スコーピオンズ「2020年にニュー・ア
ルバムを出せるかも」

スコーピオンズは数週間前、メンバーが揃い、久々にスタジオに入ったそうだ。ポジティブな体験をしており、上手くいけば2020年にニュー・アルバムが期待できるかもしれないという。
フロントマンのクラウス・マイネは、『Scorpions Brazil』のインタビューで、2月にツアーを終えて以来、何をしているのかと問われるとこう話した。「数ヶ月におよぶツアーを終えて、みんな、休みを楽しんでいると思う。リフレッシュし、バッテリーをチャージしている。でも、これは長いかな。僕ら、これほど長い休みには慣れていないんだ。(休みを)楽しみにしつつも、今年初めにツアーを終えたとき、またツアーに戻る前にどこかの時点でスタジオに入り、新曲を作れたらいいなって話してたんだ」

「実際、2週間くらい前にスタジオに入ったんだよ。素晴らしかった。楽しい時間を過ごしたよ。アイディアもいっぱいあった。プレッシャーがなく、本当にいいヴァイブだった。新曲作りながら楽しい時間を過ごした。本当にいいものになったんだ。僕ら、長いことスタジオに入っていなかったからね、すごくポジティブな体験だった」

「あのまま続けたかったけど、またすぐにツアーを始めるから…、6月だ。だから、今のところ(スタジオの)時間は限られている。もし“ニュー・アルバムの可能性は?”って問われたら、可能性は数週間前より高まってるよ。でも、すぐにツアーで、今年の終わり、もしくは来年初めまで曲作りは再開できない。ただ、いいフィーリングがあるから、もしかしたら2020年にニュー・アルバムを出せるかもしれない。いいスタートを切ってる」

スコーピオンズの新作は、2015年リリースの『Return To Forever』以来。元モーターヘッドのミッキー・ディー加入後初のアルバムとなる。

スコーピオンズは6月中旬から8月中旬までヨーロッパ・ツアーを開催。秋には南米、ロシア/東欧でツアーを行なう。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」