配信楽曲「元号」

配信楽曲「元号」

GLAY、
新曲「元号」のMVは
昭和から平成までの軌跡を収録

音源配信の開始と合わせて、GLAYの新曲「元号」のMVが公開された。

「元号」はTAKUROが新元号に変わるにあたって書き下ろした最新曲であり、フォーキーなサウンドとTERUのシンプルかつ力強いヴォーカルがその歌詞をダイレクトにリスナーの耳に届ける仕上がりとなっている。

これまで数々の社会に対するメッセージを曲として書いてきたTAKUROだが、今作の歌詞には昭和・平成と生き抜いてきた人々へのリスペクトの意と、これから新元号の時代のもとで中心となっていく世代への激励の意が織り込まれている。まさに、時代の変わり目に対するGLAYからのメッセージと言えるだろう。

公開されたMVには、伝説の20万人ライヴをはじめ、昭和〜平成とGLAYの歩んできた数々の軌跡が、その時々の貴重な彼らの映像を詰め込む形で作り上げられ、GLAYの歴史と歩みが再確認できる。1カ月後の5月25日(土)には、デビューしてから25年を迎えるGLAY。その前にぜひ「元号」のMVを見て、彼らの歩んできた歴史を今一度感じてほしい。

「元号」MV

配信楽曲「元号」発売中
配信楽曲「元号」
GLAY

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。