【ライブレポート】defspiral、「過
去を振り返るより、10年目に向けて」

defspiralがバンド結成9周年記念公演を、5月24日 TSUTAYA O-WESTにて行った。
毎年恒例となっている周年ワンマン<Dear Freaks>。ゲストアーティストを招いたり2デイズ公演を開催したりと、これまで様々な企画をしてきたdefspiral。今回は、3月中旬より行われていた春のツアー<THE NINTH GATE>ツアーファイナルでもあった。
「9年という過去を振り返るより、10年目に向けて一緒に。」これは 本編ラストにTAKA(Vo)が掲げた言葉だ。どんなに月日が流れようと決して変わることのない思い。defspiralがずっと大切にしているのは、“常に前を向くこと”と“Freaks(ファンの呼称)と一緒に歩むこと”。今日もまたそのことを証明し、この場所に刻み付けるのだった。

圧倒的な存在感。一曲目「SILVER ARROW」の演奏が始まった瞬間、迫力満点の音に息をのむ。一瞬でオーディエンスを惹きつける魅力を持つメンバー。その佇まいを目の前にすると、小難しいことは一切なしで自然と身体が動き出す。「LABYRINTH」「HYSTERIA」など、爽快なロックナンバーが続けざまに披露される中、飛び跳ねたり頭を振ったりと、思い思いに楽しむFreaks。記念すべき9周年ライヴの前半戦は、会場中に膨大なエネルギーが満ち溢れていた。
洗練された技術。登場から一気にヒートアップしていく会場で、勢い任せではなく一曲一曲を丁寧に演奏する様は、さすがの一言。マクロ的に見つつ躍動感も追究されたドラム、胸が弾む小気味良いベースに、胸の奥でこだまする情熱的なギター、ダークな声色から高音域まで変幻自在に響かせるボーカルと、メンバー各々が輝きを放っている。“過去よりも未来”というのが本日のテーマではあることは承知しているが、“今日の輝き”を語らせて貰う上で、少しだけこれまでのことにも触れておきたい。defspiralとして9年、前身バンドであるthe Underneath、TRANSTIC NERVEの活動を含めると、20年以上のキャリアを持ち、その間ずっと苦楽を共にしてきた彼らだからこそ成せる技。長年にわたり培われてきた経験は、明白に打ち出されていた。夢を追い掛け上京し、ずっと一緒に走り続けてきた人達が奏でる音には、鳥肌が立つ程の説得力がある。
多様な楽曲で彩られたライヴ中盤から、再び激しさ増すナンバーで会場を大きく揺らしていく。TAKAと共にMASATO(G)も煽りを入れ、よりアグレッシヴなステージへ。それに応える様に「Arcoromancer」では、力強い拳と大きな声がフロアから返された。そして本編ラストは、疾走感のある曲に乗せて“終わらない”旅、“始まりのファンファーレ”を鳴らす「CARNAVAL」を披露。来年の10周年に向けて走り出そうとしている今とリンクしている歌詞に、“約束された10年目”の景色が自然と浮かんでくる気がした。

「HALO」「GALAXY」など、メッセージ性の強い楽曲を届けた一回目のアンコール。そして、「僕らは、ここから再び産声を上げました。」という言葉から「DIVE INTO THE MIRROR」を贈り、会場を大いに沸かせた2度目のアンコール。メンバー同士の仲睦まじい姿やFreaksに贈る感謝の気持ちと共に、また一つ強い絆を作っていた。そして、「忘れられない夜になりました。最高以上の言葉は見つかりません。」という言葉を残し、メンバーはステージを後にした。
遂に10年目の扉を開いたdefspiral。「瞳はいつでも 明日を映し出す(「DIVE INTO THE MIRROR」歌詞一部抜粋)」という言葉通り、自身の夢を追い続け、夢を与えてくれる頼もしいバンドは、今日もまた明日を目指して新たなスタートを切った。なお、defspiralは、7月から始まるALICE IN MENSWERとのカップリングツアー<Down The Rabbit Hole>や、その間にあるRYO(B)のバースデーライヴなど、今年の夏も楽しみな企画が決まっている。

写真◎上野宏幸
文◎藤代冬馬
セットリスト
01. SILVER ARROW
02. READY OR NOT
03. PULSE
04. MASQUERADE
05. LABYRINTH
06. HYSTERIA
07. STARDUST
08. Babylon
09. 花とリビドー
10. COLD SLEEP
11. PHANTOM
12. Arcoromancer
13. RESISTANCE
14. AURORA
15. VOYAGE
16. IRIS
17. CARNAVAL
encore1
18. PARADISE
19. AQUA
20. HALO
21. GALAXY
encore2
22. DIVE INTO THE MIRROR
23. LOTUS


<defspiral presents 「RYO BIRTHDAY PARTY 2019」>
[日時]2019年7月21日(日)
[会場]YOKOHAMA O-SITE
[開場/開演]18:00 / 18:30
[チケット]前売 ¥3,800- / 当日 未定(チケット完売の際は当日開演後まで未定)
      全自由席
[一般発売日]2019年6月23日(日)10:00〜
[defspiral ch.会員先行受付]
公式ニコニコチャンネル「defspiral channel」
エントリー期間:6月1日(土)12:00 ~ 6月16日(日)18:00

<ALICE IN MENSWEAR COUPLING TOUR 2
019『Down The Rabbit Hole』 with de
fspiral>

[出演]ALICE IN MENSWEAR/defspiral
[スケジュール]
7月7日(日)西川口Hearts 17:00/17:30
7月12日(金)新横浜NEW SIDE BEACH!! 18:00/18:30
7月27日(土)大阪MUSE 17:00/17:30
7月28日(日)名古屋JAMMIN 17:00/17:30
8月4日(日)仙台HOOK 17:00/17:30
8月12日(月・祝)赤羽ReNY alpha 17:00/17:30

[お問合わせ]
西川口/新横浜/赤羽公演  サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822
大阪公演  夢番地大阪 06-6341-3525
名古屋公演  サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
仙台公演  ニュース・プロモーション022-266-7555

[チケット] スタンディング ¥4,860(税込/D別)※3歳以上チケット必要
チケットぴあ ※大阪、仙台
ローソンチケット ※西川口、新横浜、大阪、仙台、東京
イープラス ※全公演
各プレイガイド、公演により先行受付中!

[一般発売日] 5月25日(土)AM10:00~

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」