アーバンギャルド浜崎容子、角松敏生
プロデュースの新作とリマスター盤同
時発売

アーバンギャルドのボーカルでありソロ活動も活発に行なってきた浜崎容子が、7月3日に3rdアルバム『BLIND LOVE』をリリースする。
これまでの作品において、作曲や編曲、レコーディング、ミックスダウンを自ら手がけてきた浜崎だが、シンガーとしてのさらなるステップアップのために、本作にプロデューサーを立てることを望んだという。ボビー・コールドウェル、ボズ・スキャッグスなど、AOR好きでもある彼女は制作にあたり角松敏生にプロデュースを依頼した。『BLIND LOVE』は角松の完全プロデュース作品となり、4曲目「春の去勢不安」の作詞は文筆家/作曲家/ジャズミュージシャンの菊地成孔が担当している。
▲角松敏生
▲菊地成孔

また、同じく7月3日にニューアルバム『Film noir ultime』を同時リリースすることが発表された。こちらは浜崎のデビューアルバム『フィルムノワール』(2010年)をリマスタリングし、新曲3曲を加えた9曲入りのアルバムとなる。『フィルムノワール』はライブ会場とアーバンギャルドのホームページ通販でのみ販売されたが即完売していた。

さらに7月4日東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、アルバムの2枚同時リリース記念ライブ<BLACK OR WHITE>を開催することも決定した。

New Album『BLIND LOVE』
2019年7月3日(水)発売
ユニバーサルミュージック ¥2,500(税抜)
デジタル配信:2019年6月19日(水)配信
ハイレゾ配信:2019年7月3日(水)配信

[収録曲]
01.不眠
作詞・作曲・編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Keyboards / Computer Programming
川上真裕美:Drums
山内 薫:Electric Bass
鈴木英俊:Electric Guitar

02.バイブル
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Electric Guitar Solo & Backing /
Keyboards / Computer Programming

03.新宿三丁目
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Electric Guitar Solo / Keyboards /
Computer Programming

04.春の去勢不安
作詞:菊地成孔 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Keyboards / Computer Programming
山内 薫:Electric Bass
鈴木英俊:Acoustic Guitar Solo & Backing
中川英二郎:Trombone Solo

05.リフレイン
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Electric Guitar Solo & Backing /
Keyboards / Computer Programming
森 俊之:Acoustic Piano

06.これは涙じゃない
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Keyboards / Computer Programming
荒山 諒:Drums
山内 薫:Contrabass
梶原 順:Electric Guitar Solo & Backing
森 俊之:Acoustic Piano / Fender Rhodes
本田雅人:Saxophone Solo

07.THE TOKYO TASTE
作詞:高橋幸宏, CHRIS MOSDELL
作曲:後藤次利, 高橋幸宏 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Vocals / Electric Guitar Solo /
Keyboards / Computer Programming
山内 薫:Electric Bass
鈴木英俊:Electric Guitar
森 俊之:Acoustic Piano Solo / Fender Rhodes
本田雅人:Saxophone Solo


New Album『Film noir ultime』
※デビューアルバム『フィルムノワール』リマスタリング+新曲3曲
2019年7月3日(水)発売
発売販売:FABTONE ¥2,500円(税抜)
デジタル配信:2019年7月3日(水)配信
アナログLP:2019年7月3日(水)発売

[収録曲]
01.樹海の国のアリス
作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

02.暗くなるまで待って
作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

03.印象派
作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

04.ブルークリスマス
作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

05.フィルムノワール
作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

06.思春の森
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

07.FORGIVE ME
作詞・編曲:浜崎容子 / 作曲:浜崎容子・アレクサンドル・ボロディン

08.Maybe Not Love
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

09.東京、午前4時
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

※01~06:2010年4月25日発売『フィルムノワール』収録曲、07〜09:新曲
※新曲「FORGIVE ME」は、サビのメロディにがクラシック(オペラ)の名曲「だったん人の踊り」を使用しています。


<BLACK OR WHITE>

2019年7月4日(木)東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場 18:30 / 開演 19:00
前売¥5,500 / 当日¥6,000(要ドリンク代¥600)

[Official ホームページ先行]
2019年5月10日(金)20:00〜5月15日(水)23:59
https://eplus.jp/yokohamasaki-hp/

[一般発売]
2019年6月1日(土)10:00〜各プレイガイドにて

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」