レキシ かえらの清盛 (木村カエラ)
、かんぱくん (さだまさし)ら総勢7人
の豪華ゲスト迎えた特別公演が大盛況
で幕、沖縄追加公演を発表

今年2月に最新アルバム『ムキシ』を引っさげて横浜アリーナ2DAYS公演含む19都市21公演の全国ツアーを大盛況で成功させたレキシが、“特別公演”と称した豪華ゲストツアー『特別公演~豪華絢爛レキシ歌絵巻~』を開催。5月21日に千秋楽となった岡山市民会館での公演を大盛況で終え、全公演即日完売となった全国7都市9公演にわたるツアーが幕を閉じた。
今回のツアーには、豪華7名のゲスト陣が各公演2名づつ参加し、同じ組み合わせ、同じセットリストは皆無。ライブでは、レキシがゲストに“曲を無茶振り”して歌ってもらう「ムチャブリーズコーナー」のほか、レキシ曲のコラボ歌唱はもちろん、「狩りから稲作へ」では、曲中でレキシネームの封印を解いたゲストが登場してゲストそれぞれの曲をレキシバンドで披露するなど、通常のゲスト公演の枠を超えた、まさに豪華特別公演といった内容となった。
ツアーの初日は5月5日(日)札幌・カナモトホール(札幌市民ホール)、ゲストは、中のよしえの皇子(中納良恵 from EGO- WRAPPIN’ )と盟友シャカッチ(ハナレグミ)が参加。ムチャブリーズコーナーでは、ハナレグミがEGO-WRAPPIN’ 「色彩のブルース」を、中納良恵がハナレグミ「家族の風景」を披露してボーカリストの共演に会場はうっとり包まれた。5月7日(火)は、東京・国際フォーラム ホールAでの東京公演。かんぱくん(さだまさし)と邪馬たいこちゃん(石川さゆり)といった日本を代表するレジェンド2人と共演。さだまさしが「北の国から」、「道化師のソネット」、石川さゆりは「ウイスキーが、お好きでしょ」、「津軽海峡・冬景色」を披露し、その両者の迫力とステージングに圧倒された内容となった。続くは、5月9日(木)、10(金)の2日間にわたるオリックス劇場での大阪公演。初日は初参加となる かえらの清盛(木村カエラ) と札幌に続いて 中のよしえの皇子(中納良恵from EGO-WRAPPIN’ ) の、女性ボーカリスト2名が参戦。終盤の木村カエラ「Butterfly」では、曲中でレキシと中納良恵が新郎新婦役になりきり、愛を誓った後にブーケが宙に舞うという演出で最高潮になり、女性2名の名演に包まれた華やかなショーとなった。続く、大阪2日目は、邪馬たいこちゃん(石川さゆり)とシャカッチ(ハナレグミ)との共演。この日はゲストの共通曲でもある「ウイスキーが、お好きでしょ」を互いに歌い分けて披露するといった豪華デュエットを披露。終盤のハナレグミ「オリビアを聴きながら」から石川さゆり「津軽海峡・冬景色」の流れでは、この日1番の歓声が湧き上がり、大阪2DAYSを締めくくった。
ツアー折り返しとなった5月13日(月)中野サンプラザホールでの東京公演には、かえらの清盛(木村カエラ)と旗本ひろし(秦 基博)との組み合わせ。秦 基博が「3年目の浮気」をレキシとデュエット、木村カエラは「リルラ リルハ」をレキシバンドのアレンジでゆったりと魅了、終盤では秦 基博の「ひまわりの約束」から木村カエラ「Butterfly」でのシンガロングで一体感に包まれたライブとなった。続いて5月15日(水)は、愛知県芸術劇場大ホールで開催された名古屋公演。ゲストは八百よろずや清之介(キヨサク from MONGOL800)と中のよしえの皇子(中納良恵 from EGO-WRAPPIN’ )が参戦。同年代の3者によるこの日のライブは、キヨサクがウクレレで「涙そうそう」、「小さな恋のうた」を披露し沖縄の風を吹き込むと、中納良恵がブルージーに会場をネオンで染める両者の色が濃く出たステージとなった。終盤のEGO-WRAPPIN’ 「くちばしにチェリー」からMONGOL800「あなたに」が畳み込まれると、レキシも交えての大合唱で締めくくられた。
5月17日(金)は東京エレクトロンホール宮城に移っての仙台公演でツアー終盤戦がスタート。ゲストは、かえらの清盛(木村カエラ)と八百よろずや清之介(キヨサク from MONGOL800)。「姫君Shake!」では木村カエラが自身の楽曲「Magic Music」をぶっこむとレキシは「OH PRETTY WOMAN」で応酬。ムチャブリーズコーナーではキヨサクが加山雄三「お嫁においで」、吉田拓郎「結婚しようよ」をアドリブで披露し、最後はレキシに“レイ”をプレゼントする一幕もあり場内を沸かせた。続く5月20日(月)は、九州に移って福岡市民会館での福岡公演、邪馬たいこちゃん(石川さゆり)、旗本ひろし(秦 基博)の九州にゆかりのあるゲストを迎えての共演。石川さゆりによる即興での「祝い目出度」〜「博多手一本」、レキシが石川さゆりに楽曲提供した「くのいちもんめ」を別アレンジも交えながら披露。一方、秦 基博も「年貢 for you」で自身の曲「Girl」、「鱗(うろこ)」を交え、息のあったトークでも会場を盛り上げると、本編終盤では「ひまわりの約束」から石川さゆり「津軽海峡・冬景色」の圧巻の流れに会場は歓声に呑まれた。そして、昨日5/21(火)岡山市民会館での岡山公演は、旗本ひろし(秦 基博)、八百よろずや清之介(キヨサク from MOMNGOL800)をゲストに迎え、ステージ上に男衆3人という千秋楽となった。ムチャブリーズコーナーでは、先陣のキヨサクが即興で小林明子「恋に落ちて-Fall in Love-」、河島英五「酒と泪と男と女」を披露すると、後陣の秦 基博もバンドに德永英明(*「徳」と「英」は旧字体表記)「レイニーブルー」の無茶振りからaiko「カブトムシ」を即興で披露し会場を魅了した。いよいよオーラスのアンコール「きらきら武士」では会場全体の手が左右に揺れるなか大団円を迎え、全9公演の全ステージが幕を閉じた。今回のツアーの模様は、レキシオフィシャルサイトにて近日掲載される予定なので、そちらも是非チェックしてみよう。
また、この千秋楽公演でのアンコールで、9月17日(火)沖縄・ミュージックタウン音市場にて今回の特別公演の追加公演が決定したことをサプライズで発表。追加公演の参加ゲストは、八百よろずや清之介 (キヨサク from MONGOL800)とシャカッチ(ハナレグミ)。チケットは、5月24日(金)18時からのFC先行を経て一般発売は7月27日(土)。詳細はオフィシャルHPまで。
<撮影>
東京国際フォーラム ホールA/中野サンプラザホール:聖徳太郎 (田中聖太郎)
大阪オリックス劇場:渡邉一生
愛知県芸術劇場大ホール:古川喜隆
東京エレクトロンホール宮城:千葉貴文
福岡市民会館:田中紀彦/林穂高
岡山市民会館:菊井博史

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」