マジカル・パンチライン

マジカル・パンチライン

マジカル・パンチライン、
グループの現状を象徴する
新曲「今日がまだ蒼くても」MV公開

結成3周年で新メンバー2名を加え、6人体制となった“マジパン”ことマジカル・パンチラインが、5月26日(日)に南青山Future SEVENにてファンイベントを開催! 6月19日に発売となる新体制として初のシングル「今日がまだ蒼くても」のMVが公開され、さらにヴィレッジヴァンガードとのコラボレーション企画『MAGiCAL PUNCHLiNE×Village Vanguard』略して“マジヴァン”企画も発表された。

ファンイベントではシングル「今日がまだ蒼くても」の初回限定盤に収録される映像『ゆうなの那由多?超過酷!一万個ドミノライブツイスター』の超先行プレミアム視聴会を実施。リーダーの沖口優奈が大量のドミノ倒しに苦戦しながらも、着実にドミノを組み立てていくという映像の内容に拍手と笑いで会場が温まり、サプライズで新曲「今日がまだ蒼くても」のMVも公開された。

MVはメンバーカラーのリボンがモチーフとなり、それぞれのメンバーの腕から離れていったリボンを追いかけると、6人が集合。一つになって光り輝く未来に進んでいくという、楽曲の世界観、グループの現状を象徴するような仕上がりだ。メッセージ性とアップテンポなロック調の楽曲にぴったりと合致した作品となっており、早くもマジカル・パンチラインのYouTubeオフィシャルチャンネルでフル視聴がスタートしている。

さらに、新曲「今日がまだ蒼くても」が読売テレビ(日本テレビ系)『ワケあり!レッドゾーン』のエンディングテーマに決定、ヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズ発売、夏のワンマンライブのタイトル、6月30日のAKIBAカルチャーズ劇場での定期公演開催を発表! 沢山の初公開情報に、会場に集まったファンから大きな歓声が響いた。

なお、ヴィレッジヴァンガードとのコラボ企画では、“アニメ+レトロポップ”をテーマとした作品で人気のF*Kaori氏書き下ろしデザインのコラボグッズが販売される他、東京と大阪にて発売記念イベントが開催される。詳細はオフィシャルHPにてチェックしよう!

結成のきっかけとなったリーダーの脱退、デビューしたレーベルとの契約の終了、解散の危機を乗り越え、新メンバーを迎え6人体制となった新生マジカル・パンチライン。しおりが挟まったまま読み進められなかった彼女たちの物語が、新たにストーリーを綴り始めた。

「今日がまだ蒼くても」MV

シングル「今日がまだ蒼くても」2019年6月19日発売
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • MUCD-9133/4/¥1,852+税
    • <収録内容>
    • ■CD
    • 3曲収録予定
    • ※通常盤、初回限定盤共通
    • ■DVD
    • Music Video+罰ゲーム企画映像『ゆうなの那由他一万個ドミノライブツイスター』収録
    • 【通常盤】(CD)
    • MUCD-5354/¥926円+税

『MAGiCAL PUNCHLiNE LIVE SUMMER 2019〜Magi☆Magi☆Rendezvous〜』

7月14日(日) 東京・SHIBUYA STREAM Hall
7月06日(土) 大阪・梅田Zeela
<チケット>
抽選先行:6月1日(土)10:00〜6月6日(木)23:59
一般:6月12日(水)18:00〜

マジカル・パンチライン
シングル「今日がまだ蒼くても」【初回限定盤】(CD+DVD)
シングル「今日がまだ蒼くても」【通常盤】(CD)
マジカル・パンチライン×ヴィレッジヴァンガード“マジヴァン” グッズイメージ画像

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」