「太陽は何度でも」公演〜菅原りこ・
⻑⾕川玲奈・⼭⼝真帆 卒業公演〜

2019年5⽉18⽇に、新潟市のNGT48劇場にて『「太陽は何度でも」公演〜菅原りこ・⻑⾕川玲奈・⼭⼝真帆 卒業公演〜』が⾏われた。

本公演タイトルにもなっている「太陽は何度でも」は、今回の卒業公演の為に新しく作られた楽曲。

メンバー3人は以下のようにコメントしていた。

菅原りこ「この曲は私にとって⼼の⽀え
になってくれる⼀⽣の宝物です」

「皆さん、今⽇は私たちの卒業公演にお越しくださり、本当にありがとうございます。ロビー観覧や DMMで私たちを⾒守ってくださっている⽅、遠くでエールをおくってくださっている⽅も、本当にありがとうございます。まずはじめに私たち NGT48 は新潟の皆様に愛されながら、これまでいろんな活動させていただきました。でも⽣まれ育った⼤好きな新潟に何も恩返しができなくて申し訳ありません。

新潟の皆さんだけでなく、NGT48 を応援し⽀えてくださっているファンの皆様にも感謝の気持でいっぱいです。

「太陽は何度でも」、こんな素敵なタイトルをいただけて本当に嬉しかったですし、幸せです。そして私たちの為に、公演タイトルにもなっている「太陽は何度でも」という素晴らしい曲を作ってくださった秋元さんには感謝しても仕切れないほどの気持でいっぱいです。

この曲は私にとって⼼の⽀えになってくれる⼀⽣の宝物です。そして、こうして出会えた皆さんとの絆の証だと思っています。きっと、この曲を⼝ずさむ度に皆さんと出会ってからの楽しかった思い出や今のこの景⾊を思い出すと思います。

今⽇まで私を⽀えてくださった「チームさくらんぼ」の皆さん、私が謝るといつも叱られてしまうのですが、「ソロコンサートの夢に向かっていつしょに歩んでください」とお願いしておきながら、こんなに早い卒業を決めてしまって本当にごめんなさい。

今⽇でNGT48を卒業しますが、皆さんとこれまで築き上げてきた絆やチームさくらんぼの輪を広げる為に皆さんがしてきてくださった努⼒は絶対に無駄にしないと決めました。これから先、皆さんと会えなくなってしまうさみしさや、どうしようもないくらい不安な気持ちも全部やる気に変えて、1⽇でも早くまた皆さんと笑顔で会えるように全⼒で頑張っていくから待っていてね。皆さん、今⽇は本当にありがとうございました」
菅原りこ

菅原りこ

菅原りこ

菅原りこ

⻑⾕川玲奈「声優として皆様とまたお会
いできる⽇を⽬指して頑張ります」

「私は48グループでの活動で学んだことがあります。それは「挑戦はチャンス」ということです。48グループは⼈数が多くてなかなか前に⾏けるチャンスがありません。スタッフさんは私のようになかなか前に出れないメンバーのために、さまざまな挑戦の場を設けてくださいました。

私は今まで、挑戦出来るものは全て挑戦してきました。やったことの無いことに挑戦することは本当に不安が付き物でした。

それでも絶対に応援してくださる⽅がいると知って、全⼒で取り組んで来ました。挑戦したものが全て上⼿くいった訳ではありません。映画の出演や韓国のオーディション番組に参加させていただき、そこで新しいことを沢⼭学ぶことができ、それがきっかけで応援してくださる⽅もたくさんいらっしゃり、本当に嬉しかったです。

去年の選抜総選挙、⼀昨年から 1年間みなさんと⼀緒に頑張って、SHOWROOMで絶対ランクインするとみなさんに誓い毎⽇頑張った⽇々が本当に私にとっての宝物です。それでも絶対に諦めないと誓い、みなさんと強い想いで総選挙に挑んで77位という素晴らしい順位で無事ランクインすることができました。そして、会場に来てくださったファンのみなさんに駆け寄ってトロフィーを掲げみんなで泣きながら喜んだ時の光景を今でも覚えています。

本当にみなさんの⽀えがすごく⼤きかったです。そして、私は次の夢に向け頑張ると決めました。それは、声優になることです。私は、⼩さい時からアニメを⾒続け本当にアニメが⼤好きです。

まだ、なんの勉強もしていないのに、声優なんておこがましいことだと思います。そして、⼀から鍛えてくれるというとても素敵なプロダクションに出会いました。アニメ好きであること、アイドルとしての活動を評価していただき、そのプロダクションの⽅と⾯談をさせて頂きました。私が所属できるかは、まだ分かりません。ですが、これからはそのプロダクションのご指導を受けながら夢を現実にしたいと思います。

