。でも、すごくいい作品が生まれつつあるから。30周年で10枚目のオリジナルアルバムなんですよ。これまでのLUNA SEAの金字塔が作れる気がする。

──おお。スティーヴ・リリーホワイトは“めんどくさいバンドと関わっちゃったな”と思ってないですかね(笑)。

真矢:はははは!そんなことない(笑)。デモも1曲1曲について感想くれるし。

SUGIZO:「これは素晴らしい!」「これは好きじゃない」とかね。

真矢:そうそう(笑)。本当にオブラートに包まず言ってくれるから楽しいよね。

SUGIZO:今のところ「超エキサイティングだ」って言ってくれてます。こっちも、“もし嫌われて、二度と仕事しないようなことになっても、それはそれ”と思ってやっているから、変な遠慮はしないし。

真矢:そうだね。「こう叩いてほしい」ってリクエストが来ても「それは似合わないからやらない」って言ったら尊重してくれるし。

SUGIZO:LUNA SEAが初めてプロデュースを委ねるならスティーヴ・レベルじゃないと納得できなかったっていうこと。それはとてもLUNA SEAらしいんじゃないかと思います。

──まだまだ刺激的なことがあるんですね。

SUGIZO:未だに音楽が最も刺激的で、未だ音楽に恋焦がれている小僧ですから(笑)。むしろ俺的には今まででいちばん音楽にハマっているかも。どんどんやりたいことが出てきて、どんどんアイディアが生まれてきてる。バンドで表現したいことが湯水のように湧いてきてる時期ですね。

真矢:まだまだ遊べるね。

取材・文◎山本弘子
撮影◎田中和子 (CAPS)


■ダブルAサイドシングル「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美」

2019年5月29日(水)発売

▲初回限定盤A


【初回限定盤A (CD)】UPCH-7493 ¥1,389+税
※安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN”イラストジャケット仕様

▲初回限定盤B


【初回限定盤B (CD)】UPCH-7494 ¥1,389+税
※安彦良和“LUNA SEA”イラストジャケット仕様

▲通常盤


【通常盤 (CD)】UPCH-5961 ¥1,389+税

【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤A】D2CJ-6282 ¥7,000+税
CD:安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN”イラストジャケットLPサイズ仕様
DVD:「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」Music Video”機動戦士ガンダム THE ORIGIN“Ver.
Tシャツ:安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN”イラスト絵柄 ※フリーサイズ
https://store.universal-music.co.jp/product/d2cj6282/
【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤B】D2CJ-6283 ¥6,000+税
CD:安彦良和“LUNA SEA”イラストジャケットLPサイズ仕様
Tシャツ:安彦良和“LUNA SEA”イラスト絵柄 ※フリーサイズ
https://store.universal-music.co.jp/product/d2cj6283/

▲UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤A 付属Tシャツ


▲UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤B 付属Tシャツ


※Tシャツサイズ:着丈 72cm / 身幅 52cm / 肩幅 45cm / 袖丈 20cm
※予約期間:4月15日(月)18:00~ ※予定数に達し次第終了

▼CD収録曲 ※全形態共通
1. 宇宙の詩 ~Higher and Higher~ (そらのうた)
2. 悲壮美 (ひそうび)

【ライヴ会場限定特典】
<LUNA SEA The 30th Anniversary FREE LIVE -DEAR SLAVES-><LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days- 日本武道館2days>会場にて、対象商品をお買い上げの方に先着で“会場限定特典”をプレゼント。
・特典内容:「悲壮美」Music Video収録DVD
・対象商品:5/29発売 ダブルAサイド・ニューシングル「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜/悲壮美」“初回限定盤A” “初回限定盤B” “通常盤” 各1,500円(税込)
※5/29(水)、5/31(金)および6/1(土)、対象商品お買い上げ1枚につき、先着で特典DVDを1枚プレゼントいたします
※特典DVD、商品ともに先着となります。両日とも無くなり次第終了となりますので予めご了承下さい
※CD/DVD販売ブースはグッズ販売時間と同時刻開始を予定しております

▼配信情報
LUNA SEA「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」ダウンロード&サブスクリプション配信中
https://umj.lnk.to/S92QZ

■<LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days->

2019年5月31日(金) 東京・日本武道館
OPEN17:30 / STAR18:30
2019年6月01日(土) 東京・日本武道館
OPEN16:00 / START17:00
▼チケット
全席指定 ¥9,800(税込)
2階後方立見 ¥9,800(税込・整理番号付)
※3歳以上有料 ※座席はステージ横、後方を含みます
一般発売日:2019年4月20日(土)
(問)キョードー東京 0570-550-799


■WOWOW大特集『LUNA SEA結成30周年WOWOWスペシャル』

▼『生中継!LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days-』
6月01日(土)午後5:00~


■ライブ・ビューイング『LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days- LIVE VIEWING』

2019年6月1日(土) 17:00開演
会場:日本全国、台湾、韓国の映画館
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、終映が19:00を過ぎる可能性があるため、ご入場いただけません。予めご了承ください。
※台湾および韓国の情報:https://liveviewing.jp/lunasea2019-eng/
▼チケット
4,000円(全席指定/税込) ※LV限定グッズ付き
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります
【一般発売 (先着)】
5月18日(土)18:00~5月31日(金)10:00
https://eplus.jp/ls30th-lv/
(問)イープラス 0570-07-5050


■デビュー以降のオリジナルアルバム全8作品をアナログレコード化

2019年5月29日(水)全作品同時リリース
『IMAGE』
UPJH-9064/5 ¥4,630+税
※1992年作品 / 45回転 / 2枚組
『EDEN』
UPJH-9066/7 ¥4,630+税
※1993年作品 / 45回転 / 2枚組
『MOTHER』
UPJH-9068/9 ¥4,630+税
※1994年作品 / 45回転 / 2枚組
『STYLE』
UPJH-9070/1 ¥4,630+税
※1996年作品 / 33回転 / 2枚組
『SHINE』
UPJH-9072/3 ¥4,630+税
※1998年作品 / 33回転 / 2枚組
LUNACY
UPJH-9074/5 ¥4,630+税
※2000年作品 / 33回転 / 2枚組
『A WILL』
UPJH-9076/7 ¥4,630+税
※2013年作品 / 45回転 / 2枚組
『LUV』
UPJH-9078/9 ¥4,630+税
※2017年作品 / 33回転 / 2枚組

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。