アルバム『J-ロッカー伝説2 [DJ和 in No.1 J-ROCK MIX]』

アルバム『J-ロッカー伝説2 [DJ和 in No.1 J-ROCK MIX]』

ユニコーンからXまで!バンドブーム
世代直撃のノンストップMIX CD第2弾
発売決定!

2011年3月にリリースされたDJ和によるJ-ROCKノンストップMIX CD『J-ロッカー伝説』の第2弾『J-ロッカー伝説2 [DJ和 in No.1 J-ROCK MIX]』が3月26日に発売決定!
前作『J-ロッカー伝説』は、2011年3月のリリース以降噂が口コミで広がり続け、3年がかりで7万枚を突破した人気作。その第2弾としてリリースされる本作は、前作をしのぐバラエティーに富んだ激アゲロックアンセムが満載だ。ユニコーンBUCK-TICKPERSONZ、JUN SKY WALKER(S)、JUDY AND MARYから、ザ・ハイロウズTHE YELLOW MONKEY椎名林檎GLAY、Xなど、今までにない爆走感に青春時代の熱いロック魂が溢れ出す! “ロクな大人になれなくても、ロックな大人になれればいい!" と、30~40代直撃の“働く大人の栄養補給CD"となっている。

アルバム『J-ロッカー伝説2 [DJ和 in
No.1 J-ROCK MIX]』

2014年3月26日発売
AICL2656/¥2,000+税
<収録曲>
01. ユニコーン「働く男」
02. BUCK-TICK「JUST ONE MORE KISS」
03. ZIGGY「DON'T STOP BELIEVING」
04. PERSONZ「7COLORS (Over The Rainbow)」
05. LINDBERG「BELIEVE IN LOVE」
06. アンジー「天井裏から愛を込めて」
07. カステラ「ビデオ買ってよ」
08. JITTERIN' JINN「にちようび」
09. SCANCH「恋のマジックポーション」
10. モダンチョキチョキズ「ジャングル日和」
11. REBECCA「RASPBERRY DREAM(Straight Mix)」
12. プリンセス プリンセス「GET CRAZY!」
13. BAKU「ぞうきん」
14. LÄ-PPISCH「パヤパヤ」
15. GO-BANG'S「あいにきてI・NEED・YOU」
16. 爆風スランプ「リゾ・ラバ -resort lovers-」
17. 佐野元春「SOMEDAY」
18. THE 虎舞竜「ロード」
19. JUN SKY WALKER(S)「すてきな夜空」
20. JUDY AND MARY「Hello! Orange Sunshine」
21. THE YELLOW MONKEY「太陽が燃えている」
22. 椎名林檎「幸福論」
23. 木村カエラ「BEAT」
24. 筋肉少女帯「踊るダメ人間」
25. 奥田民生「マシマロ」
26. THE 真心ブラザーズ「どかーん」
27. ザ・ハイロウズ「胸がドキドキ」
28. SOPHIA「街」
29. SIAM SHADE「曇りのち晴れ」
30. 黒夢「BEAMS」
31. hide with Spread Beaver「ピンクスパイダー」
32. BEAT CRUSADERS「HIT IN THE USA」
33. ガガガSP「卒業」
34. グループ魂「だだだ」
35. FLOW「贈る言葉」
36. GLAY「SOUL LOVE」
37. X「紅」
アルバム『J-ロッカー伝説2 [DJ和 in No.1 J-ROCK MIX]』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着