応援してくださるみなさまと、これからも⼀緒にいろんなことに挑戦し喜び合いたいと⼼から思っています。本当に⾃分勝⼿でおこがましい願いではありますが、これからも⻑⾕川玲奈の応援をよろしくお願いします。

アイドルの⻑⾕川玲奈は今⽇でさようならですが、声優の⻑⾕川玲奈としてみなさまとまたお会いできる⽇を⽬指し、全⼒で精⼀杯頑張りたいと思います。今⽇は本当にこの幸せな時間をありがとうございました。また会いましょう!ありがとうございました!」
⻑⾕川玲奈

⻑⾕川玲奈

⻑⾕川玲奈

⻑⾕川玲奈

⼭⼝真帆「夢を皆さんに⾒つけてもらい
ました。ありがとうございます」

「今⽇は 3 ⼈の卒業公演にきていただきありがとうございます。まず最初に伝えたいことは、私のファンになってくれてありがとう。アイドルになっていなかったら、皆さんと出会えなかったし、こんなにたくさんの⽅と、ひとりひとりとの⾊んな思い出を作れるアイドルはすごく素晴らしい職業だなって思います。

でもわたしはすごく恥ずかしがり屋で、⾃分に⾃信がなくて、NGT48に⼊るまでは⼈と話すこともあまり好きではありませんでした。

でもこのグループに⼊って、握⼿会が毎⽉のようにあって、はじめましての⽅と、たくさんの⽅とお話をするにあたって、⼈との関わりや⼈と接することが、すごく楽しいことなんだなって気づかせてもらいました。

私が卒業という選択を選んだとき、皆さんは⼀体どんな顔をしてしまうんだろうってすごく不安でした。「これからも頑張ってね」って⾔ってくださる⽅もいれば何もできなくてごめんねって⾔ってくださっている⽅もいました。でも「なにもできなくてごめんね」は違うと思っていて、私は皆さんに出会えたことがこれから先⻑い⼈⽣においても、全部⾃分の⼈⽣の財産だと思っています。

みなさんが私を⾒つけてくれて、私のファンになってくれて、私はアイドルができて、幸せでした。これから先どうなるかとか、たくさんの⽅にいろんなふうに⾔われるかもしれません。だけど、今まで悲しい姿を⾒せてしまった分、こんどは⾃分の幸せな姿を⾒せて、皆さんに元気を与えられる存在になることが私の夢です。

夢を皆さんに⾒つけてもらいました。ありがとうございます。⾃分のことのように、私のことを考えて下さる⽅がいるなんて、本当にしあわせです。これから先どんな⼈⽣を歩んでも、皆さんのことを思い出してしまうと思います。この思い出が私にとって宝物ですし、ファンの皆さんに出会えて、みんなに愛してもらえて、幸せな 3 年半でした。出会ってくれてありがとうございました。

これから先また皆さんに会えるように、⾃分の⼈⽣を⾃分でしっかりと、強く歩んでいきたいなと思っています。その姿を⾒せて、いろんな⼈に元気を与えられる⼈になれたらなと思っています。みなさんは私の宝物です。出会ってくれてありがとうございました。

卒業してしまったら、みんなと毎⽇にようにあっていたのに会えなくなるのがすごく寂しいなって思うけれど、これから先別々の⼈⽣を歩んでも、それぞれの夢に向かってしっかりと強く、皆さんにもその姿を⾒て頂けるように私たちは頑張っていきたいと思うので、これからもよろしくお願いいたします」
⼭⼝真帆

⼭⼝真帆

⼭⼝真帆

⼭⼝真帆

⼭⼝真帆

⼭⼝真帆

セットリスト

No. 楽曲 メンバー
1 Maxとき315号 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
2 ファーストラビット 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
3 完璧ぐ〜のね 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
4 おしべとめしべと夜の蝶々 菅原、⼭⼝
5 希望について ⻑⾕川
6 ⾍のバラード 菅原
7 ウィンブルドンへ連れて⾏って 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
8 残念少⼥ 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
9 ハート型ウィルス 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
10 キャンディー 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
11 Only today 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
12 ⿊い⽺ 菅原、⻑⾕川、⼭⼝、⼩熊倫実、⾓ゆりあ、⽇下部愛菜、⾼沢朋花、⾼橋七実
アンコール
〜軌跡映像〜
13 この涙を君に捧ぐ 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
〜3 ⼈それぞれに⼿紙〜
14 太陽は何度でも 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
〜村雲颯⾹からの⼿紙〜 渡邉も花束贈呈など⼿伝い
15 桜の花びらたち 菅原、⻑⾕川、⼭⼝
「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演

「太陽は何度でも」公演 (C)AKS

「太陽は何度でも」公演 (C)AKS

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」