MIYAVI、5都市をめぐるジャパンツア
ー『THE OTHER SIDE』が開幕 北米ツ
アー日程第一弾も明らかに

5月4日(土)、MIYAVIのジャパンツアー『Japan Tour 2019 "THE OTHER SIDE"』がZepp Nagoyaでスタートした。
Photo credit by Yusuke Okada
MIYAVIは熱気に包まれた場内に登場すると、新曲の「Stars」を披露。会場には、観客の大歓声が響き渡った。続いて、昨年末発売したアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide -』に収録された、KREVA三浦大知との「Rain Dance」をソロでパフォーマンスし、冒頭から大いに沸かせた。MIYAVIの解き放つ音色に合わせ、色鮮やかなレーザー光線が飛び交う。その様子は近未来の背景と重なり、ライブの世界観を進化させていた。
Photo credit by Yusuke Okada
その後、MIYAVIは数曲を披露し、「東京に着くまで眠らない。ニューアルバムが完成しました。いつものように難産でしたが、『SAMURAI SESSIONS』というアルバムを通じて、また改めて、自分の声も含めて120%MIYAVIを詰め込んだ、アルバムを制作しました。何を伝えたいのか、何を歌いたいのか、改めて自分に問いただして、結局、日本語のリリックが多くなりました。みんなにたくさん伝わるといいなと思ってます」と語る。そして、アルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』に収録される新曲「No Sleep Till Tokyo」「Tears On Fire」「The Other Side」を初パフォーマンスし、観客を魅了した。
Photo credit by Yusuke Okada
Photo credit by Yusuke Okada
さらに演奏後、「いつも新しいこと、誰も聴いたことのないサウンドばっかり目指して作品を作ってきたんですけど、今回はみんな喜んでくれるかなと思い、自分も自分の今抱えている事、自分の心の声を作品にしたいと思って作りました」と、完成したばかりのアルバムについての想いを明かす。ライブの最後には、「みんなのために作った」という新曲「Under The Same Sky」を披露。日本語歌詞のこの楽曲によって、会場は一体感に包まれていた。
Photo credit by Yusuke Okada
アンコールでは、最後に「What’ s My Name?」を披露。ライブの定番となっているこの楽曲でさらなる盛り上がりを見せる中、ライブは幕を閉じている。
MIYAVIは、7月24日にアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』をリリース。その後の北米ツアー『NO SLEEP TILL TOKYO』の第一弾日程も発表されている。チケットは、一般・VIPともに現地時間5月8日(水)から受付をスタート。詳細はMIYAVIオフィシャルサイトを確認しよう。
Photo credit by Yusuke Okada

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」