マイケル・シェンカー「俺が誰かに影
響を与えているとは知らなかった」

神と呼ばれることもあり、多くの人に影響を与えてきたマイケル・シェンカーだが、そんなことが起きているとは気づいていなかったそうだ。
彼はアメリカのラジオ局WMPAのインタビューでこう語った。「UFOで活動し、それからスコーピオンズのアメリカ進出に貢献した後、俺は第2章を始めるときだって決心したんだ。第1章で自分が何をしたか、ギターをプレイするのを楽しんでいたこと以外、全く気に留めてなかった。後になって、いろんな人たちが、俺からすごく影響を受けたって言ってるのを知った」

「俺の目標は楽しむことだけだった。何も追い求めていなかったし、何かと競うこともなかった。当時の俺は、音の組み合わせを進化させたり実験したり、1本の弦をいじくり回す、そんなことばかりしてた。純粋に自己表現できるリード・ギタリストになること、それが俺の情熱だ。それが、俺がしてきたことだ」

シェンカーは8月に、マイケル・シェンカー・フェストの新作『Revelation』を発表予定(トラッキング・リスト等の詳細はこれから)。現在は北米ツアーを開催している。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着