ジューダス・プリースト「最新作で未
完だった強力なアイディアがある」

グレン・ティプトンが新作に向けリフを作り始めていると明かしたロブ・ハルフォードに続き、イアン・ヒルがジューダス・プリーストのニュー・アルバムの制作計画について語った。
ヒルは『Sonic Perspectives』のインタビューで、新作の予定について問われるとこう答えた。「すでに話し合ってるよ。グレンが早くも家で、リフやコード進行をやっつけてるって聞いた(笑)。(ツアーが)終わるころには、アルバム相当の曲が準備できているかもしれない。それに、『Firepower』で起用しなかったアイディアがあるんだ。完成するには至らなかったが、すごく強力なアイディアがある」

ハルフォードは「プリーストのニュー・アルバムはとても近い将来にあるだろう」と話していたが、ヒルの見解はこうだ。「いつになるかって、それはわからない。これから北米ツアーがあるし、オジーとの(ヨーロッパ・)ツアーが2月に振り替えられるはずだ。来年は50周年記念って感じでもある。だから、その後になるかな、多分」

ジューダス・プリーストは、2018年3月に約4年ぶりで新作『Firepower』を発表し、全英5位をマークした。彼らのアルバムが全英トップ10に入るのは『British Steel』(1980年)以来38年ぶりだった。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。